究極の旅情報は地元の人が知っている!『ローカルナビ台北』は街歩きにGood

またまた、台湾の本です。
全部で何冊あるんだろ~?
時々引っ張り出しては、むふふ♡ と妄想旅行するんですね…

『ローカルナビ台北(LOCAL NAVI Taipei)』を買ったよ

16taipei
LOCAL NAVI 台北

このローカルナビシリーズ、現在台北のほかに
ハワイ、グアム、ソウル、バリ、香港が発行されています。
どこも女心をくすぐるスポットね♪

こういうガイドブックっぽいフォルムの本はあまり手にしないんだけど、
この本は違ったよ!

ステキな表紙

カラー写真の帯を取ると、ちょっと高級感もかもし出している
ステキな表紙になるのよ~

16taipei2

これ、結構ポイント高し!
いかにも”たいぺい”って書いてあるガイドブックって持ち歩きたくない、

「究極の旅情報は地元の人が知っている」「NEW & DEEP」と謳っている内容

これ、まさに私が求めていた内容。
旗振りツアーには2回参加して、メインの観光スポットはすでにバッチリ。
フリータイムで街歩きをしたいのね。
この本は王道エリア別におすすめスポットを可愛いイラストマップときれいな写真で紹介。

今話題の「康青龍」もバッチリ。
タウンガイドとして
迪化街、中山、萬華・西門町、康青龍、東區・忠孝東路、信義新都心、台北松山空港周辺
そして、日帰りで十分楽しめる近郊の「鶯歌」「新北投温泉」「九份」が紹介されています。

さらにこのような工夫が

イラストの地図もあるけれど、巻末にきちんとエリア別の地図が載っているので安心。

また、本文中のスポットの紹介には住所等の詳細情報が記載されていません。
巻末の黄色いページに「アドレス帳」として
五十音順に住所、電話番号、営業時間等の詳細情報が並んでいます。

本文中にアドレス帳のページと巻末の地図のページが記載されているので、
詳しく知りたい時には巻末を参照するんですね。

これによって本文がとってもすっきりとして、紙面がスタイリッシュになっていると思うの。
私のような妄想旅行にもバッチリ。

スポンサーリンク

旅行の前に「どこに行こうかな~」ってウキウキするのにぴったりよ。
「ここだ!」と思っても、そのお店だけすごく遠くだったりして断念することがあるでしょ。
この本はエリア別だから、「このお店に行きたい」って思ったらそのエリアの外せないスポットもチェックできる。

短い滞在時間を能率良く過ごすことができそうな内容になっていると思うよ。
1日市内観光がついているツアーでの、フリーな日の過ごし方に役立つはず。

おしゃれなのにチャラチャラしていない紙面。
情報を詰め込み過ぎていないところが気に入っています♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうぞ、この記事が良かったらシェアしてくださいませ♡

どうぞ、すずめをフォローしてくださいませ♡