DHCのザ ラインショット 良心的価格でシワに速攻アプローチ&根本ケア

皆さんのお肌の悩みはなんでしょうか?

シミ、シワ、たるみ…
年を経るごとに悩みは増え、さらに深くなっていくものです。

えぇ、わたくしもそうです。
若い頃真っ黒に焼けまくっていたために、シミはひどいです。
肉付きの良い輪郭なので、重力がかかってしっかりとたるんでいます。

しかし、シワはさほど気にしていませんでした。
母も60代くらいまではほぼシワがなく、つやつやの顔をしていたし、私も肉付きのおかげかパーン!と張った皮膚だったので、「シワとは無縁だなー」「しわケアしなくていいから楽勝!」って思っていた。

が、ここ数年、出現してきた。

これ。

ガーーーン。
年々深く、長くなってきている。
そして、そろそろさらに枝分かれするか、子分ができるか、というくらい成長してきている…

しわケアしましょう。
DHCのザ ラインショットを使ってみますー。

DHC ザ ラインショット

ここ数年、私のシワが深くなると同時に、しわケア界が変わった気がしています。
これまでは保湿して皮膚を柔らかくしてシワにならないようにするケアがメインだったと思うのですが、今あるシワを目立たなくさせるというものが注目されていますね。

今あるシワに対して即効性があり、さらにシワができないスキンケアをするというもの。
メーカー各社開発して、販売されています。

効果が見られないお手入れは続かない私には、とても有り難いお品♪

ただ、効果がすぐに見られても、その後リピートしにくいと続かない。
その点も重要よね。

DHCのザ ラインショットはリピートしやすい良心的な価格。
お値段は3,000円(税別)。
1万円前後のお品もあるこの手のアイテムの中では、嘘のようなお値段。

3,000円はDHCオンラインショップで送料が無料になるんです。
だから再注文しようと思ったときに、それだけ注文してもいいって思えるよね。

2,000円台のお品を注文しようとすると、もういいや、次は使わなくて、って思ったりする。
(実はそれでも安いんだけど)その辺を気にしちゃうわけ。

じゃあ、リピートしたくなるお品なのか?
これまでおまじないのようにいつか効果が表れるであろう目元ケアやしわケア製品と違って、まずは塗ってみて!と申し上げたい。

DHCのザ ラインショットはシワに速攻&根本アプローチ

DHCサイトでは”シワ”とは言わずに”年齢サイン”と言っています。
まぁ、上手に表現されますねぇ(笑)

年齢サインが気になるのは、おでこ、眉間、目元、口元(ほうれい線)。
まずはすぐにアプローチする2種類のペプチドを配合。
”クイックアクション”と謳っているほどの自信の配合。

これからシワができにくいハリのある若々しいお肌を作る成分もしっかりと配合。
植物由来成分のニガハッカエキスやヒアルロン酸やエラスチンのもととなるプレヒアルロン酸とプレエラスチン。

DHCさんの多くのスキンケアアイテムの開発を振り返って見ると、これもかなり力を入れて開発されているものだと思われる(と、上から目線w)。

DHCのザ ラインショットを見てみよう

ちょっと高級感漂う色のチューブ。

ロゴは金色。

チューブの先端は細め。

適量である米粒大が出しやすそうな大きさです。

米粒大を出してみましょう。

真っ白で、香りがないクリームです。

DHCのザ ラインショットを使ってみよう

伸びは良いですが、伸ばそうとするとすこしねっとりと肌に吸い付く感じがあります。

気になるところになじませます。
シワを伸ばすようにする方がいいわね。

私のおでこのシワなら、溝が深くならないようにしたい。
周辺に広がらないようにしたい。

まず、スムースフィット処方と名付けられている、速攻ケア。
すっとお肌にしみこんでいくというより、そこにとどまっている感じがします。

”塗ってある感”があるというか。

この”塗ってある感”が速攻ケア。
刻まれているシワにすぐに届き、お肌を張らせてくれるんですねー。

だから”塗ってある感”が感じられるわけ。
決して嫌な感じじゃないよ。
お肌に気合いが入った感じ(笑)

だからと言って皮膚の奥まで浸透していないわけではない。
きちんと根本ケア成分は働いているので、スポット的にシワに塗ったらその周辺までよく伸ばしておきましょう。

DHCのザ ラインショットを1か月間使ってみた

まず、手軽に使えるところがいいです。
いつものスキンケアの最後に加えます。

いつものスキンケアって人それぞれだと思うの。
これの後、これの前、って言われても、「じゃあオールインワンを使っていたらいつよ?」ってこともあるじゃない?

スキンケアの最後、メイクをするならその前の、お肌をお手入れした仕上げに、しわケアです。

いつものスキンケアアイテムを変えても、気にせずに使えるのがいいですね。

さて、1か月間使ってみました。
おでこのシワがなくなった!とまでは言えません…
さすがにこの親分のシワは手ごわいです。

しかし、周辺の枝分かれや子分の表れそうなところが、気にならなくなり始めてきましたー。

特に乾燥する季節に突入してきていて、いつも通りのスキンケアをしていて、こう感じるのはかなりいい傾向かと。
(ちょっとお肌のハリ感が突っ張っているように感じがちなので、保湿はしっかりとしています)

手に取って、まずはおでこのシワにこってりと塗り、まだ残っている指をほうれい線に数回沿わせて、最後に目じりに指を送っていくのが、私の塗り方のルートです。

あと、もったいないのですが、DHCのザ ラインショットだからできるのが、首のシワ!

おでこは前髪で隠れているのですが、首元の開いたシャツやニットを着がちなので意外と見られていると思うの。

お風呂上がりに首元までケアした後に、DHCのザ ラインショットを塗ります。

”DHCのザ ラインショット 良心的価格でシワに速攻アプローチ&根本ケア” すずめの感想

おでこのしわが目立ってきたので、しわケアはチェックしていました。

ポーラのリンクルショットや資生堂リンクルクリームを試してみようかと思うけど、ケアしないといけないのはシワだけではなく。
あれも、これも、とお肌悩みに合わせてアイテムをそろえていたら、かなり負担になるよね。
すでに使っているアイテムは変えたくないしね。

そこで、DHCのザ ラインショット登場!

ポーラのリンクルショットや資生堂リンクルクリームからこちらに変えたという口コミ多数。
わかるよ、やっぱり続けられないお値段設定はしんどい。
手軽にネットで購入できるのも大きなポイント。

結局、自分にとって長く続けられるかどうか?が重要なんじゃないかな。

まだそれほどシワは気になっていない、という方でも部分ケアとして使えるお品でしょう。

朝のお手入れの後に使えば速攻しわケア、夜のお手入れの後に使えば根本しわケア。
そんな気持ちを込めて使用しています。

(DHCさまよりご提供いただきました)

>> ほかのDHCのお話はこちら

▼▼▼ 購入はこちらから ▼▼▼
⇒⇒ DHCザ ラインショット

スキンケア美容と健康DHC
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
この記事をシェアする
このブログ「日々、いと楽し。」をフォローする
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログ