【台湾・高雄】定番・人気スポットを巡る母娘3世代旅<1> 〜フリープラン行程&時間&費用の詳細レポート1日目

2018年10月、台湾の南部の都市、高雄へ行ってきました。

娘と私の母との女3人で過ごした4泊5日間の行程をお話ししますね。

成田から高雄へ行き鼎泰豊の夕食と愛河観光遊覧船に乗った1日目のお話です。

※ 台湾留学中の娘が中央公園駅近くに住んでいるため、宿泊はそちらを利用。移動は中央公園駅が基準となります。

※ 高雄初心者の母が事前にチェックしたところ、高雄リピーター(3回目)の私が行ってみたいところ、高雄滞在中の娘のお勧めのところをとにかく回ろうとしているので、決してこれが効率の良い行程ではないことをご了承ください。

※ 時間は特に記載がない限り、その写真を撮影した時間です。

※ 台湾元→日本円は執筆時のレートで換算しています。

成田発 タイガーエアIT281便にて高雄へ

今回はLCCのタイガーエア台湾で成田国際空港から高雄へ行きます。

11時35分発のIT281便。

航空券はスカイスキャナーで一番安い直行便を比較して購入しました。

ふたり分で合計53,720円。(JCBカード限定プロモーション利用。ふたり分の座席の指定とひとり分の行き15キロ、帰り20キロの預け入れ手荷物を追加)

荷物は私のスーツケース(預け入れ)が8キロ。

(娘に大量のポテトチップスを頼まれた)

LCCはスーツケース自体の重さも気になるところ。

ソフトタイプのスーツケースで行きます。

片開き?なので、狭いスペースでも荷造りしやすくて便利でした!

ペロペロ(薄い)で軽い手提げバッグ(中にショルダーバッグとiPad入り)が2.3キロ。

バリ島オリジナル『sisi(シシ)』の120%グラニーバッグを愛用中♪
ずーっと欲しかったバリ島の『sisi』のバッグ。 グラニーバッグ大好きだからね、買いましたよ~ そして、愛用中♪ 『sisi』バッグって? バリ島がとても気に入り、移住された生島尚美さんが立ち上げたオリジナルバッグブラン...
台湾旅行を初めてするあなたに知っておいてほしいこと 〜持って行くもの、不要なもの
基本的には一般的な海外旅行と同じで良いと思います。 持っていなかったとしても、大抵のものは購入できます。 でも、持っているはずのものをわざわざ台湾で買う必要もなかったりします。 台湾を初めて旅行するあなたに知っておいて...

母のボストンバッグ(手荷物)が3.3キロ、ショルダーバッグが1.1キロ。

全ての荷物に重さが書かれたタグがつきます。

機体はエアバスA320型機。

台湾時間15時過ぎに高雄国際空港に到着です。

兆豐國際商業銀行で日本円を台湾元に両替します。→15:23

3万円が7,965元になりました。

(手続費30元が引かれて、7,935元の受け取り)

この日のレートは0.265500でした。

SIMカードはすでに日本でアマゾンで購入。

飛行機の中で入れ替えたので、着陸してすぐに利用できて便利でした。

高雄捷運(高雄メトロ)で中央公園駅へ

高雄国際空港からは高雄駅や新幹線(台湾高速鉄道)の左營駅まで、高雄捷運(MRT)の赤い線(紅線)で乗り換えなしで行けます。

空港の建物から一旦外に出て地下に行きますが、雨に濡れることはありません。→15:30

私たちの滞在先である娘の家は中央公園駅にあります。

中央公園駅は空港のある高雄國際機場駅から6つめ。

7つめが美しい駅として有名な美麗島駅、8つめが高雄駅です。

中央公園駅はその名の通り、中央公園の中にあると言っても良いでしょう。

出口を出ると真正面にこの景色。→15:59

高雄捷運は台北で使える悠遊カード(ゆうゆうカード・ヨウヨウカー)が使えます。

しかし、高雄では機械でチャージできないので(残高の確認はできる)、窓口でチャージしました。

チャージしたい金額と、カードを窓口に出せばOK。

<台北悠遊カード>

利用しなくなった際にはMRTの駅の窓口で払い戻しが可能。
使用期限などはありませんが、ある程度の期間、利用がなかったときには再チャージをすることで使うことができます。
再訪問の際は、残高確認も兼ねてチャージすればいいわね。

<悠遊カードがあるととても便利>

日本でいうところのSuicaとかPASMOとかの電子マネーと一緒。
これで台北のMRTや市内のバス、一部の台湾鉄道の乗車に利用できるほか、100社を超えるお店で使えちゃう。
日本でも有名なお店もある。

なんと言っても便利なのが、あちこちにあるコンビニ(セブンイレブン、ファミリーマート、ハイライフ、OKなど)でのお支払いに使えるのよー
チャージも駅やコンビニでできちゃう。
台北の人たちはみんな持っているよー

海外ではお金が良く分からない。
どのお札がいくらなのか、どの硬貨がいくらなのか。
ほんのちょっとのお買い物に、レジでお金を広げて悩むことがない。
その分をこの悠遊カードにチャージしておけば、小銭レスで過ごせちゃうくらいよ。
(まぁ、台湾の人は親切なので、手のひらに持ち金を広げて見せるときちんとお金を取ってくれますが)

さらに嬉しいことに、タクシーの運賃もお支払できる!(一部の会社)
円安とは言え、日本に比べたらまだまだタクシーがお安い。
特に暑い夏は歩くのが辛かったりするから、タクシーに乗っちゃうのよねー

電車に乗るときにも運賃を確認するだけでももたもたするのに、お金が分からないでさらにもたつくんだよねー
この悠遊カードがあれば、改札口で”ピッ”だからね、楽々よ。

⇒⇒ 【旅支度】台湾観光局のウェルカムプレゼント 今年は抽選で悠遊カードが当たる 台湾旅行が決まったら応募すべし!(2016年8月)より (現在はプレゼントを行なっていません)

新堀江商圏で買った食べ物と飲み物

中央公園駅周辺は日本の原宿とも言えるスポット。

夕方になると屋台が並び、毎晩若者が集まって賑わっています。

ちょっと小腹が空いたので、娘の家に行く途中の新堀江商圏でこれらを購入。

葱油餅(ねぎ焼き)加蛋(卵追加)

35元(127円)。

金桔檸檬(キンカンとレモンのジュース)

さっぱりと甘くて、とても冷えています。

30元(109円)。

檸檬柳橙(レモンとオレンジのジュース)

POYA 寶雅 高雄新田店前にあるここは必ず試飲をさせてくれて、美味しくて大好きなお店です。

酸っぱくするか聞かれるので、NOと伝え、酸っぱくないものをいただきます。

大サイズ45元(163円)。→16:14

鼎泰豊(ディンタイフォン)高雄店で夕食

少し休憩してから鼎泰豊高雄店へ行きます。

中央公園駅から高雄捷運で巨蛋駅へ。→18:16

漢神巨蛋購物廣場(漢神アリーナデパート)の地下1階にあります。

待ち時間は20分。(平日は電話で予約ができるのですが、この日はすでに予約はいっぱいとのことでした)

鼎泰豊で食べたもの

◆ 小籠包10個 220元(800円)→18:59

◆ きゅうりのピリ辛漬け 75元(272円)

◆ まめもやしのあえもの 90元(327円)

◆ ナスの醤油煮(新商品・季節限定) 110元(400円)

◆ キャベツ炒め 190元(690円)

◆ ピリ辛ゆでワンタン(エビ) 180元(654円)

◆ えびチャーハン(白米) 240元(872円)

◆ トマト・豆腐入り野菜トマトスープ(中) 160元(581円)

いくつかお代わりをして、10%のサービス料を含めて、合計で1,391.5元(5,055円)でした。

漢神巨蛋購物廣場でお茶と鳳梨酥を購入

鼎泰豊の隣にお茶屋さん、伊佐茶序があったので、高山青茶を購入。

30元(109円)。

鼎泰豊に持ち込んで飲めます。(空きカップも処分してくれます)

鼎泰豊の隣のコーナーは台湾のスイーツショップが並んでいるので、その中の呷百二自然洋菓子でお土産用の鳳梨酥を購入。→19:50

1箱6個入り 180元(654円)。

美しい駅、美麗島駅の穹頂広場を見る

紅線に乗って美麗島駅(メイリーダオえき、びれいとう/びれいじまえき)へ行きます。

駅の改札を出たところが「高雄と言えば」の代表的なスポット。→20:52

穹頂広場という円形のホールになっていて、11カ所の出口があります。

愛之船(愛河観光遊覧)

美麗島駅から地上に出て、タクシーで愛河観光遊覧、愛之船の乗り場へ行きます。100元(363円)。

実は日中の愛河は???(水の色が…)という印象なので、橋がライトアップされている夜の方がオススメかと。

国賓大飯店の前に乗り場があります。→21:03

乗船券はひとり150元(545円)。

遊覧船はソーラーで、車同様エンジンの音や振動がないもの。

とても緩やかに川の上を滑って行くという印象です。

乗り場から上流へ行き、折り返して下流の高雄港との境い目へ行き、また折り返す約30分の遊覧。

音楽も聴こえてきます。→21:38

お兄さんが中国語でずっと解説をしていますが、私たちが日本人と気づくとモニターを日本語でセットしてくれました。

家楽福愛河店で買い物

家楽福(カルフール)愛河店まで川に沿って歩いて行きます。

こちらの星巴克(スターバックスコーヒー)で

頼まれていたリュックとモレスキンのダイアリーを購入。→22:10

家楽福はとても広くて、1階から入店し

地下1階で会計します。

お土産品(と言っても台湾で普通に使われるものや調味料がメイン)を購入。

2,000元以上のお支払いになったので、退税手続きを。

購入金額3,138元に対して129元の割り戻しでした。

服務及贈品中心(インフォメーションセンター)でタクシーを呼んでもらい、家に帰りました。

130元(472円)だったので、税金の戻り分がタクシー代になった感じね。→23:25

”【台湾・高雄】定番・人気スポットを巡る母娘3世代旅<1> 〜フリープラン行程&時間&費用の詳細レポート1日目” すずめの感想

やっぱり台湾で食べる鼎泰豊は美味しいですねー!

いつも一番最初の食事を何にするか考えると、鼎泰豊に行ってしまいます。

⇒⇒ 鼎泰豊のお話

台湾の食事としてはかなりお高いのですが、”台湾に来た”感がバッチリと味わえるからいいのよ。

10月と言っても暑い高雄。

愛河のクルージングは川風を受けて、とても良い夕涼みになりました。

水の色が…と思いましたが、臭いは全く感じなかったです。

アップルウォッチの歩数計は16,131歩、10.09kmでした。

>> ほかの高雄のお話はこちら
>> ほかの台湾のお話はこちら
>> ほかの海外旅行のお話はこちら

台湾・高雄に行きたくなったらこちら


航空券とホテルの手配は ⇒⇒ エクスペディア
ツアーを比較検討できる ⇒⇒ DeNAトラベル
安いツアーが見つかるかも? ⇒⇒ 海外旅行はエイチ・アイ・エス
楽天ポイントがたまる ⇒⇒ 楽天トラベル
登録ホテル数が多い ⇒⇒ Booking.com