【宮城旅行】ジャニーズライブ遠征の弾丸1日旅行 宮城セキスイハイムスーパーアリーナにて『NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO』

20160516sendai33-2

娘が当てたNEWSの仙台公演。
バス両夜行で遠征してきました。

会場到着までのお話はこちら。

http://itotanoshi.com/food/35460/”]

昨年、東京ドーム公演に行ったお話はこちら。

http://ameblo.jp/itotanoshi-suzume/entry-12039314788.html”]

宮城セキスイハイムスーパーアリーナにて

まずはグッズを買う

当然といえば当然だが、東京ドームで買うのとは全く違う。

以前、大雨の中4時間近く並んだのに、次の予定の時間までに購入することができなかった経験がある。

http://itotanoshi.com/diary/26425/”]

それを思ったら、とっても可愛らしい規模で。
気分よくグッズを買った。
これで来月の東京公演では並ばなくても済む。
(私は東京公演を当てましたので、当然行きます)

ライブ中に手持ち無沙汰になるのと、一体感は味わいたいので、どのグループでも必ずペンライトは購入する。
今回のNEWSライブツアーはタイトルのQUARTETTEに合わせて、ト音記号のモチーフ。

20160516sendai22

持って振っている感覚はピストル型のKAT-TUNと変わらなかったが…

20160516sendai21

会場内ではONとOFFが電子制御されるためか、ノーマルのものより200円お高い1800円でした。
色まで制御されるとさらにお高いようだが、このペンライトは白色オンリーです。
(メンバーカラーでつけられるペンラは人気投票をしているようで心が痛かった経験があるので1色推奨派です。ちなみにピストル型は赤色だった)

http://itotanoshi.com/diary/34947/”]

何もないところ

何もない、と聞いていたが、本当に何もないところだった。
山の上だ。
あるのは大きな施設と、広い駐車場と、青々とした空。
そして強い日差し(笑)

飲み物の自動販売機は十分にある。
東京ドームのように持ち込の制限もない。
(ただ、座席にドリンクホルダーもない)

食べ物は施設の受付におにぎりが売られている。
だけなのかな?
手で握ったものらしく、美味しいと書かれていたが。

私はシャトルバスに乗る前にお茶とおにぎりを買っておいた。
娘たちはいったん山を下りて、歩いて最寄りと思われるイオンへ行った。
下りでも30分はかかったらしい。

時間を持て余してしまう。
私たちは日陰のベンチを確保できたので、交代でトイレに行き、周りの可愛いお姉さんたちのファッションを見て楽しんでいた。

施設の裏側の芝生で寝ているお嬢さんがたくさんいて、ご多分に漏れずうちの娘たちもそこで寝ていた。
きれいな芝の部分は完璧にひなた。
シートと日傘があれば、快適だっただろう。

トイレ問題

ジャニーズコンサートで一番困るのがトイレだ…

東京ドームでは男子トイレまで女子トイレになるが、それでも長蛇の列だ。
初めて行くとあまりの長さにビビる。
通路内に本当にとぐろを巻いているかのようなんだ。
先が見えているのに、実は階段を2階分並んでいるなんて言うのは、ざらだ。

これまでの経験では1時間前に並んで、30分かかって用を済ませることができる感じ。
アリーナ席では基本的に15分前に着席となっているので、ギリギリになってしまったことがある。

ここは宮城県総合運動公園総合体育館ということで、他にも隣接して施設があり、そこのトイレを使う。
会場内は混雑するからと、こちらを勧められる。

私は中庭にある、見かけは簡易トイレだが、きちんと洋式水洗できれいな(使う人たちの気持ち次第だ)”中庭洋式トイレ”を利用した。
それでも開演2時間前で20分くらい並んだかなー。

dEVmQlWMeZP76oh1463392514_1463392584

娘たちは開演1時間半前にこの中庭洋式トイレを目指していったが、施設の中でこちらの列に並ばせてもらえず、4個のトイレに並んだ。
これが最悪で、1時間かかった。

その間に私とお友だちは会場に入り、友だちに至っては会場内のトイレに入っても娘たちよりも先に席に着くことができた。

会場の外では開場時間になっても、座ったままだったり、おしゃべりしていたり、記念写真を撮っている人が多くいて、なかなか皆さん入場しなくて。
早く入るようにアナウンスがされているくらいだった。

荷物検査もなく、チケットをちぎってもらうだけで、すーっと通り過ぎた感のある入場だった。
早々に入場して会場内のトイレに行く方がベストだったかもしれない。

コンサートを満喫

20160516sendai18

ここまでですでに長い1日になっていて、ふっと「2時間半の公演にこんなに時間をかけてやってきて、いったい私ったら何やってるんだろ…」と思った。
(↑ 一瞬、ほんの一瞬だけ、理性が勝った)

そんな私はバチ当たり野郎だった!
えぇ、皆さんごめんなさい。

東京ドームの5万5千人の一体感、熱気、迫力も素晴らしいものがある。
しかし、このアリーナのこじんまり感を体感したら、もう病みつきになるのもわかった。

特にこの仙台公演は収容人数が少ない。
娘に言わせれば「大学の体育館と同じ」。
私も区の体育館で娘のバドミントンの試合を見ている感覚だった(スタンド席が多いくらい)。

スタンド席の割と上の方の席だった。
でも、そこはアリーナだ。
スタンドの細い通路をトロッコで通る。

このコンサートの前日、地元で小山キャスター(キャスターモードだった)に至近距離でお会いしたのだが、そんな興奮は薄まるくらいメンバーを間近に見ることができて、理性なんてものは吹っ飛んでしまった。
(夫にはその姿だけは見たくないといわれた。確かにすごい形相だったと思う…)

極端に言うと、東京ドームではお人形さんを見ているようで、アリーナではナマの人間を見た感じだ。
東京ドームのアリーナ席だったこともあるけど、それでも通路が広めになっているので遠いんだ。

キラキラしていて、そのキラキラから粉が振りまかれ、私にかかり、魔法にかけられ落ちていくんだ♡
(えぇ、落ちました。もう、放っておいてください…)

コンサートとして楽しんだのは確かだけど、「ここまで見に来られたんだ…」という思いがものすごく強まった。

最後の曲ではここまで来させてくれた私の諸関係者の皆さまに対する感謝の気持ちも高まり、感極まり泣いていた。
(まぁ、ファンならわかる最後の曲に対する思いも混ざっております)

そして、あまりの興奮に終演後に娘と抱き合い「これからもっと精進しよう!」と互いに誓ったのだった。
(来年も来れますように…と)

20160516sendai38-2

終演後、シャトルバスで仙台へ向かう

空調などあるのかないのか、そんなことどうでもよくなるくらい熱気ムンムンだった会場を出ると。
汗だくになった体にこれでもかと夜風が吹き付けてくる。

そう、ここは山の上だ。
涼しいだろうと見積もってきたが、汗が引いていくのも手伝って、とても寒く感じるくらいだった。
寒暖の差が激しいことは頭に入れておかなくちゃいけない。

私は例のニッセンのカーディガンを持っていたけど、真夏のような服装の娘に「絶対に汚さないでね」と強く念を押して、貸してあげた。
(自分の白のブラウスにチゲをこぼしていたので、念押しは大事だった)

http://itotanoshi.com/shopping/34689/”]

最近とても重宝しているカシミヤストールで、なんとかしのいだ。
心強いぜ、カシミヤ100%!

http://itotanoshi.com/shopping/33904/”]

終演後、私たちはトイレに行った。
例の”中庭洋式トイレ”はガラガラで、電気が消えている個室もあった。

娘たちは興奮したままグッズを買いに行った。
娘はアンコールで手越くんが着ていたからとTシャツを買い、娘の友だちはうちわの写真がカッコいいからと増田くんのうちわを買った。
(彼女はすでにファンサ用の手作りうちわを2つ持って来ていたが)

20160516sendai42

ライブ満喫しました♪
誰も見ないけど、気合い入れて良かった(笑)

http://itotanoshi.com/beauty/35420/”]

ご飯を食べて東京に帰ります~

続きはこちら。

]

会場到着までのお話はこちら。

]

>> ほかの国内旅行のお話はこちら
>> ほかのジャニーズのお話はこちら

高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL
高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL

去年のNEWSのライブDVD

HMV検索


検索する


国内旅行旅行ジャニーズ宮城旅行2016
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
この記事をシェアする
このブログ「日々、いと楽し。」をフォローする
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログ