【台湾旅行】釣蝦(エビ釣り)で楽しくて美味しい夜遊び (2016年12月)

20170106taiwan3

台湾ドラマで時々映るエビ釣りのシーン。
お酒片手におしゃべりしながらだらだらと夜更かししているんですよ。
ぜひやってみたいと思っていたんです!

今回(2016年12月)の旅行で娘と娘の友だちと、台北で合流したお友だちの下村志保美さんと一緒に、エビ釣りに行ってきました~

スポンサーリンク

外雙溪車輪釣蝦場

市街地にもエビ釣り場はあるようですが、主に故宮博物院の先、外雙渓、内雙渓というエリアに多くあります。

Googleマップで見て、適当に「ここ!」って行ってしまいました(笑)
何軒か並んでいます。

20170106taiwan13

空いているところのエビちゃんは飢えていて食いつきがいいのかもしれないけど、台湾の常識として”人が多いところがいい”という判断です。

20170106taiwan14

行ったのは外雙溪車輪釣蝦場。

20170106taiwan15

外に何台ものロースターがあったのと、釣り堀の周りに人が多かったので、決めました。

20170106taiwan27

受付をします

先払いです。

20170106taiwan4

1時間では足りなさそうだし、2時間では深夜になってしまうし…と悩んでいました。
するとお兄さんが、2時間で払って、1時間で帰ることになったら返金すると言ってくれたので、2時間に決定。

さらに、竿1本の値段なので、ふたりで1竿を使えばよいとのこと。
(マイ竿の人もいるので、釣り場代?釣る権利?とでも言うのかなー)
4人で1200元を払いました。

竿を2本と餌を2セット、もらいます。

竿には浮きがついていて、針が2本ついています。

20170106taiwan21

餌はオキアミ(要は共食い)と何のモノかわからないけどレバー。
それにおしぼりと、レバーをカットするカッターがトレイに乗せられています。

20170106taiwan17

釣り堀で釣ります

20170106taiwan1

お兄さんがセッティングしてくれたのですが、ポイントとして、針が底に当たるようにするのか、水深を確認して糸の長さを調整していました。

私たちはずっと釣れなかったのが、お隣のおじさんが糸を調節してくれて釣れるようになりました。

20170106taiwan38

餌はオキアミの頭を取ること、背に針を刺すことを教わりました。
レバーはお隣のおじさん曰く「新鮮じゃないから釣れない」とのこと。

20170106taiwan8

ほとんどの方はマイ竿、マイ餌でした。
こちらの竿ではせいぜい1時間に2匹釣れれば良いかと、おじさんに言われました。
多分、エビが食いついた感触が伝わりにくいのかもしれません。

正時に新しいエビを釣り堀に投入してくれます。
皆さんそれをご存じで、正時に合わせてやってきます。

20170106taiwan18

私たちも投入後に3尾釣れました!
かなり立派なエビちゃんです。

20170106taiwan5

エビが餌に食いついたときの感触。
これは忘れられません。
引き上げた時の感激。
これも忘れられません。

20170106taiwan2

楽しいです♪

20170106taiwan20

ご一緒した志保美さんは2尾、釣り上げました!

20170106taiwan22

釣れたエビを調理して食べます

エビ釣りの醍醐味は釣るだけではありません!
釣れたエビを食べますよー。

どちらかと言えば、”花より団子”ならぬ、”釣るより食べる”で(笑)

お隣のおじさんが釣った分を全部くださいました。
そして、調理もしてくれました!

20170106taiwan29

そう、私たちは食べるだけ(笑)

常連の皆さんは釣るのを楽しみにしていて、あまり食べないのだそう。
お隣のおじさんは、ネットショップで販売をしているとか。

外にある流しで、まずエビを洗い

20170106taiwan35

足をハサミでジョキジョキと切り落とす(つけたままで焼く人もいました)。

20170106taiwan36

串を刺して

20170106taiwan37

20170106taiwan28

塩をよーくまぶします。

20170106taiwan34

20170106taiwan32

ロースターに並べて、ガスをつけて焼きます。

20170106taiwan25

ちょっとエビちゃんが動くのですが、そこは容赦なく(笑)
伊勢エビをそのまま茹でるときにはエビが「キーキー」と鳴くのでちょっと忍びないのですが、直火で一気なのでエビは鳴かず、すぐに赤くなります。

20170106taiwan24

いい感じに焼けたら、いただきます~。

20170106taiwan12

ムチムチの身が甘くて、ほんのりと塩もきいていて、食べ始めたらやめられなくなっちゃいます。

20170106taiwan10

そりゃあ、さっきまで生きていたんだもの、美味しいに決まっています。

スポンサーリンク

店内にはビールやジュースも売られています。
また、炒め物など、お料理も注文できるので、ご飯も食べられちゃいますよ。

20170106taiwan19

お刺身で食べる用の醤油とわさびも置いてありました。

”【台湾旅行】釣蝦(エビ釣り)で楽しくて美味しい夜遊び (2016年12月)” すずめの感想

こちらのエビ釣り場は朝の6時までの営業。
他に24時間営業のお店もあります。

トイレは外にあり、一瞬入るのをためらう感じですが、思った以上に綺麗なトイレです。
また、紙もあります。
女性も子どもも安心して楽しめますね。

困ってると声をかけてくれるので、地元の方との交流もあります。
塩をまぶしていると、たくさん釣れたお兄さんが4本くれたり。
ロースターの火がつけられないでいると、つけてくれたり。
皆さん親切です。

20170106taiwan31

娘はお隣のおじさんと仲良くなり、釣りに来ているときにはエビを食べに来るように誘われました。
釣りたい人と食べたい人、需要と供給?が満たされたって感じ(笑)

20170106taiwan23

また時間にゆとりがある滞在の時には遊びに行きたいなぁ。
いや、日本にもこんなエビ釣り場が欲しい!って思っちゃいました。

▼▼▼ 台湾に行きたくなったら、こちら ▼▼▼
楽天トラベルで台湾旅行を探す
「台湾」ツアーを探す|DeNAトラベル
「台湾」ツアーを探す|H.I.S.
台北(台湾)ツアー比較|エイビーロード

30 地球の歩き方 aruco 台湾 2017~2018 (地球の歩き方aruco)
by カエレバ
行く前に知っておきたい 台湾の得ワザ300
by カエレバ

スポンサーリンク
【台湾旅行】釣蝦(エビ釣り)で楽しくて美味しい夜遊び (2016年12月)
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね