荷物用はかり『ラゲル』は買い物好きさんやLCCの旅に必携! 実際に使ってみたレビュー

飛行機に乗る時に結構気になるのが荷物の重さ。
カウンターで「よいしょ」と荷物を預けると、そこがはかりになっていて、
こっそりカウンターに重さが表示されちゃっているわけ。
何にも悪いことはしていないはずなのに、ちょっとドキドキしちゃうのよね~

スポンサーリンク

大きいスーツケースはついつい入れすぎちゃう

我が家の場合、ニッセンで買ったスーツケースが大中小と3種類ある。

20hakari11

夫が出張で2週間ほどハワイに行く時や
家族5人で3泊4日のアジアに行く時には一番大きいサイズの出番。
つい最近までこのスーツケースを出してくると小学生の次男はこの中に入っていたっけ。
そのくらいデカイ。

なので、最近のスーツケースはいくら軽くなったといっても
スーツケースの重さだけでも受託手荷物の重さの多くを占めてしまうわけよ。
イイ気になって、入る分だけを調子に乗って入れているとかなりの重さに!

なるべく重たいものは機内持ち込み手荷物にしようとするけれど、
持ち込めない液体などはどうしてもスーツケースに入れなくちゃいけない。

夫の出張の時にはオーバーしてしまい追加料金を払ったことも。
また家族で台湾に行った時には3つのスーツケースに上手く分散して荷物を入れなかったため
大サイズの重さが30kg超えてしまって”HEAVY”とステッカーを貼られてしまった!
(家族分の荷物で5人分の受託手荷物の限度量を超えてはいないので料金は取られず。
(ただ、絶対にこのスーツケースは一番下で下敷きになっていたであろう…

要するに「入るだけ」入れては危険なわけ。
ましてや、買い物大好きな我が家、絶対に危ないのです。
それでは格安海外旅行ツアーを必死に探した意味が無くなるわけさ。

何度も旅行をしてみて、やっぱり必要と思い購入

またこの夏の夫と娘の香港旅行でも買い物しまくった。
娘が自分専用に購入した中サイズの某スーツケースのファスナーがぶっ壊れたのよ~
この時は中サイズが2つだったので娘は大サイズにすれば良かったと後悔したそうだ。

で、今度の娘の私で行く台湾旅行。
どう考えてもヤバい。
台湾に何しに行くかって、買い出しのようなものだもの!
スーパーに本屋にCDショップ。
重いものばかりよ…
娘は大サイズをリクエスト。
か弱い(?)女子二人旅、荷物は上手に持ち帰らなくちゃ、ってわけで購入。

これを持っていかなくてお高い追加料金を取られるくらいなら、
はかりを買う料金なんてお安いもの。
お酒や化粧品を買う予定の時も持っていた方がよろしいかも。

あっ、高級ホテルには体重計が置いてあることもあるわ。
でも、そんなホテルにはなかなか縁がないからね…

荷物用はかり『ラゲル』を買ったよ

20hakari1
DRETEC (ドリテック) 荷物用 はかり ラゲル LS-100WT

これを選んだポイントは…

単4電池を使用
ボタン電池のものは海外で電池を入手しにくいから、こちらをチョイス。
(充電式のニッケル水素電池はNGです。

荷物を持ち上げる部分がフックではなくてストラップ
金属のフックのものもあるが、荷物の取っ手の形状を選ぶと思ったから、こちらをチョイス。

20hakari3

風袋引き、荷物の重さを差し引くことができる
同じはかりなら機能が多い方が?いつか役に立つかもしれないから。

フォルムが素敵
まっ、これは好みの問題。
でも、使ってみると無駄がない形でかさばらず、はかる時に持ちやすいということが発覚。

20hakari2

早速試しに使ってみました~

電池を入れます。

スポンサーリンク

20hakari4

ここから入れるのですが、プラスとマイナスがちゃんと表記されているにも関わらず、
さかさまに入れてしまい、スイッチが入らなくてかなり焦りました(笑

スイッチをオンします。

20hakari5

ボタンは一つ、シンプルです。

こちら我が家の中サイズちゃん。
どこに行くにも重宝する大きさで、かなり傷めつけられている可哀想な子です。

20hakari13

ストラップを取っ手に通して、留め金部分にフックをかけます。

20hakari7

ゆっくりと垂直に持ち上げます。

20hakari8

重量が確定するとアラームが鳴りますよ~
最大表示は51kgです。

20hakari9

どうしてもフックと取っ手の形状から、完璧に垂直に持ち上げることはできず
測定値には誤差が出ます。

体重計ではかったところ、こんな感じでした。

20hakari10

0.35kgの違いです。

過信してぎりぎりいっぱいまで詰め込まないようにすれば大丈夫でしょう。
一応精度の範囲としては20kgまでで±0.3kg、20kgを越えて50kgまでは±0.5kgとされています。

スイッチを長押しすると電源が切れますが、30秒使用しないとオートパワーオフになります。
荷物の中に潜り込ませていると当たって電源が入ってしまいそうですが、
点きっぱなしということにななりませんね。

格安航空会社(LCC)は荷物の重さにシビア?

今脚光を浴びているLCC。
気をつけなくてはいけないのが会社独自の荷物の規定。
受託手荷物は別料金の会社もあり、持ち込みの手荷物の重さが気になるところ。
結構厳しい規定がある会社もあるんです。
チェックインカウンターでバタバタしなくても済みますね。

我が家の場合は羽田からの就航が多くなったら、絶対利用するだろうな。
そうしたらはかりは必携。
これから大活躍間違いなし。
小さいけれどかなり頼りになるヤツだね!

▼▼▼ 購入はこちらから ▼▼▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうぞ、この記事が良かったらシェアしてくださいませ♡

どうぞ、すずめをフォローしてくださいませ♡