『WILLER TRAVEL』のピンクの高速バスの快適シートで帰省やレジャーがいいね!

30willer1

夜行バスは現地の滞在時間を有効に過ごせて、
宿泊費も抑えられて、
嬉しいことだらけ。

でもね、私がそう思って夜行バスに乗っていた頃は
ごく普通の座席のバスでね。
電気が消えても、体が疲れていても、どう寝るポジションをとったら良いのやら…
たとえ、隣が知っている人だったとしても、リラックスしろって言うのが無理な話で!
で、なんだか寝たのか寝ていないのか、って言う状態で到着するんだよね。

若かったからできた、両夜行の旅だったな…

高速バスに乗る機会は最近でもあったけれど、退屈しちゃうんだよね。
長時間ボーっとしているのも、体が痛くなってくるし。
後ろの座席に配慮してリクライニングできないでいると、硬直した状態で過ごさなくちゃいけない。
でも、安さが魅力。
さらに目的地までダイレクトに運んでくれる便利さはあるんだよね。

スポンサーリンク

高速バスのおススメはWILLER TRAVEL(ウィラートラベル)

お話を伺う機会がありました~

WILLER TRAVEL

『WILLER TRAVEL』の前身の会社は1994年設立。
新しい会社ですね。
2006年に社名を変更してから、
「世界中の人の移動に、バリューイノベーションを起こす。」
として、斬新なアイデアでこれまでの深夜バスの概念を覆す新しいサービスを生み出しています。

何と言っても目立つのがピンクの車体。

30willer1

いただいて帰りたい、可愛い模型のバス♪

休憩でサービスエリアに寄った時にも良く目立つ!
特に深夜だったらなおさら。
女子としては気持ちもアップするわね♪

会員登録は無料。
当日予約もOK。
さらにお得なクーポンの配布や、ポイント制度もあるよ。

活用しなくちゃ。

業界が仰天した話題のシートの種類は?

シートが自慢のこの会社。
快適性はもちろん、エンターテイメントや話題性も!

なんと、今年3月にFacebookでシートの人気投票を行ったのです。

結果は…

1位がコクーン(COCOON)

2010年グッドデザイン賞受賞って、すごーいシート。
最近の飛行機のビジネスやファーストクラスのシートにも負けない快適性。
(いや、乗ったことがないので強くは言えませんが、妄想ということで、ご勘弁を…)

シェル型パーテーションで仕切られた自分だけの空間でバスの中とは思えないくつろぎの時間を過ごせるのよ。
パーテーションには
テーブル、カップホルダー、ライト、ミラー、網ポケット、コンセント、
スーツ掛けフック、便利ラック、靴収納スペース、小さめのカバンを収納できるスペース
そしてフットレストがコンパクトにまとめられている。

横2列の配列で、贅沢な空間です。

シェル型パーテーションのプライベート空間≪コクーン≫

2位がエグゼクティブ(EXECUTIVE)

なんですって?
バスのシートなのにホテルのラウンジをイメージしているとは!
スタイリッシュでラグジュアリーな空間を実現したそうです。
リクライニングは全身が沈み込むような電動ゆりかごリクライニングだって!
体の負担が少ないらしいよ。

各シートにテレビとDVDを設置。
マイDVDを見ることも可能。
みんなで「男はつらい」を見るって言うのがバスの旅のイメージだったけれど、もうそんなことはないのね~
3か月ごとに人気の映画を更新しているので、リピートも楽しみだよね。
音楽もゲームも楽しめちゃう。

寝心地重視で寝て過ごすか、DVDを見て過ごすか、悩んじゃうわね。

ホテルラウンジのような落ち着きの空間≪エグゼクティブ≫

3位がリラックスシリーズ(RELAX SERIES)

寝顔が隠せる人気NO.1のシート≪リラックス≫

でした。

どれも乗ってみたいですねぇ。

高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL

どのシートがお好み??

リラックスのシートに座らせていただきましたよ!

バスと同じピンクがイメージカラーの『リラックス』。

スポンサーリンク

座面が深くて、ちびっ子の私は「よいしょ」って感じで座りこまないといけません。
が、一度きちんとしたポジションで座ったら、もう動けないくらい、座り心地が良いです。

30willer5

リクライニングは140度。
もちろん後ろの座席を気にしなくて良い、広々とした配置。

レッグレストとフットレストで前席の下まで足が伸ばせるから、足のむくみともおさらば~
到着したら、軽い足取りでお出かけ出来るよ!

そして可動式の枕。
チビッ子なので、リクライニングをすると腰の位置とまくらの位置が合わなくて、かえって不快に。
なーんてことがないわけ。

何と言ってもこちらのシートのポイントは
寝顔が隠せる「カノピー」ってのがついている!

30willer4

顔がね…
誰が見るってわけじゃないんだけど、寝顔を「さらす」って感じはかなり精神的に負担がかかるね。
これ、頭の上からかぶってくる。
呼吸を邪魔しないかぶりかたなので、圧迫感もなし。

実際にかぶってみましたが、自分だけの世界に入れていいですよ。

30willer6

ブランケットもついているので、気持ち良く眠れるよね。

さらにこのリラックスタイプのバスはお値段もリーズナブル!

この夏の帰省やレジャーに乗りたいよね~
うちの娘も名古屋に行く予定があるので、おススメ。

例えばですね、
今年の8月1日に大阪に行きましょう。
片道で運賃を比較してみます。(6月30日現在の運賃)

◆新幹線のぞみ利用の場合
東京駅から大阪駅までで14,250円

◆飛行機利用の場合
東京駅からバスで羽田空港~伊丹空港からバスで大阪マルビルで15,690円
東京駅から電車で羽田空港~神戸空港から電車で大阪で16,130円
などなどいくつかルートはありますが、だいたい15,000円以上かかります。
この日の運賃で羽田~伊丹が14,670円、羽田~神戸が14,800円です。

◆こちらのリラックスタイプを利用の場合
通常プランが5,900円
出発前にスパで入浴できるプランが6,400円。
到着後にスパで入浴できるプランも6,400円。
京都の1日乗車券付きプランが6,200円。
大阪の1日乗車券つきプランが6,650円。
など、出発前や到着後も安心のプランがあります。

どう?
飛行機と比べたら1万円もお得よ!
それも片道で。
その分何に使おうかしらね~

乗車時間は?

東京駅八重洲口 日本橋3丁目交差点を21:50に乗車。
大阪駅桜橋口 JR高架下に7:00に到着。

お仕事の帰りに楽々乗車。
到着後は朝ごはんをゆっくり食べてから大阪で過ごせる時間。
ここで、スパに行って目的地がオープンするのを待っても良いよね!
移動して目的地に向かっても余裕の早朝到着。

1日が有効に使えるね~

乗下車場所は色々選べて便利

7月31日から高速ツアーバスは”高速乗合バス”となるため、乗下車場所が変更になったりするので要注意ですが、
都内だったら主要な駅から乗れます。

新宿西口と大阪梅田にはWILLERバスターミナルが!
スタイリッシュな空間で快適に待ち時間を過ごせるんです。
きれいな洗面所やパソコンスペースがあるHumanness & Confortをコンセプトにしたおしゃれなターミナルですよ。

各乗下車場所への道順が写真入りで表示されるので、知らない土地でも安心ね。

お得に快適に旅行をしようよ~

こちらのバス、他にも色々なシートのタイプ、多くの路線があります。
キャンペーンや割引のプランもあるので要チェック!

帰省やレジャーに良いのではないでしょうか?
高速バスに乗るのが楽しみになっちゃいますよ。

ホテルはホテルズドットコム – 世界最大級のホテル予約サイトで予約ね。

⇒⇒ 日本も海外もホテルの予約は『Hotels.com』がお得で便利♪

本当に何もかも便利でお得になったわね~
ご利用される方はステキな旅になりますように、お祈りしています♪

▼▼▼ 購入はこちらから ▼▼▼
【高速バス予約】WILLER TRAVEL
WILLER TRAVEL


スポンサーリンク
『WILLER TRAVEL』のピンクの高速バスの快適シートで帰省やレジャーがいいね!
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね