台湾旅行を初めてするあなたに知っておいてほしいこと 〜気を付けて過ごしたいこと

20160812taiwan1

初めて台湾に行かれる方に、私がいつもお伝えしていることをまとめています。
その第2弾、気を付けて過ごしたいことです。

第1弾はとても大事なことについてお話しました。
>> 台湾を初めて旅行するあなたに知っておいてほしいこと 〜トイレの紙とMRTの飲食

台湾旅行を初めてするあなたに知っておいてほしいこと 〜トイレの紙とMRTの飲食
家族で台湾が大好きな、すずめでございます。 今年は年明け早々に行き、夏に行き、さらに年末から年を越すことになりました。 ...

スポンサーリンク

エスカレーターは右に立つ 行列には並ぶ

比較的モラルが日本と似ているなぁと感じるところです。

エスカレーターでは右側に立ちます。
日本で言うところの関西方式ですね(笑)

そして、きちんと行列に並びます。
中国人は行列に並ばないと言われますが、台湾の人々はきちんと行列に並びます。

美味しいお店には必ず行列ができているので、行列に並ぶのは苦にならないのでしょう。
電車に乗るのもきちんと整列乗車をしています。
駅弁を買うのにも並んでお会計を待ちます。

このあたりが、台湾が日本人に過ごしやすいと思わせるところなのかもしれませんね。

日本語でディスってはいけない

台湾では日本のテレビ番組が多く見られていて、日本語を話せなくても言葉の雰囲気はわかる、言っていることは理解できる、などという人がとても多いです。

若い人の中には日本の文化(アニメやアイドル)が好きで、日本語を勉強している人も少なくないです。
また、高齢の方は日本の教育を受けていて、しっかりと日本語が身についている方もいらっしゃいます。
また、このような方に育てられた方々の中には、何を言っているかわかるレベルの方もいらっしゃいます。

日本人が多く行くお店の人は、そこそこ勉強をしていたりします。

外国だから、日本語はわからないだろうと思って、気に入らないことがあった時に日本語でつぶやいたりすると、相手に通じてしまいますよ。

ディスったわけではないのですが、娘とスマホを買いに行った時の店員さん。
店員さんとは一生懸命つたない中国語で話していました。

しかし娘とは
「あっちの店のほうが安くない?」
「ほかを見に行ってから決めよう」
などと普通の声で話していたのです。
その店員さん、お買い物の終盤に
「あいうえおを勉強している」
と言い出して、書き出しました!

うわー、全部聞かれていたんだな…と、冷や汗。
さらに、私たちは会話の中でその店員さんを「お兄さん」と呼んでいたのですが、よーく見てみると女性だったというオチまで。

密室になって気が緩むタクシーの中も気をつけたほうが良いです。
意外と日本語を理解できる運転手さんがいたりしますよ。
「台湾、くそつまんないしぃ」なんて言わないように。

メーターや秤はチェックして

安全で、人が良いと言われている台湾ですが、それでも観光客に対するボッタクリはないとは言えません。

気をつけたほうが良いのはタクシーのメーター。
これは私も経験しました。
>> 【台湾旅行】行く方にアドバイス 子どもと九份・十份、動物園と台北101、タクシーの乗り方

台北での初乗りは現在70元。
地域などで初乗り料金が異なるので、事前に調べておくと良いです。

乗った時にきちんと70元になっているか、必ず確認しましょう。
もしも70元になっていなかったら、日本語でいいので
「おい、こら!(実際には言わなくてもいいけど、そういうニュアンスを含めて)メーター!」
とでも言って、メーターを指差して訴えましょう。

降りるときに10元や20元増えていることがあります。
深夜料金や高速料金や、後部座席やトランクを使用した時、サーチャージなどで増額されます。
(ここで怒ってはいけない)

参考 ⇒⇒ 計程車|新北市政府

また、量り売りの店。
観光客が多い有名某夜市のフルーツのお店で単価30元のところ、秤は40元になっていました。
実はこの夜市のフルーツのお店、私も買うたびに「やたらと高く付いた…」と後悔していたんですね。
(押し売りもしつこいので、負けちゃうんだよね…)

20161222taiwan21

日本では馴染みが薄くなってきましたが、台湾では「これください」と言って計ってもらう買い物も多いです。
もしもフルーツを買うなら、地元の人が行くような市場の中のお店などローカルなお店に行くと良いです。
台湾の果物の安さと美味しさを実感できますよ。

秤がきちんとこちらからも見えるお店で買うのをオススメします。

チップの習慣はない

20161222taiwan20

海外旅行で気になるのがチップ。
台湾では基本的に不要です。

日本と同じ感覚で良いと思います。
飲食店などでサービス料がかかる場合は、きちんと明記されています。
クレジットカードの決済でサービス料を追加して勝手に伝票を書き換える、なんてこともありません。
お釣りをテーブルに置いて帰ることもありません。

ホテルの枕銭も不要です。
ただ、買い物大好きな我が家は帰国前日の荷造りで恐ろしい量のゴミが出たりするので、その時には「謝謝」とメモに書き、50元ほど置いてくることもあります。
あくまでも気持ちの問題で良いと思います。

タクシーでは5元などのお釣りがあるときに「釣りは要らねーぜっ」的なことをしますけど(笑)
それも気分良く乗せてもらえた時かな。
無理なところで止まってもらったとか、なかなかタクシーが来なかったとか(これは完全にこちらの気持ち)。
運転が荒い運転手だったら、しつこくお釣りが出てくるのを待ちますよ。

あと、ツアーの添乗員さんが「ここではチップが必要」などと特定の場所で言った場合。
かなり怪しいですが、もうそこは観光マージンだと思って諦めるしか…(ごにょごにょ)

タクシーのドアは自分で開閉

たびたびタクシーの話が出てきたので、ここでタクシーの話を。

20161222taiwan19

日本のホスピタリティっていうのは過剰なくらいなのかもしれませんね。
それに慣れてしまっているところがあります。

その代表的なのがタクシーのドア。
自動ではありません。
待っていても開きません。
自分で開けましょう。

それも必ず右側のドアを利用すること!

気をつけなくてはいけないのが、降りる時。
後ろや周りを確認してから開けましょう。
(安全なところに停めてくれますが)

なんなら、閉める前に運転手さんに「謝謝(シエシエ)」とひと言添えてね。
仏頂面だった運転手さん(たいていおじさん)が、可愛い笑顔を見せてくれたりしますよ。
それだけで、こちらも気分が良くなります。

治安は良い方ですが

台湾は治安が良い方です。
アメリカのように銃や薬の心配もありません。

それでも外国です。
やたらと親しげに怪しげな日本語で声をかけてくる人、若いお嬢さんならナンパなど、気を許さないようにしてくださいね。

私は自分自身のルールとして「0時過ぎにはひとりでタクシーに乗らない」と決めています。
数日の旅行ではそういうことは滅多にありませんが、24時間営業のスーパーや書店に深夜に行くのも楽しいので、その時にはお供を連れて行きます。

パスポートや金銭はやはり大事です。
しっかりと身につけておきましょう。

台湾のホテルでは、ある程度の高級ホテルにならないとセキュリティーボックスがないことが多いです。
貴重品を全部持ち歩く必要があります。

夜市など、人が多いところでは当然スリさんがいらっしゃいます。
このような人のターゲットにならないように、大きなブランド物の財布を出さないこと。
財布を盗まれても大丈夫なように金銭を分散させて持っておくなど、自衛しましょう。

ポケットがあれば1000円くらいを入れておいて、そこから支払う。
なければ小銭入れや、最低限しか入らない小さめの財布を用意しましょう。

パスポートや高額紙幣は別のポーチにれてカラビナが付いているチェーンでバッグに留めつけています。

スポンサーリンク
タフレーベル(TOUGH LABEL) 紛失防止カールコード16cm BLT-6
by カエレバ

まぁ、バッグを盗まれたら最後ですが。

大きな被害に遭わないようにしておくことも大事ですね。

台湾旅行を初めてするあなたに知っておいてほしいこと 〜気を付けて過ごしたいこと

なんか面倒くさいなぁ、と思ったかもしれませんね。
でも、ちょっと知っておくだけで楽しい思い出が増えると思います。

エスカレーターや行列は見ただけでわかります。
郷に入れば郷に従えで、自然とできるはず。

日本語に関してはタクシーの中でうっかりしてしまいますね。
別に何がが起こることもないと思いますが、せっかくだもの気持ち良くタクシーに乗っていたいよね。

ぜひ、楽しく過ごして、台湾を好きになってほしいなぁと思います。

20160820taiwan51

>> 台湾旅行を初めてするあなたに知っておいてほしいこと 〜トイレの紙とMRTの飲食

台湾旅行を初めてするあなたに知っておいてほしいこと 〜トイレの紙とMRTの飲食
家族で台湾が大好きな、すずめでございます。 今年は年明け早々に行き、夏に行き、さらに年末から年を越すことになりました。 ...

>> 台湾旅行を初めてするあなたに知っておいてほしいこと 〜持って行くもの、不要なもの
台湾旅行を初めてするあなたに知っておいてほしいこと 〜持って行くもの、不要なもの
基本的には一般的な海外旅行と同じで良いと思います。 持っていなかったとしても、大抵のものは購入できます。 でも、持ってい...

▼▼▼ 台湾に行きたくなったら、こちら ▼▼▼
楽天トラベルで台湾旅行を探す
「台湾」ツアーを探す|DeNAトラベル
「台湾」ツアーを探す|H.I.S.
台北(台湾)ツアー比較|エイビーロード

ことりっぷ 海外版 台北 (旅行ガイド)
by カエレバ
わくわく台北さんぽ: 食、アート、カルチャー、癒し 台湾の新たな発見をつめこんだイラストガイド
by カエレバ

スポンサーリンク
台湾旅行を初めてするあなたに知っておいてほしいこと 〜気を付けて過ごしたいこと
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね