世界遺産登録間近の萩城趾のある指月公園を歩く

20150704hagi24

いよいよ世界遺産に決まるという萩市に行ってきました!
クラブツーリズムの国内旅行『世界遺産登録候補の街・萩と山陰の小京都・津和野2日間の旅』です。

2日目の朝一番に萩城趾へ行きましたよー

スポンサーリンク

石垣と堀の一部が残る萩城

ここ萩城は1604年に毛利氏の居城として築城されたもの。
入口に毛利輝元の像がある。

20150704hagi21

残念ながら明治7(1874)年に建物がすべて解体されてしまった。

現在では石垣と堀の一部が残っている。

20150704hagi15

石垣の大きな石。

20150704hagi32

萩城は日本海に面した三角州に建てられている。
自然のままの堀になっているんだ。

20150704hagi34

海城とも言えるのではないかとも言われている。

堀には鯉が泳ぎ、亀が休み、鳩が水を飲んでいる。

20150704hagi9

萩城の天守閣跡

向こう側の高くなっているところが天守閣の址。

20150704hagi10

登ってみる。

20150704hagi30

堀に囲まれている。

20150704hagi17

建物の土台が残っている。

20150704hagi20

天守閣の上からは萩の街が見下ろせたようだ。

20150704hagi18

多分、その当時のままであろう急な石段。

20150704hagi4

変に整備されていないのが、また良い。

明倫館の前にあった万歳橋と志都岐山神社

明倫館の前にかけられていた花崗岩で造られた中国風の太鼓橋。

20150704hagi12

今では破損の恐れがあるので保護されていて渡れない。

20150704hagi27

その先には萩藩の歴代藩主を祀る志都岐山神社がある。

20150704hagi25

大きな狛犬がある。

20150704hagi22

その狛犬を支えるこの人に、私はツボった(笑)

20150704hagi23

頑張れー!

”世界遺産登録間近! 萩城趾のある指月公園を歩く” すずめの感想

現在では指月公園として市民の憩いの場所になっているこの萩城址。

春には桜が美しいそうだ。
ちょうど紫陽花の頃、公園内や周辺ではきれいな紫陽花を見ることができた。

20150704hagi33

東側の潮入門跡から出ると、海に向かった展望台がある。
優しい海風を受けて見るの景色がとても素敵。

20150704hagi29

ここから見える砂浜は大河ドラマ「花燃ゆ」のシーンにあるそう。
(ごめんなさい、見ていなくて。だから萩に詳しくないんです…)

20150704hagi14

いくつかのお城へ行ったことがあるけど、この萩城址って好き。

20150704hagi28

実はあまりお城に興味を持ったことがなくて、「とりあえず行ってみよう」「ふーん」という程度だった。
(大したお城を見ていないんだと思うけど…)
ここは建物が残っているわけではないが、その時代の空気が流れているよう。

20150704hagi8

とても良い天気だったこともあるし、人が少なかったこともある。
”そのまま”残っている感じがした。

20150704hagi26

スポンサーリンク

静かに時間が流れていて、とても憩える。
またゆっくりと散策したいと思った。

お店の前の萩焼の動物が可愛い。

20150704hagi31

連れて帰りたかったー

>> 萩城|Wikipedia
>> 萩城跡指月公園|ぶらり萩あるき

>> ほかのクラブツーリズムのお話はこちら
>> 他の国内旅行のお話はこちら

▼▼▼ 申込みはこちらから ▼▼▼
クラブツーリズム

⇒⇒ 萩のホテル・宿泊プランはこちらでどうぞ


スポンサーリンク
世界遺産登録間近の萩城趾のある指月公園を歩く
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね