【台湾旅行】Peach(ピーチアビエーション) 東京羽田→台湾桃園 羽田空港で泊まって早朝のLCC(格安航空会社)に乗ったよ

「よし、台湾に行こう!」と。
娘と行ってきました。

>> 【台湾旅行】母娘ふたり台湾の旅 インスタグラムとともに振り返ります!(2017年6月)

安さを重視して決定したのがH.I.Sの台湾ツアー。

⇒⇒ 【羽田発着】話題のLCC『ピーチ』で行く!受託手荷物お1人様1個20キロまで無料!!リピーターの方にオススメな滞在中まるまる自由行動 台北2泊4日間 フローラ<3名1室不可>に滞在|H.I.S
(私が利用したツアーとは若干異なります)

LCC(格安航空会社)のPeach利用の2泊4日です。
私たちが行った6月末で17,800円。
キャンペーンでない限り、この金額でLCCの手配すらできませんよね!

参考⇒⇒【東京-台北間のLCC比較】成田・羽田発、桃園着の便5社の運賃プランやフライト時間を比べた|クラベタ 

ではPeachでの渡航、どうだったのでしょうか?
まずは、往路である東京羽田空港から台湾桃園空港まで。

スポンサーリンク

羽田空港まで

羽田空港発、早朝5時55分のフライト。
我が家は羽田空港までは車だと30分ほどですが、この日は車では行けません。

そこで公共交通機関を利用することになります。
チェックインが2時間前とすると空港には3時台に到着していないといけない。
そんな時間に電車もバスも走っていません。

タクシーでもよいのですが、うっかり家で寝て寝過ごすなんてことがあったら一大事なので、空港に泊まることにしました。

最終電車の1本前に乗って、羽田に向かいます。
うちからは近くて遠いんです、羽田。
電車だと1時間以上かかります。

乗り換えも多いため、乗り継ぎが上手くいかなかったことを考えて、終電の1本前に乗るようにします。

車だと近いけど電車だと面倒な羽田空港… #羽田空港 #京急 #品川

すずめ@自由が丘主婦さん(@itotanoshi.suzume)がシェアした投稿 –

品川駅で京浜急行に乗る前にぼやいています(笑)

羽田空港にて

日付が変わる頃に羽田空港に到着します。
深夜早朝便が多いので、思った以上に人が多いです。

電源があるベンチはすでに埋まっています。
まずは、夜景を見に行き、そして今宵のお宿(?)に向かいましょう。

いくつか空港泊に適していると言われているところがあります。
そこについて、私たちの感想は…

  • 5階展望デッキ前のベンチ
    → エスカレーターの案内の音声がうるさい。
  • 1階エントランスプラザのローソン近く
    → 24時間営業で便利だが、周囲はちょっと寂しすぎる(照明が暗め)、扉の開閉時に外の空気が入ってくる(冬は寒い)、出発のアナウンスが聞こえないので不安。
  • 4階江戸小路、はねだ日本橋下の毛氈(もうせん:赤い布)がかけてあるベンチ
    → 思った以上に夜は人通りがなく、大きいベンチもあるので良いが、いかんせんクッション性がないので体が痛くなりそう(他の場所の同様の長椅子も同じ)。

ちょっと羽田空港に詳しい娘のオススメの場所である某カフェにて時間を過ごすことにします。

今夜の寝床(笑) 明け方の飛行機なのでチェックイン時間までカフェで過ごします~ ここ、穴場。 #羽田空港 #カフェ #空港泊

すずめ@自由が丘主婦さん(@itotanoshi.suzume)がシェアした投稿 –

運が良ければソファ席が空いていて、のんびり過ごせます。
もちろん、商品を購入しましょう。
(購入しないで過ごす人もいますが…)

チェックイン後はチェックインカウンターLの先の祈祷室前のベンチで過ごしました。
ここは静かで運が良ければ電源が使えます。

Peachのチェックインでの荷物検査

3時40分にチェックインが開始されました。

H.I.SのそのツアーはEチケットはありません。
パスポートと日程表(H.I.Sより送られてきた「出発のご案内」)を持って行きます。
カウンターではパスポートを見せるだけでした。

Peachの運賃タイプで言うと「ハッピーピーチ」になり、何もない、ただ飛行機に乗るだけのものです。

私たちは機内持ち込み可能サイズのスーツケースをそれぞれ1つ。
それとバッグを持っています。

受託手荷物があるかどうかの確認があり、ないことを伝えると、それぞれのスーツケースとバッグをはかりに載せるように言われます。
ここでうっかりしていました。

行きのスーツケースなので、当然制限重量の10kg以下だから楽勝!って思っていたのですが、思った以上にもうひとつのバッグが重たかった…
透明な袋に入れた液体品、スマホやスマホ用のキーボード(パソコンは持ってこなかった)、大きい充電池、カメラ、機内で読もうと思っていたガイドブック2冊、ストール、靴下。

このバッグを載せたら、なんと10kg!
機内持ち込み荷物について

身の回り品(ハンドバッグ、カメラ、傘など)1個と、規定サイズ(縦、横、奥行きの一番長い部分から55cm、40cm、25cm以内で3辺の合計が115cm以内)の手荷物1個、合わせて10kgまで

なのですよ。
”合わせて”です。

また、娘が持っていたスーツケースはファスナーで幅を広げることができるもの。
広げない状態でサイズがギリギリ(測り方によっては規定寸法を超えてしまいそう)なので、気を付けるように言われました。
(要は広げちゃダメってことね)

受託手荷物があっても、預けられないどうしても機内に持ちこななくてはいけないものがありますよね。
軽量化するためにはバッグを軽いものに(私は布のバッグだった)、パソコンは諦める、念のための衣類を持ち込むなら身に着けておく、本や雑誌は必要な分だけ。

これは搭乗の際に規定されているので、私はチェックイン後の買い物を気を付けるように言われました。
厳密にいえばペットボトルの水だけでも500gになりますからね。

Peachの機体はどこ?

LCCは駐機代を節約するために沖止め(建物からボーディングブリッジで乗るのではなく、バスで飛行機の下にまで行き、タラップで乗る)が多いと言われています。

この日のこの便はゲート109。

そこからボーディングブリッジは伸びているのですが、一見すると飛行機が止まっていない!
「飛行機はいるの?」
「時刻通りに出発できるの?」
と焦ったけど、窓際まで行くと…

いました、いました。
ピーチちゃん♡

思わず”ちゃん”付けで呼びたくなる小ささ。
ピンクの塗装が可愛いです。

この機材はエアバスA320というもので、LCCでは多く使われています。
東京から台湾に行くLCCではスクート以外はこの機種になります。

となりの全日空機と比べてみても(遠近法を考えても)、ちびっこです。

Peachの機内

3列、3列の6列で全部で30列。

搭乗の際は窓際のAとFのお席の人とその同行者が先に案内されます。

座席が狭いと言われますが、160cmくらいの女性なら狭さを全く感じません。

もちろん、男性はちょっと狭そうですが、前の席の下が広く空いているので、つま先を納めやすそうです。

151cmの私がお行儀よく座って、膝の前にこのくらいのゆとりがあります。

座席の幅はいつものエコノミーと変わらないような気がします。

もちろん、液晶モニターはありません。
電源もありません。
エチケット袋は各席にあります。

スポンサーリンク

免税品のカタログと

お食事のメニューがあります。

お食事を注文している人はいなかったみたい。

以前スクートに乗った時に、機内への飲食物の持ち込みが非常に厳しく、ビニール袋を下げているとバッグにしまうように、機内で出さないように搭乗口で言われていました。

今回のPeachでは、ペットボトルで飲み物を持ってきて座席ポケットに入れていたリ、おにぎりやサンドイッチを食べている人がいましたよ。

テーブルはあまり広くないです。

iPhone7Plusを置くとこんな感じ。

スマホとキーボードを並べたらはみ出しました。

大きめのガイドブックは広げにくいかもしれませんね。

”Peach 東京羽田→台湾桃園 LCC(格安航空会社)に乗ったよ” すずめの感想

飛行は全く問題なく、台湾の桃園空港に到着しました。

時差が1時間あるため、順調に入国できれば9時には”台湾の人”となります。

桃園空港なので、ここから1時間前後かけて台北市内に向かう必要がありますが、1日を有効に使うことができますね。

私たちは、台北市内までお腹が持つか不安だったので(笑)、第1ターミナル地下の新東陽美食廣場(フードコート)で

サラダを買って、ベンチで食べちゃった。

それから機場捷運(MRT)で台北駅へ向かいました~。

インスタグラムでは旅の様子や日常のことがらをポストしています。
ぜひフォローしてくださいね♡
⇒⇒ itotanoshi.suzume|インスタグラム

>> 2017年6月の台湾旅行はこちら
>> ほかの台湾旅行のお話はこちら

▼▼▼ 台湾に行きたくなったら ▼▼▼
今回はH.I.Sの海外ツアーで行きました。
H.I.S. 台湾旅行

楽天トラベルで台湾旅行を探す
「台湾」ツアーを探す|DeNAトラベル
「台湾」ツアーを探す|H.I.S.
台北(台湾)ツアー比較|エイビーロード

LCC利用の際ははかりがあると便利。
私はこちらを使っています。
>> 荷物用はかり『ラゲル』は買い物好きさんやLCCの旅に必携! 実際に使ってみたレビュー

MYCARBON荷物 旅行はかり デジタル はかり 計量 器 携帯式デジタル スケール ステンレス仕上げ 最大50kgまで量れる 吊り下げ式ラゲッジチェッカー 旅行 アウトドア ホームに最適の秤 便利 軽量 風袋引き機能付 シルバー
by カエレバ

メジャーなガイドブックの小さい版が便利。

まっぷる 台北mini ’18 (まっぷるマガジン)
by カエレバ
るるぶ台北’18超ちいサイズ (るるぶ情報版海外)
by カエレバ


スポンサーリンク
【台湾旅行】Peach(ピーチアビエーション) 東京羽田→台湾桃園 羽田空港で泊まって早朝のLCC(格安航空会社)に乗ったよ
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね