【長野】佐久市望月宿「井出野屋旅館」犬神家の一族那須ホテルロケの宿に宿泊

すずめの一言
すずめの一言

「おおおっ、ここだ!」と静かにテンションが上がった(笑)映像そのままの玄関。

黒光りする廊下や階段から時代が感じられる!

夕食は蕎麦、馬刺し、鯉、薬用人参など地元の味を味わえます。

犬神家の一族の那須ホテルのロケ地

これまでも多く映画やテレビドラマで私たちを楽しませて?くれた、横溝正史犬神家の一族

湖から2本の足が飛び出しているシーンや、白いゴムマスクのスケキヨの姿が強烈すぎ!
(個人的にはこういうマスク顔が生理的に怖い…、笑ゥせぇるすまんとか、20世紀少年とか)

主人公は金田一耕助なんだけど、若い世代には「じっちゃんの名にかけて」の金田一くんのことだと思われてたりして。
(金田一少年のおじいちゃんが耕助さんなんだけどねー。しかしあの耕助さんに奥さんがいたって考えると、ずいぶんと奇特な女性だったのでは?と思ったりもしてしまうけど、実際の想定では未婚らしい

実は私もその辺の印象ばかりが強くて、実際にはきちんと物語を知らないのよねー。

2018年12月24日にドラマが放送されることになり、金田一耕助が宿泊した那須ホテルのシーンのロケが行われた宿、「井出野屋旅館」に宿泊してきました。

長野県佐久市 望月宿 井出野屋(いでのや)旅館に宿泊

この宿を知ったのは朝日新聞デジタルの記事。

今回の金田一耕助を演じるNEWS加藤シゲアキさんがロケを行ったという内容で。
かつて石坂浩二さん主演の映画でロケでも行ったところだということ。

舞台は戦後の昭和2X年。(実際には昭和24年と推定されている)
その頃の趣を残した旅館がそのまま残っているというのが、すごいじゃないですか!

場所は長野県佐久市。
中山道六十九次の25番目宿場の望月宿にある。

中山道といえば、馬籠宿、妻籠宿。
ちょっと調べてみると、もちろんそこまでの規模ではないだろうし、整ってもいないようですが、その小ささや寂れ感も、それはそれで良さそう。

井出野屋旅館の外観

1976年公開の石坂浩二さんの犬神家の一族の映画の頃から、全く変わっていないその外観。
42年ぶりの今回の加藤シゲアキさん版でも、名前を変えただけでほぼそのまま使用されたとのこと。

昭和元(1926)年に建てられたこの建物はもとは料亭だったそうで。
「ホテル」とは名乗っているけれど、日本風。
そんなところも時代を感じさせるわね。

その風格から「犬神家の一族」(石坂浩二・坂口良子出演)、「君を忘れない」(木村拓哉・水野真紀・反町隆史出演)の映画撮影に使用されています。

間口は決して広くはないけど、デンとした構え。

電話番号が十六番ってすごくない?

さぁ、木枠の両開きのガラス戸を開けてみましょう。

井出野屋旅館の館内

横溝正史ファン、金田一耕助ファン、犬神家の一族ファン、石坂浩二ファン、加藤シゲアキファンが
「おおおっ、ここだ!」
と思わず声を上げてしまうのが、この土間周り。

扉を開けて金田一耕助が入ってくるところです。

正面には90年以上にわたり磨かれた黒光りした廊下と階段。

この階段を金田一耕助が駆け下りて行きます。

階段の右の部屋は今回のドラマではフロント(帳場?)として使われ、田鍋謙一郎さんと平祐奈ちゃんがここにいましたね。

こちらは襖が閉まっていました。

私たちが扉を開けるとご主人がいらっしゃり、車を停めるのに親切に寒い中外へ出て誘導してくださいました。

奥には下駄箱があります。

2階のまっすぐ広い廊下にはかつてロケを行った俳優さんや訪れた著名人の写真やサインや絵画が掲げられています。

一番正面には横溝正史氏や

石坂浩二さん、坂口良子さんのサインが。

ファンにはたまらないでしょう。

3階もあります。

Wifiも利用できますよ。

井出野屋旅館の客室

私たちが泊まらせていただいたのは2階の部屋。二間続きのお部屋です。

石坂浩二さん版で、金田一が宿泊していたシーンのお部屋でしょうか?

部屋はすでにストーブで暖められていて、

奥には布団が敷かれていました。

案内してくださった奥さまに電気毛布に電気を入れておくように言われました。

おばあちゃんの家に泊まりにきたような感じ。

シンプルな電話。

お茶の用意。

お湯の入ったポットもあります。

浴衣と丹前とタオル(大小)と歯ブラシ。

室内に不思議な札が掲げられていました。

これ、玄関脇にある下駄箱の番号じゃないのかな?

井出野屋旅館の食事

お食事は1階のお部屋に用意されています。

お食事処にはたくさんの本が用意されていて読むことができます。

夕食

派手さはないけど、心のこもった地元のものがいただける献立。

霜降りの馬刺し。

信州そば。

鯉の甘煮。

味噌汁も美味しい。

天ぷらには

薬用人参が。

焼き魚。

この日はかぼちゃの煮物を特別に出してくださいました。

おばあちゃんが用意してくれたようなメニュー。

吉野杉のお箸でいただきます。

別途、飲み物を注文できます。

朝食

和朝食です。

ご飯が美味しくて、いーっぱい食べてしまいました!

井出野屋旅館の設備

建物の古さを考えたら、まぁ予想はできるのですが。


その予想よりずっと気分良く使えました。

決して新しいものではないけど、清潔であり、要所要所快適に使えるようにされていて。

例えば共用トイレは流水音が流れるようになっていたり。

手洗いには紙コップが用意されていたり。

浴室は広く、シャワーも2つあり、湯量も湯温も申し分なし。

24時間の循環風呂の湯量はたっぷりで体の芯まで温まりました。

脱衣所もきれい。

お風呂は男女の別はなく、一度に入ります。

浴場脇の1階の洗面台には2台のドライヤーがあります。

お風呂の後にすぐ食事だったので、私は2台使って一気に髪を乾かしたわ。

井出野屋旅館のおすすめポイント

  • 犬神家の一族の那須ホテルのロケが行われた
  • 古き良き旅館の趣を感じられる
  • 佐久地方の名物が食べられる
  • 何もない良さがある

井出野屋旅館をオススメしない人

  • 共同のトイレ、洗面所では嫌な人
  • 古い、不便なことに耐えられない人
  • 他の人に配慮して過ごせない人
  • ただ「ロケ地」だからとミーハーな気持ちで行く人

【長野】佐久市望月宿「井出野屋旅館」犬神家の一族那須ホテルロケの宿に宿泊 感想とレビューまとめ

伺ったこの日もとても寒い日でした。
「こんな寒い時期にこんなところに来なくても…」
「軽井沢のいいところに泊まればいいのに」
と言われました。

しかし、寒い時だから、この井出野屋旅館だからいいのです。

キーンと澄んだ空気。
昔のままのガラス窓から伝わってくる寒さ。
ストーブの暖かさ。
電気毛布の温もり。

宿場巡りの人、金田一ファンのために、老夫婦が体が持つ限りと開いてくださっている宿だからいいのです。

他の宿泊者の迷惑にならないように、夜は静かに過ごす必要があります。
何もすることがない夜を過ごすって、とても贅沢。

学生時代に行ったスキー旅行で泊まった民宿を思い出し、その頃の話で盛り上がったりして。
お茶を飲みながら、夫は手書き、私はデジタルで1日を振り返りました。

帰り際にロケが行われた時のお話を伺いました。

石坂浩二さんの時にはロケを見たりお話ができたそうですが、今回はずっと自室にこもっていたとか。
どんな人が来ているかも分からなかったと、おっしゃっていました。

この日はまだ放送前。
きっとご夫婦はドラマの放送で知ることになったでしょう。

チェックアウト後は望月宿をゆっくりと散策しました。

ちょっとミーハーな理由で決めた旅でしたが、良いお宿に泊まることができました。
こんな旅もいいと思える年齢になったんだな、としみじみ。

ご夫婦にはいつまでもお元気でお宿を営んでいてほしいと思いました。

【長野】佐久市望月宿「井出野屋旅館」の詳細と予約

名称井出野屋旅館
所在地〒384-2202 長野県佐久市望月254
アクセス佐久平駅から車で17分(11km)、上信越自動車道佐久ICより23分(13km)
電話番号0267-53-2016
HPhttp://www.idenoya.server-shared.com/
予約楽天トラベルで予約をする
じゃらんで予約をする     
口コミトリップアドバイザーで口コミを見る
グーグルplus code7987+35 佐久市、長野県
地図
メモ
長野・群馬旅行2018国内旅行旅行ホテル・旅館
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
この記事をシェアする
このブログ「日々、いと楽し。」をフォローする
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログ