お弁当に便利!卵1つ分のだし巻きたまごを電子レンジでチンで楽チン

高校生の娘はお弁当を持って行きます。
彼女はだし巻きたまごが大好き。
毎日でもイイと言うのです。
こちらとしても、彩りが良いし、結構場所を取ってくれるし、悪くはないんだけど…

スポンサーリンク

卵1つ分のだし巻きたまごを作るのは大変!

なんだよね。
ごく普通の卵焼き用の四角いフライパンでは、卵が足りない。
で、1つ用のフライパンを購入。
それもくっつかないような加工がされている、結構お高いモノを。
まぁ、形はちょうど良くできるんだけどね、
卵焼きって火加減が難しいじゃない?
結局小さなフライパンに向かって、ずーっと向き合っていないといけない印象で。
ちょっと他のことをしていようものなら、焦げてしまったり。

さらに、時間との戦い?のお弁当作り。
いかにして要領よく作るか?が課題。
うちの娘はご飯を持たずにスープを持って行くので、
スープを作るのにコンロを1つ使って煮込み、
メインになるお肉とかのおかずを作り、
サブになるおかずを作り、
で、卵焼きとなると、コンロが足りない!
調理道具も出てくる、出てくる。
いろんな意味でお邪魔なものは排除したいわけ。

さらにさらに、出し巻きたまごは結構水分が多いから形が作りにくい。
だから、テキトーにまとめてしまう。
でも、わざわざ巻きすでなんて巻かない。
結局、だし味の四角いオムレツ状の物体が出来上がるっていうわけ。

とにかく…
だし巻きたまごは思った以上に気を使って作らなくちゃいけない!
そんなことを毎朝寝起きにバタバタとやるのは、ちょっと苦痛だった。

『レンジクッキング だし巻きたまご』を使ったら毎日ラクラク♪

そこで見つけたこの商品。

レンジでチンって、結局あまり当たったことがないんだよね…
(パスタを茹でるとか、野菜の下ごしらえとか、そういうグッズ。
まぁ、失敗してもいいや、って思える値段だったので購入。

やってみたよ。
私、絶賛!!

誰が考えたんだ?

05egg1

白い容器と黄色い容器のダブルです。

まず白い容器に水を大さじ1杯入れます。

05egg2

私はここで、小さじ1杯の白だしと2杯の水を入れます。
(合計で大さじ1杯になるね。
甘いのがお好きな方はここでみりんを入れるようです。

卵投入、混ぜます。

05egg3

スポンサーリンク

ここで注意なのが、この時には『まぜ卵』棒は使っちゃダメよ。
⇒⇒ 生卵がきれいに混ぜられる『まぜ卵』は一家に一本あると便利ね~
ふんわりと仕上がりません。(← 失敗済み

で、レンジに入れて500ワットで40秒。

05egg4

まだまだ端だけが固まった状態です。
これを良く混ぜます。

で、再び500ワット40秒かけます。

すると固まっています。
ちょっと生っぽかったらさらに10秒チンします。
(卵の大きさで異なると思います。

05egg6

全然カッコ良くないです。
が、すぐに黄色の容器を重ねま~す!
重ね方が決まっていて、ロックができるようになっています。
大きめの卵だと、卵の膨らみで抵抗を感じるくらいです。

そして、放置。

火加減調節も必要なく、美しいだし巻きたまごの出来上がり~♪

冷めた頃には巻きすでまいたような形のだし巻きたまごが出来上がるってわけ。

どう?

05egg9

イケるでしょ?

ノンオイルだからヘルシーよ♪

これで毎朝気分良く大好物の出し巻きたまごを作ってあげています!

単純なようで工夫されている商品

◆取っ手がとっても混ぜやすい(笑

外容器にしっかりとした持ち手が付いているので、混ぜる時に持ちやすいんだよね。
1回目のチンの後、容器にくっついた部分をはがすのに、ちょっと力とコツがいるからね。
それに2回目のチンの後は容器が熱くなっているから、この持ち手は大事。

◆容器に作り方が、記載されている

見た目では分からないけれど、外容器に作り方が記載されているのよ。
これね、便利。
箱や説明書って取っておかないし、取っておいてもイザ!っていう時に見つからなかったり。
それで久しぶりに使ってみたものの、上手にできなくてお蔵入り~
ってこと、あるよね?
そんなことがないよ。
夏休みが明けたら、レンジの時間忘れちゃった~なんてことがあっても大丈夫♪

原料樹脂はボリプロピレン
耐熱温度は140度、耐冷温度はマイナス20度。
かなりちゃんとした作りです。

一度作ったら、もう手放せません!
お一人様の朝食にもいいかもね。

05egg10

▼▼▼ 購入はこちらから ▼▼▼

スポンサーリンク
お弁当に便利!卵1つ分のだし巻きたまごを電子レンジでチンで楽チン
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね