【トルコ旅行】ロストバゲージ! 自分は大丈夫、ではないんだな…

7fe1f57a38e4ec68f273284938036732_m

10日間のトルコ旅行から無事に帰国いたしました。
えぇ、私たちは無事です。
とっても楽しく過ごしてきましたが、これまでにないけれど、誰にでも起こる経験をいたしました。

ロストバゲージです。

スポンサーリンク

ターンテーブルに名前が回っている!

私たちは4人でスーツケースが大中小3つとボストンバッグが1つの荷物。
一緒にイスタンブールの空港でチェックインしました。

成田空港でターンテーブルに荷物が流れてくるのを待っていると…
荷物よりも先に私の名前が流れているではないか!

次男が見つけてきた。
グレイのコンテナに英文字の名前が1名とカタカナの日本人の名前が3名書かれている。
そのうちの一つが私の名前。

航空会社の係りのところへ行くように書かれている。
何か入れてはいけないものを入れてしまって、叱られちゃうのかなぁ…
スーツケースがぶっ壊れちゃって、中身がみっともなく飛び出しちゃったかなぁ…

ターンテーブルの周りに係りの方は見当たらず、ANAのカウンターに航空会社の係りの男性がいらっしゃった。
行くと、一緒のツアーの女性が話していた。
聞いていると、イスタンブールで積み込まれなかった様子。

私のもそうだろうか?

航空会社の係りの方の話

イスタンブールで積み忘れたようだ。
もしかしたら積み込まれているかもしれないから、最後までターンテーブルを確認してほしい。
と、その航空会社の若い男性は汗だくになりながら説明してくれた。

私が持っていたのは中サイズのスーツケース。
その中サイズのスーツケースはやってきたが、次男の荷物が入っている小サイズのスーツケースは最後まで流れてこなかった。

小サイズのスーツケースが私の名前でチェックインしたわけだ。

イスタンブールに荷物があることが確認された

再度カウンターに行くと、係りの方からイスタンブールの空港に荷物があることが確認できたとのこと。
ご一緒した女性も同じ。
多分、名前が書かれていた4人分が積み残されていたのだと思われる。

機内持ち込みが可能なくらい、小さいスーツケースだから忘れちゃったのかなぁ
Fragileのタグをつけてもらったんだけど、気にかけてくれなかったのかなぁ
などなど、色々と考えちゃった。

夫は世界一周するくらい飛行機に乗っているが、これは初めての経験だ。

丁寧に対応してくださいました

イスタンブールの空港にあることが確認できたので、夕方に到着する便に載せてくれるとのこと。
成田に到着次第、宅配便で送ってくださるそうです。
よその空港に行っていなくて、まだよかった…

ただ、別送品となるので申告の書類を書きます。
航空会社で確認をするために、特徴なども聞かれます。

聞かれた内容

課税対象品は入っているか?
 → お酒、たばこなど入っていません

荷物の形はどのようなものか? (荷物のイラストが描かれているものを見て答える)
 → ハードタイプのスーツケース

色は何色か?
 → 紺色

メーカーなどわかる特徴などはあるか? 
 → 機内持ち込みサイズの小さいもので、上部に大きな凹みがある

住所等連絡先
 → 送付先と、発送の連絡をするため

困ったこと!

荷物の中に長男がレンタルしている海外ルーターのコンセントのプラグが入っていたんです!
出発の直前まで同室だった次男がゲーム機の充電をしていて、コードと一緒にスーツケースに入れてしまったの。
つまり、帰国時にルーターを返却できない!!!

その旨お話すると…
航空会社の担当者がルーターレンタル会社のカウンターで事情を説明してくれることに。
荷物が届いたら女性職員が荷物を開けて返却してくださるそう。

中学生の男子の荷物なので、別に女性でなくても結構です、とお伝えし、ビニール袋にコードに差したまま入っているので取り出してほしいとお願いしました。
そこでスーツケースのカギのタイプを聞かれ、私が紙にカギの暗証番号を書きました。

税関を通る

航空会社の係りの方と一緒に税関を通ります。
別送申告書を提出してくれます。
そこで、「荷物は以上ですか?」といつもの質問をされて、通過です。

ルーターレンタル会社へ

航空会社の係りの方と長男が一緒にルータレンタル会社のカウンターへ行きました。
レンタルされているルーター本体とコード、ケースはあります。

スポンサーリンク

積み残されてしまったこと、夕方の便で届くことを説明していただき、航空会社の方がプラグを返却することで話が付きました。
返却日当日での返却が可能なので、料金等は発生しませんでした。
(追加料金が発生するようだったら、航空会社で払ってほしいとお願いしました)

我が家に到着

当日夜9時頃に、航空会社の女性から荷物の発送が済んだと電話をいただきました。

翌日の午前中に佐川急便で届きましたよ~
おかえりー♪

IMG_2006

”【トルコ旅行】ロストバゲージ! 自分は大丈夫、ではないんだな…” すずめの感想

これは防ぎようがないことだと思うのですが、もしもの時のために備えておかないといけないと痛感しました。

ルーターのケースはかさばるのでスーツケースに入れてしまいがちですが、やはり一式を手元持っていないといけません。
あくまでもお借りしているものなので、責任をもって扱わないといけないわけです。

また、いつ誰にスーツケースを開かれても良いようにパッキングしなくてはいけません。
今回、大きいスーツケースの締まりが悪くなり、途中で開いてしまっても大丈夫なように衣類は袋に入れて、しまいました。
(私は衣類をお土産などの隙間に埋め込んでパッキングをするので、結構むき出しのまま入れてしまうのです)
スーツケースが壊れてしまうケースも、誰かに開けられるケースも考えてパッキングしないといけないですね。

今回は帰国時で、かつ次男のスーツケースにはほぼ洗濯物しか入っていなかったので、不自由しなかったけど、これが旅行中だとその後の生活に支障があるので、それにも備えて手荷物を持たないといけないと思いました。
よく、1日が過ごせるように着替えや身の回りのものを持って飛行機に乗りましょうと言われますが、本当にそうですね。
那覇空港で飛行機の調子が悪く、搭乗口で一晩過ごしたことがあったのですが、スマホや子どものゲーム機の充電がなくなってしまい、時間を過ごすのが苦痛だったことがありました。

自分は大丈夫、ってことは絶対にないんだよね。
旅に慣れてくると、余計に気が緩んでしまいます。
気を付けないといけないと思いました。

トルコ旅行のまとめはこちら

【トルコ旅行】『JTB旅物語 決算祭トルコ直行便10日間』の全行程と各記事へのリンクまとめ
2015年8月、JTB旅物語 決算祭トルコ直行便10日間(基本プラン)に参加しました。 その旅行記の各記事へのリンクのまとめです。 10日間...

▼▼▼ 申込みはこちらから ▼▼▼
今回はJTBの旅物語『決算祭トルコ直行便10日間(基本プラン)』に参加しました。

【JTBの海外ツアー】

海外旅行はいつもこのサイトをチェックしています!

【格安海外ツアー】100%空席保証!!最安値海外旅行はDeNAトラベル

エイビーロード

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうぞ、この記事が良かったらシェアしてくださいませ♡

どうぞ、すずめをフォローしてくださいませ♡