【台湾旅行】台湾でメガネを作ったよ

数年前からちょっと老眼気味で、近眼のメガネの度を下げているのね。
どうせ車も運転しないしー(10年以上のペーパードライバー)って思って。
でも旅行の時は景色をしっかりと見てきたいからコンタクトを使っている。

さらに最近度が合わなくなってきている感じで。
メガネもコンタクトもイマイチ。

なにもわざわざ台湾に行って作ることもないだろうけど、ちょっと暇だったのよ。
で、作ってきました、メガネ。

スポンサーリンク

台北駅にある『OWNDAYS』に行ったよ

行ったのはホテルのすぐ近く。

20150117megane0

台北駅にある『OWNDAYS(オンデーズ)』です。
何も台湾で日本のメガネ屋さんに行くことないんだけど…

うちから行こうと思ったら新宿か池袋だというし。
(後で調べたらもっと近くにお店があった)
行けばランチするか、余計な買い物をするんだろうし、ちょうど暇なんだもん。
いいじゃん、今作ればーって思い、ええぃと決心。

もちろん台湾にはいくつもメガネ屋さんがある。
高級ブランドのメガネを作るつもりはないし(メガネの上に座っちゃったりして、ほとんど消耗品状態だから)、ネットで見ていいなーって思うデザインも見つからなかったし。

なんだかんだ言って、日本のお店のメガネがいいって思っちゃうところは日本人なんだろうな。

お店は台北駅の構内にある『OWNDAYS 微風台北車站店』、微風台北車站1樓G18です。

20150117megane2

北3門出口の脇。

20150117megane8

セブンイレブンの後ろのエスカレーターの前です。

20150117megane1

娘の台湾人のお友だちに案内してもらいました。
さらに一番心配だった「すぐに出来上がるのか?」という質問だけしてもらい、彼らと別れてひとりで何とかすることに!

まずはフレームを選ぶ

まずはフレームを選ぶ。

だいたい決めていたの!
最近はセルフレームを愛用しているんだけど、これねぇ、私のように鼻の低い人は鼻当てを調節できないから、実はとーってもよろしくない。
もちろん、調節ができる金具で付いているものがあるんだけど、zo●fとかJ●NSとかのお手軽なメガネ屋さんにはあんまりないんだよね。

ネットで見てみてお手軽なのに、鼻当てが金具で付いていて、さらに可愛いのがあった!!!

もう、ほぼそれ狙い!

実際に見てみると、他にも良いデザインがあったの。
でも、結局は最初から決めていたデザインで。

色は茶色がいいと思っていたけど、ここは記念に(?)違う色にしてしまおうと思い、紫色のフレームに。

むふふ♡
これにしましたー!

20150117megane5

鼻当ての部分は金具で付いているよー

20150117megane3

ツルの部分が可愛いでしょー♪

20150117megane4

店員さんにお願いします!

データを登録

店員のお兄さんに声をかけると(いや、決めたフレームを持って目を合わせただけ)、カウンターで個人の登録を。
iPadで日本語表記にしてくれて、サクサクと名前や住所や普段メガネなのかコンタクトなのか、などなどを入力。

機械で検眼

機械の前に座るように言われ、検眼。
黙っていても画面上でピントを合わせられて、終了。

さらに詳しく調べる

別の席に勧められて座ります。

ふたつの線のどちらがはっきりと見えるか、
前の画面と後の画面のどちらがはっきりと見えるか、
赤と緑のどちらがはっきりと見えるか、
などなど。

何度も繰り返します。

雑誌の記事のようなのを見て、どんな感じで読むのかを見られます。
要するにどのくらい紙を離して見るのか、老眼のチェックですね。

レンズが決まりました

レンズが決まると、例のビン底メガネみたいなメガネをかけて見ます。

そこでさらに検眼を。
同じ大きさのローマ字が4つ並んでいるのを端から読みます。

立ち歩いてみます。
駅の構内を見て、遠くの文字が良く見えるかどうか。

お支払いをします

レンズの度が決定したらレジのカウンターで控え票を書いてくれます。

お支払いは先にするか後にするか尋ねられて、先に支払い。
クレジットカードで払いました。

出来上がりは20分後!

お茶をするにも時間が少なすぎるじゃないかぁ
ということで、駅構内をうろうろして過ごしました~

受け取ります

カウンターに行ってみると、待ってました!かのような雰囲気。

すると日本人の店員さんがっ!
30分も後だったら日本語で作れたのね…

かけ心地を調節してもらいます。

日本でも調整とかはしてくれるそう。

20150117megane6

使った中国語

私は日本のOWNDAYSではメガネを作ったことがないのですが、手順としてはzo●fやJ●NSと同じ。
ただ、こちらの意思は伝えないといけない。

店員さんは若い男性だったので、英単語を並べて説明してくれることも。
私もそれで返したり。

検査で使ったのはこの単語

一応中国語もちょーっとだけ勉強しているのでなんとか聞きとれるところもあり…(怪しいが)
やりとりをするために伝えるために使った中国語は

「文字がキレイ」 → 「ちんちゅー」
「文字がキレイじゃない」 → 「ぶーちんちゅー」

「同じ」 → 「いーやん」
「違う」 → 「ぶぅいーやん」

「緑」 → 「りゅーさー」
「赤」 → 「ほんさー」

「1」 → 「いー」
「2」 → 「あー」

まぁ、英語で十分な単語ばかりね。

ちょっと困ってしまって使った単語

実はかけてみて、しばらく歩いたりしてみたら、ちょっと度がきついようで頭が痛くなってしまって…
持っているメガネの中にもかけていると頭が痛くなるのがあるので、この点はシビア。
せっかく作ったのに、頭が痛いなんて、辛いもん。

そこで…

頭を指さしてちょっとしぶい顔をして「とうとん」
と伝えた。

お兄さん、すぐにわかってくれて、度を変えることに。
2度ほどそのやり取りをした。
結局ちょっと度がゆるくなったんだろうね、見え方はほんの少し悪くなった感じだけど、頭痛の不快感はなくなった。

ちょっと勘違いしちゃった

お兄さんがね、伝票の
”遠用”
”近用”
の文字をペンでさして、何度も訪ねてくるんだけどね、
遠用は遠視用、近用は近視用だと思っていたの。

ところが、遠用は遠くを見る用、近用は近くを見る用だったんだよねー
それでお兄さんは何度もおかしいと思って聞いてきていたのね。

飛んだ勘違いだったわ~

すずめの感想

とにかくとっても気に入りました!

スターバックスコーヒーで休憩中にも写真撮ってみたりして。

20150117megane7

私はPC用のメガネも持っているので、とにかく外出時のメガネが欲しかったの。
その意味では遠くが良く見えて満足。

老眼はだんだんと進んできているので、このメガネをかけてスマホを操作したり、手元の字を読むときには外さないといけないんだけどね。
これは仕方のないことで。

とにかくセルフレームでありながら鼻当てがフィットしていて、かけ心地が良い。
これが一番のポイント。

言葉は通じなくても台湾の人ってとっても親切でこちらに歩み寄ってくれるから、全く不安もなかった。

日本で作るより高くなっちゃったみたいだけど…
そこは旅の思い出ってことで(笑)

良いお土産、良い経験ができました♪

⇒⇒ OWNDAYS眼鏡

>> 台湾のお話はこちら
>> 2013年夏の台湾旅行のお話はこちら
>> 2014年春の台湾旅行のお話はこちら

別館の台湾旅行のお話もどうぞ
>> 自由が丘主婦の旅行記録|自由が丘主婦の日々、いと楽し別館(仮)

▼▼▼ 購入はこちらから ▼▼▼
メガネのオンデーズ

▼▼▼ 申し込みはこちらから ▼▼▼
【格安海外ツアー】100%空席保証!!最安値海外旅行はDeNAトラベル

スポンサーリンク
【台湾旅行】台湾でメガネを作ったよ
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね