【台湾旅行】台北の夜市、どこがいいの? ~士林夜市

20170104taiwan13

台湾旅行をされる方が多く(私がしつこく洗脳しているせいもあるかなw)、台湾のお話をする機会があります。

台湾ならではで、必ず行きたいのが夜市。
しかし、日数が少ないと夜の数も少ない。
数少ない夜で、どこの夜市に行ったらいいのだろうか?となるわけ。

そこで、私が知っている夜市について、特徴をお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

士林夜市

台湾の夜市と言ったらここ、士林夜市(すーりんいえすー)。
電車の便もとても良いので、中心地から若干離れてはいるものの行きやすい夜市です。

ちなみに士林という駅がありますが、士林夜市に行くには1つ前の剣潭(Jiantan)駅で降りましょう。

20170104taiwan5

夜、淡水線(赤い線)に乗っていると、ぞろぞろと降りていくのでわかると思いますが。

士林夜市はガイドブックでも大きく取り上げられていて、行ってみたいと思われると思います。
この士林夜市は建物の地下にある美食街と、食べ物の露店が並ぶエリアと、若者の店が並ぶエリアと別れる印象です。
以前、美食街は剣潭駅前にあったのですが、ちょっと歩いたところに移転しました。

美食街

美食街は地下にあります。

20170104taiwan34

上はお土産っぽいものを売っています。

20170104taiwan36

こぎれいです。
トイレもあり、意外ときれいです。

20170104taiwan18

各店舗、座って食べることができるので、晩ご飯を食べるのには適しているかと。

20170104taiwan19

ただ、どこで食べようかな~と悩みながら歩いていると呼び込みが激しいので、そこを上手にかわす必要がありますね。

20170104taiwan17

今回(2017年1月)の旅行では臭豆腐を食べるのを目的に行ったのですが、明らかに臭豆腐がなさそうなお店のおじさんに呼び止められ
「臭豆腐あるの?」
と聞くと
「あるよ、あるよ」
と。
しかし、どう見てもそのお店には臭豆腐がない。

20170104taiwan48

臭豆腐のあの臭いもしない。

それでもお店に入ってみると…
おじさんは伝票の隅に”臭豆腐1”と書き込んでいた。
すぐに向かいのお店のお兄さんが臭豆腐を届けてくれて、そのお店のおじさんがお金を渡していました(笑)

20170104taiwan50

隣のジュースのお店のお兄さんはメニューを持って各席を回っているし。

20170104taiwan49

そんなラフな感じも台湾ならではです。

このお店、大頭龍蚵仔煎は蚵仔煎(牡蠣オムレツ)で有名なお店です。

20170104taiwan51
>> 【台湾旅行】士林夜市 では夜市グルメの王道モノを頂きました

たいていきちんと写真入りのメニューがあり(テーブルに貼りついていることが多い)

20170104taiwan30

20170104taiwan22

注文は伝票に書き込むところが多いです。

20170104taiwan31

20170104taiwan25

このようなお店はお会計は食べた後が多いかな。

この美食街のお店にはたいてい台湾ビールが置いてありますが、地下に入る前にコンビニでビールや飲み物を買って行って飲んでも平気です。

屋内なので雨の日には最適ですね。
タクシーの運転手さんに”基河路、承徳路”と書いて見せれば、入り口近くまで行けます。

露店

並んでいるお店は人気のお店だと思って、我慢して並んでみましょう。
ただ、それがお好みかどうかは保証しませんけど。

大鶏排

士林夜市で有名なのは巨大な鶏の唐揚げ、大鶏排(ダージーパイ)。
ブルーの有名なお店にはいつも行列ができています。

20170104taiwan14

顔と同じくらいの大きさの唐揚げは、サクサクで、ジューシーで、ハッピーターンを思わせるジャンキーでスパイシーな味付けがいいんだよね。

20170104taiwan15

でも、ひとりでひとつ食べると、他のものが食べられなくなるので、シェアして食べることをお勧めします。

20170104taiwan44

紅茶

私はここで必ず買うのが紅茶。
おじさんとおばさんが営んでいるお店をひいきにしています。
(隣にもお店があるのですが、必ずここで買います!)

20170104taiwan37

ほどよい甘さで、とても冷えていて、疲れが飛んでいきます!

玉子焼き

娘はこの玉子焼きが好き。
数人並んでいることが多いので、それなりに人気なのでしょう。

20170104taiwan45

厚焼き玉子にいろんなトッピングをしてくれます。
娘のお気に入りは泡菜(キムチ)。

20170104taiwan47

水果店

気を付けた方がいいのが、水果(フルーツ)のお店。
ここの夜市の主なお店は切り売り、量り売りなんですよ。

20170104taiwan10

値段がわからない。
値段が書かれていてもそれが単価の場合がある。
1種類でいいのに、他のものも勧めてくる。
少しでいいのに大量にくれる。

具体的にはカップに入っているイチゴを買うと、書かれている値段よりもはるかに高いんですよ。

20170104taiwan11
(もちろんヘタは取れていて、練乳をかけてくれます)

書かれている値段は単価なんです。
量ると、かなりの金額になっているわけ。

さらにその単価が30元と書かれているはずが、秤を見たら40元になっていたり!
秤が見えるお店で、きちんと単価が入力されているか確認して買いましょう。

20170104taiwan12

1種類お願いしたつもりが、他の果物まで袋に入れてきたりします。
試食して美味しいからってどんどんもらっていくと、気付いたら1000円近くになっていたりします。

すべてのお店がそうではありませんが、士林夜市の果物のお店で正しく気持ちよくお買い物をするにはちょっとハードルが高いかなぁと思います。

若者の店

駅を降りて人の波に沿って大東路を歩くと、そこは原宿の竹下通りのような雰囲気。

20170104taiwan6

スポンサーリンク

両側に若者向けのお店が並びます。
洋服、スマホグッズのお店が多いですね。

通りの真ん中では地面にお店を広げています。

娘は以前、この下着屋さんで購入したのですが、おばちゃんがおもむろに胸を押さえてサイズを指示してくれました!

20170104taiwan38

それがジャストフィットだったのもさすがプロって感じ。
そんなやり取りもおもしろいです。
サイズが合えば可愛い上下セットでかなりお安いです。

現在、大学生の娘は大学が近いこともあり、士林夜市によく行きますが、若者向けの洋服やグッズなどは
西門町→士林夜市→師大夜市
の順で安く買えると言っています(師大夜市が一番安い)。

食べ物が目当てならここは通らずに駅から基河路に沿って美食街に向かうとよいでしょう。 

”【台湾旅行】台北の夜市、どこがいいの? ~士林夜市” すずめの感想

実は私は士林夜市はあまり好きではありません(笑)
他の夜市を知ると、ちょっと観光客向け過ぎる気がしてしまいます。
それと、人が多くて疲れてしまうのです。
また、道が放射状ではないので、何度行っても迷子になりそうになります。

最初にこの賑わいを感じてみるのはよいと思います。
が、私と夫のように40代50代がグルメを楽しもうと思うとちょっとゴミゴミしすぎかなぁと。
屋内の美食街には良いところも多いのですが、夜市っぽさと言ったらここではないような気がしています。

20170104taiwan21

お勧めする方

子ども連れの方。
特にティーン。
特に女子。
(ただし、かなり付き合わされて、かなりお金を使わされますが)

座ってしっかりと食べたい方。

20170104taiwan58

大人数の方。
美食街のお店は夜市の中では比較的席数が多いので。

王道は押さえておきたい方。
夜の賑やかな街を楽しみたい方。

20170104taiwan8

▼▼▼ 台湾に行きたくなったら、こちら ▼▼▼
楽天トラベルで台湾旅行を探す
「台湾」ツアーを探す|DeNAトラベル
「台湾」ツアーを探す|H.I.S.
台北(台湾)ツアー比較|エイビーロード

30 地球の歩き方 aruco 台湾 2017~2018 (地球の歩き方aruco)
by カエレバ
行く前に知っておきたい 台湾の得ワザ300
by カエレバ


スポンサーリンク
【台湾旅行】台北の夜市、どこがいいの? ~士林夜市
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね