阪急交通社のバスツアー『信州湯ったり 湯田中温泉郷2日間』に行ってきたよ~

06yudanaka20

朝晩の冷え込みが厳しくなってきて、温かい温泉にゆっくりつかりたい気分。

またまたバスツアーに行ってきました!
今回は阪急交通社さんの『信州湯ったり 湯田中温泉郷2日間』です。

⇒⇒ [阪急交通社]登録無料★旅行メールマガジン「阪急たびマガ」読者大募集!

スポンサーリンク

のんびり温泉を楽しむ旅程

いつもはあれもこれも見に行こう!というツアーに申し込むのですが、
今回は温泉目的。
タイトル通り「ゆったり」としたプランです。

旅程は簡単。

<1日目>
7:00~8:00 都内各所を出発。
午後 信州いきいき館(休憩・きのこ汁試飲)
13:00頃 湯田中温泉郷着
<2日目>
12:30頃 湯田中温泉郷発
午前 小布施(自由散策)
20:00~21:00 都内各所に到着

これだけ。
ホントにこれだけ。
湯田中温泉では3つのホテルの温泉に入浴できるというのがウリかな…

信州いきいき館は近所にあったら嬉しい直売所

信州中野市にある『信州いきいき館』。
関越自動車道が渋滞していて、到着が13:00頃となり
ちょっとお腹が空いていたので試飲のきのこの味噌汁が美味しかったよ。

06yudanaka1

こちら、農産物の直売所でしたね。
よくあるお土産が売っているドライブインだったら、スルーしようと思っていたけれど、
あれもこれも買いたくなってしまう、魅力的なお値段☆
今、野菜が高いからねぇ
大きな白菜が1玉150円だよ!
たくさん買って家に送れば良かったと、すごーく後悔しているわ。

りんごもいっぱい。

06yudanaka2

中野と言えばきのこ!
なので、きのこいっぱい。

06yudanaka4

なんてったって、こちらもお安い。
きのこ大好きな私は、これをお買い上げ♪

それといつも出掛けると味噌を買うようにしているので、中野の味噌を購入。

06yudanaka3

湯田中温泉『星川館』に到着

少し遅れて『星川館』に到着すると、ホテルの方からお話があって、
その後、お部屋に昼食を運んできてくれる。

06yudanaka5

⇒⇒ 地獄谷野猿公苑近く、湯田中温泉『星川館』公式サイト

それからはフリー。
1,000円で善光寺に連れていってくれるオプションがあって、何人かの方は行かれました。
湯田中から1時間くらいらしいんだけど、電車で行くと1時間に1本しかなくて、運賃が片道1,100円。
それを考えると、とてもお得よね。

私たちはすでに行ったことがあるので、付近を散策することにしました。

小林一茶ゆかりの地、湯田中の街と一茶の小道を散策する

⇒⇒ 信州湯田中温泉観光協会公式サイト

街を歩き、一茶の小道に行ってみた。
紅葉もキレイ。

06yudanaka22

江戸のままの道。
この道を一茶さんも歩いたんだ~

06yudanaka7

一茶さんが座っています。

06yudanaka8

街はちょっぴり昭和ちっく。
正直言って寂れ感があるけれど、それがまた良いアジを出しているように思う。

06yudanaka23

ここまでの行程で出会った人は10人もいない。
日曜日の昼過ぎなのに。
のどか過ぎる。

駅前には日比谷線で使われていた車両が到着。
大きなファンファーレ風の威勢の良い音楽でお出迎え。

06yudanaka9

小田急ロマンスカーの車両は特急電車。

06yudanaka17

撮り鉄の夫さんは、電車が止まっているとフェンスに張りついて写真を撮りまくり!
特になじみのある日比谷線や東急線や小田急ロマンスカーが現役で走っているんだから、
鉄道好きには萌えどころなんだろうな。

モダンな旧駅舎が残されています。

06yudanaka11

今は展示室と休憩所になっていますね。
ジャージ姿の女子高生が4人で座って、ワイワイとおしゃべりしていました。
マックとかないからね、ここが集いの場なんだろうな。

そして、隣接して温泉!
湯田中温泉は開湯1350年。
街の至る所に源泉が出ているところがあるのよ~
で、無料の足湯があります。

06yudanaka10

私、足湯があることを知っていながら、タイツを履いてきてしまったんだよね~
困った、さすがに駅前で思いっきり脱ぐわけにはいかないし…
と、思っていたらトイレがありました!
それもとてもきれいなトイレ。
そこで脱いで、お湯につかって、また履いて帰りましたよ。

足湯って幸せ度高いんだよね。
のんびり、おしゃべりしながら、っていうのがステキ!

スポンサーリンク

『星川館』はアットホームな感じのホテル

06yudanaka6

ハッキリ言えばこちらのホテルもちょっぴり昭和を感じさせる。

06yudanaka21

ユニットバスに並べられたリキッド、ヘアトニック、ミルクローション。
なんて、懐かしいんだ!
(今どき、誰が使うんだろ)
でも、色がきれいだから許す♪
(別に私の許可なんて関係ないけれど)

地元のお父さんやお母さん、と言う感じの従業員さんで。
でもね、とても温かいんだよね。
ヘンにマニュアル化されていないって言うかね、心からのおもてなしって感じで。
こちらも構えることなく、自然体でいられるのね。
そんな雰囲気もあって、お風呂やエレベーターで他のお客さんとも挨拶を交わしたり。

1日目の昼食と夜食、2日目の昼食はお部屋でいただきました。
かなりリーズナブルなツアーなので、ごく普通のお食事ですが、
主婦にとっては上げ膳、据え膳が最高のごちそうだよね~

06yudanaka12

お風呂は露天風呂と大浴場。
私は1日目の夜に露天風呂に、2日目の朝に大浴場に入りました!
露天風呂での半身浴はとっても気持ち良いよね。

大浴場にはお試しの軽石が置いてあって、脱衣所にはかかとクリームが置いてあった!
面白かったなぁ

旅のメインになった『地獄谷野猿公苑』

知らされていた旅程にはなかったのですが、
行ってみたら2日目の朝に地獄谷野猿公苑に行けるというので、申し込みました。
入苑料込みで1,000円。
バンで送迎してくれます。
私たちと、あと女性1人の3人の参加です。
「猿に会えるかわからない」と言われていましたが…
窓口の手前から猿が走り回っているではないか!

温泉の周りに行くと…

06yudanaka15

いる、いる!!!
ラッキーだ~

06yudanaka14

こんなに近くで撮影していても、我関せず。

なんとも、お湯の中で泳ぐ子猿が可愛すぎる。

見ていて飽きないよね。
必死になって見ていたら、コートの裾が泥だらけになっていたよ…
(小雨が降ったり止んだりだった)

お兄さんがさりげなく餌を温泉の中に投げ入れてくれます。
日光の猿のように凶暴ではなくて、穏やかに過ごしていますよ。

06yudanaka16

ちゃんと交代して毛繕いしているのが面白い。

お猿さんたちの生活にお邪魔させていただいた感じです。

今が旬! 栗の里、小布施に行く

はい、「芋、栗、なんきん」の栗です♪
大好きですね~

と言うわけでチェックアウト後、小布施に立ち寄り。
すぐさま、「焼き栗」の行列に並んだよ!
結局20分くらい並んだんだけど、これは大事。
だって、旬の今しか食べられないんだもん。
9月から11月中旬くらいまで、なくなったら終了なんだって。
うれしーっ!

もちろん、小布施産の栗。
切れ目を入れて、釜に入れる。
焼きあがったら蒸気を抜いて出来上がり♪

06yudanaka18

切れ目があるから、パックリと割れてとても食べやすい。

06yudanaka19

焼いただけでもこんなに甘くなるんだ~
うまうま♡

あとは、お土産に栗おこわ(新栗です!)を買って、時間終了。
これで小布施は満足!

帰路につきます。
途中渋滞しましたが、運転手さんの機転でバンバン走ってくださって、
予定よりも1時間早く池袋に到着です。

思ったよりも盛りだくさんになって、楽しかったです♪

⇒⇒ 信州湯田中温泉観光協会公式サイト
⇒⇒ 地獄谷野猿公苑近く、湯田中温泉『星川館』公式サイト


大きな地図で見る

▼▼▼ 申し込みはこちらから ▼▼▼
★格安国内&海外旅行★なら阪急交通社へお任せください!
▼▼▼ メルマガ登録はこちらから ▼▼▼
[阪急交通社]登録無料★旅行メールマガジン「阪急たびマガ」読者大募集!

スポンサーリンク
阪急交通社のバスツアー『信州湯ったり 湯田中温泉郷2日間』に行ってきたよ~
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね