スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ハワイみやげ】保冷効果抜群で大好評のステンレスボトル『Hydro Flask(ハイドロフラスク)』を追加購入(2018年3月)

夫が仕事でハワイに行って来ました。
今回、忙しくて買い物をすることができなかったそうですが、これだけは買って来てくれました!

ハワイで大人気のステンレスボトル『Hydro Flask(ハイドロフラスク)』。

昨年、業者かのようにたくさん買って来てもらいましたが、それでは足りず。

>> 【ハワイみやげ】ハワイでみんな持ってるステンレスボトル『Hydro Flask(ハイドロフラスク)』を家族みんなで持つ(2017年3月)

最近では渋谷や二子玉川のお洒落なアウトドアグッズやスポーツ用品を扱っているお店でも多く見ることができます。
が、ハワイだとお安い。
見つけたら買って欲しいと頼んでいたのです。

今回購入したHydro Flask(ハイドロフラスク)

家族で1年間使ってみて、16オンスか20オンスのWide MouthでFlex Capが良いと全員の意見が一致。

ペットボトルと同じくらいの容量(16オンスは453.592ml、20オンスは566.99ml)。
出先で飲み物を追加するにも都合が良いです。
それ以上の容量だと、ボトルの重さを含めて1キロくらいになるので、バッグに入れて持ち運ぶにはちょっと重たいよね。

もちろん大きさも500mlのペットボトルに近いサイズ。
20オンス以上だと太くなるので女性の手では持ちにくいです。

Flex Capはしっかりと閉まるので、横に倒してもこぼれません。
昨年Flip Capのボトルにした長男も、みんなの利用状態を見てわざわざFlex Capを買って来て使っているほど!

小さめのトートバッグに入れて大学やバイトへ行っています。

ハイドロフラスク 20oz

私のために買ったのは20オンスの赤。

昨年、娘の購入したものよりも少し朱色っぽい感じがするのは気のせいでしょうか。

私は主に自宅でデスクサイドにおいて飲むために、きちんとフタが閉まることが重要。
太すぎないほうがいいけど、持ちにくいのはイヤ。
ということで、昨年20オンスの白を買って来てもらいました。

(ぶつけて凹んでしまいましたが、問題なく使っていました)

ところが娘が使っていた16オンスの赤ボトルを紛失しまい。
新宿のUFJ銀行のATMで置いたまま忘れてしまったところ、気づいて戻った時には無くなっていました。
もちろん、届いてもおらず…

(盗まれた?)

彼女は小さいバッグを持ち、ハイドロフラスクを手でぶら下げて学校やバイトに行っていたので、他のものでは代用できない。
それにこの保冷効果を知ってしまうと、他のボトルは持てません。

困ってしまったので、私が使っていた白の20オンスを譲り、それを持って台湾へ行きました。
そこで、新しいのを買って来てもらったのです。

色にこだわるか、サイズにこだわるか、で、結局サイズを取り、店頭にあった中から赤に。

20オンスのものはフタがFlip Capだったので、別売りのFlex Capを買ってくれました。

私のために紫色の16オンスも買って来てもらいましたが、やはり大きいほうが良いので、こちらは友人に譲りました。

こちらも惜しいくらい、いい色です♪

ハイドロフラスクは色が綺麗で、豊富なので、色にこだわりたいところですが、売っているところ次第ですね。

ハイドロフラスク 16oz

次男に買って来たのが、16オンスの紺色のもの。

フタはやはりFlex Cap。

彼は高校入学を目前にした昨年の春には、飲み物用のボトルはいらない、他のものを使うと言っていました。
しかし、実際に持って行ってみると、口からこぼれる、保冷効果がいまいち(ハイドロフラスクほど冷えない)、ということで、欲しくなってしまい。
今回、買って来てもらうことになったわけです。

最近とても暑いですが、朝氷を入れたお茶も午後でもキンキンに冷えていて、ご機嫌だそうです!

”【ハワイみやげ】保冷効果抜群で大好評のステンレスボトル『Hydro Flask(ハイドロフラスク)』を追加購入” すずめの感想

ハイドロフラスクの良いところは、洗いやすいところでもあります。
Wide Mouthならボトル内部もフラットでブラシが通しやすいし、口元のパーツもあまり複雑な形をしていません。

Flex Capでは直接ステンレスのボトルの縁に口をつけるのに抵抗があったりもしましたが、ひんやりと冷えているステンレスに口をつけるとより飲み物が冷たく感じたりして(笑)
洗いやすい部分なので、清潔な状態で口をつけられるのも嬉しいところ。
慣れるとこれが一番だと思えます。

>> 【ハワイみやげ】ハワイでみんな持ってるステンレスボトル『Hydro Flask(ハイドロフラスク)』を家族みんなで持つ(2017年3月)

>> ほかの海外旅行のお話はこちら
>> ほかのお土産のお話はこちら
>> ほかのハワイのお話はこちら

ハイドロフラスクはどこで買えるの?

ハワイでは大きなショッピングモールなどで購入できます。

  • アラモアナ・センター内グリーンティーハワイストア(Green Tea Hawaii Store)
  • アラモアナ・センター内タウン&カントリー(T&C Surf)
  • ドン・キホーテ・ホノルル (Don Quijote Honolulu)
  • ホールフーズ・マーケット (Whole Foods Market)
  • バイク・ファクトリー (Bike Factory)
  • アロハ・ゴルフ・センター (Aloha Golf Center)
  • ダウン・トゥ・アース (Down to Earth Organic & Natural)

夫はタウン&カントリーとドン・キホーテで購入したようです。
アラモアナセンター内のグリーンティーハワイストアはキオスク(ワゴンショップのような形態)で、すぐに見つかると言っています。

日本では日本総代理店オンラインショップと、アウトドア用品を扱うお店や雑貨店、セレクトショップなどで購入できます。
また楽天市場やAmazonでは直輸入したものも購入できます。

⇒⇒ HydroFlaskオフィシャルサイト

⇒⇒ 楽天市場でハイドロフラスクを探す
⇒⇒ Amazonでハイドロフラスクを探す

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お土産旅行海外旅行
カテゴリーから次の記事を探してね!
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
この記事をシェアする
このブログ「日々、いと楽し。」をフォローする
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログ