【マカオ】香港・マカオ・台湾14日間の男子ひとり旅-7 3日目その2 〜十月初五日街のお茶屋とマカオグルメ食べ歩きの夜

香港澳門マカオ台灣台湾男子ひとり旅

この前の話

>> 【マカオ】香港・マカオ・台湾14日間の男子ひとり旅-6 3日目その1 〜マカオから陸路で国境越え、中国珠海へ

第3日目その2 〜十月初五日街のお茶屋とマカオグルメ食べ歩きの夜

ホテルでシャトルバスを降りると急にお腹が減ってきました。

脚が痛い。
ホテルは目の前。

しかし、後ろ髪をひかれる思いで昼食(すでに時間は16時)を食べに行きます。
今日は水と朝飲んだお茶以外お腹に入れていないので空腹の極みです。

さて、ホテルから12、3分ほど歩いたところにあるこちらのお店に行きました。

祥記面家です。

手前に調理場があります。

店の奥に入って行きましょう。

こちらはエビの卵をふりかけにして麺にかけたものが有名なのだそう。

実際に頼んでみました。34パタカ。

小さいと聞いていたのでもう一種。
雲呑麺です。34パタカ。

スープが付いてきます。

私の手と比べるとこの大きさ。
2つでもまだ満腹になりません。

麺となんだかわからないソースとふりかけがマッチして美味しい!
なんだか表現できない味なのです。
是非ご自身の口で…

⇒⇒ 祥記面家の口コミを見る|トリップアドバイザー

食べ終わるとなんだかお口直しがしたくなりました。

なんと、帰り道にこのお店があるではないですか!

牛乳プリンを食べます。
32パタカ。

ここのプリンは”ザ・牛乳!”という感じで、1度食べたら忘れられません。

⇒⇒ 義順鮮奶の口コミを見る|トリップアドバイザー

ついでなので十月初五日街へ行き、お茶屋さんに寄ります。

華聯茶葉公司です。
前回も訪ねたこのお店。

今回も安かったので鉄観音を購入。
32パタカ。

ちなみにこのお店、お土産にぴったりなこんなセットもあります。
38パタカ。

お隣もお茶屋さん。

マカオ最古の店、英記茶荘です。

こちらでも鉄観音を購入しました。

⇒⇒ 十月初五日街(Rua Cinco de Outubro)の口コミを見る|トリップアドバイザー
 

帰りがけにマーガレット・カフェ・イ・ナタというお店を見ました。

ここもエッグタルトが有名なお店だそうで、たくさんの人で賑わっていました。

私は”エッグ”ですので…
(マカオに来てエッグタルトを食べましたが、卵が苦手なのであまり好きではありません)

⇒⇒  瑪嘉烈蛋撻店(マーガレット・カフェ・イ・ナタ)の口コミを見る|トリップアドバイザー

ホテルへ帰り1時間ほど脚を休ませて夕食へ。
徒歩で20分程、先程のお茶屋さんのある十月初五街という道の端にあるこちらのお店。

牛記咖喱美食です。

ミシュランガイドにも載っているお店です!

ここでは蟹味噌の麺が有名だそうですが、せっかくお店に「カレー」とあるので、こちらをいただきました。29パタカ。

感想。
とにかく辛い!
スパイシー!

でも箸の止まらない辛さ!
牛乳がほしい!(笑)

辛いものが好きな方でも注意が必要なほどだと思います。
辛いものが苦手な方は遠慮したほうがいいかと…

⇒⇒ 牛記咖喱美食の口コミを見る|トリップアドバイザー

食べ終わり、脚がだいぶ限界(この時点で総歩行距離20km越え)にも関わらず、なぜか
「リスボアとグランド・リスボアをちょっと遠くから撮ったら綺麗じゃないか?」
と思いまた歩きます。

リスボアの前にある地下道から反対側へ。

海沿いの道を歩きます。
木などがあってなかなか全体では見えませんがこんな感じでした。

ちなみに近くで見ると

⇒⇒ ホテル リスボア(Hotel Lisboa Macau)の口コミを見る|トリップアドバイザー

⇒⇒ グランド リスボアホテル(Grand Lisboa)の口コミを見る|トリップアドバイザー

こんな感じ。
そしてホテルに帰りました。

昨日が約14km、今日が24km。
今回初めての場所ではないので(初めての場所は10km前後歩く)、ゆっくりの旅のはずなのに何かがおかしい…

明日は絶対筋肉痛で脚が動かないでしょう。
だって今でさえ重いのに…

ということで明日は休足日にしましょう。

”【マカオ】香港・マカオ・台湾14日間の男子ひとり旅-7 3日目その2 〜十月初五日街のお茶屋とマカオグルメ食べ歩きの夜” 母すずめの補足と感想

この日に行った英記茶荘は、私が初めてマカオに行った時にガイドブックを見て訪ねて行ったお店。

昔から変わらない店内で、計ってもらったお茶を入れてくれた袋がレトロで素敵で、気に入ったお店です。

中国茶好きの息子にもぜひ行くように勧めました。
この通りをぶらぶらと歩いたのですが、お隣もお茶屋さんだとは気づきませんでした!

華聯茶葉公司の小さな缶のお茶は、お土産にもよく、並んでいるだけで幸せな気分になります。

もちろん、お茶としてもきちんとしたもの。

缶のふたを開けると、それぞれのお茶のとても良い香りが漂います。

マカオは、中国とも違う、香港とも違う、東南アジアと違う、ポルトガルだからと言ってヨーロッパとも違う独特な食文化だと思います。

いずれも日本人の口にとても合うもの。
いつもの海外旅行ではマクドナルドで済ませてしまう息子も、チャレンジして満足するものを食べられたようです。


香港澳門マカオ台灣台湾男子ひとり旅

>> ほかのマカオのお話はこちら
>> ほかの海外旅行のお話はこちら

▼▼▼ マカオに行きたくなったらこちら ▼▼▼
⇒⇒ 楽天トラベルでマカオ旅行を探す
⇒⇒ AB-ROADでマカオ旅行を探す
⇒⇒ H.I.Sでマカオパッケージツアーを探す
⇒⇒ DeNAトラベルで海外航空券+ホテルを検索する

今回の手配で利用したサイトはこちら
航空券はエクスペディア
ホテルはBooking.com


ご飯カフェ・スイーツ旅行海外旅行長男のお話し
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
この記事をシェアする
このブログ「日々、いと楽し。」をフォローする
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログ