モレスキンのクラシックノートブック XL ハードカバー ドット(方眼)をアルバムとして使ってみた

このところモレスキンを度々購入しています。

買う時にちょっと躊躇する、ノートとしては結構いいお値段。
しかし使ってみると、そのお値段なりの使い勝手と、気分の良さを味わうことができます。
すっかりお気に入りに♡

今回はモレスキンのクラッシックノートブックのXLサイズ、ハードカバーのドット(方眼)を買いました。

モレスキン(MOLESKINE)のクラシックノートブック XL ハードカバー ドット(方眼)を見てみよう

やっぱりモレスキンと言ったら黒ですね。

アルバムとして使用すること、今後も冊数が増えていくことなどを考えて、ブラックをセレクト。

特にハードカバーにしたので、高級感がありますね。
ゴムバンドも黒です。

サイズはXL。
一番大きいサイズです。

タテが25cm、横が19cm。
見開きにしてA4サイズ(210×297mm)と比べてみましょう。

かなり大きいです。
でも1ページにA4サイズを納めるのは難しいです。
残念ながらB5サイズ(182×257mm)にもちょっと足りません。

購入の際に考えた方がいいポイントかも。

今回はドット(方眼)にしました。

無地と悩んだのですが、アルバムとして貼り付ける時にドットがガイドとなるだろうと思って、です。

ドットのスパンは5㎜。

ふたつで1cmとなるので、罫線を引いたり、図を描くのにも役に立ちそう。
自作の手帳を作る人にも便利じゃないかな。

栞ひも(グレイ)も

背表紙裏に拡張ポケットも

帯がなんかだか使えそうなのも

他のモレスキン同様です。

モレスキン(MOLESKINE)のクラシックノートブック XL ハードカバー ドット(方眼)をアルバムとして使ってみた

私は曼荼羅を描いています。
作品が増えてきて、その保管に困っていて。

クリアファイルに入れていたのですが、どうもうまくまとまらない。
なぜなら、サイズがバラバラなのです!

小さいものだと5cm四方。
今のところ大きいものだと20㎝四方の正方形です。

カード用のクリアファイルに5cmや7㎝の曼荼羅を入れて、大きいのはA5サイズのファイルに入れて、さらに大きいのはクリアフォルダーに入れていて。
これが不便。

一度に見ることができないし。
撮影したりするのにビニールから出したい時もある。

なんかスッキリしなかったの。

そこで、見つけた!
千年ノートを作る時にフォトコーナーを思い出したの。

懐かしくない?
小さい頃のアルバムはこれで写真を留めていたよね。

一番シンプルなナカバヤシのフォトコーナーを買ったよ。
(ナカバヤシはアルバムメーカーなので品質も間違いないと写真好きの夫も推奨)

それで、曼荼羅の作品を貼り付けていきました。

しっかりと留まるし、必要なら作品を取り外すこともできる。

ページ1枚に1作品。
モレスキンは192ページあるから95作品は貼れる計算。

すごくいいアルバムが出来上がると思わない?

ページの紙は少し薄めですが、画用紙の曼荼羅を貼り付けてもへたることはありません。
また、アイボリーの色が目にやさしく作品を引き立たせてくれます。

やっぱりドットにしてよかった。
貼りつけるときの位置をとりやすいです。
でも、横罫に比べたら全然目立たない。

これで作品集が出来上がり、とっても気分がよくなりました♡

”モレスキンのクラシックノートブック XL ハードカバー ドット(方眼)をアルバムとして使ってみた” すずめの感想

曼荼羅は作品によってはラインストーンを貼っているものがあり、ボコボコのページもできちゃっているの。

紙に凹みができちゃいそうだけど、そこは気にしない。

そして、閉じた時に厚みができちゃうのよね。

でも、ハードカバーだからきちんと守られるし、
ゴムバンドを留めれば大丈夫。

なんか、しっかりとモレスキンを使いこなしている人のモレスキンって感じがして、それも気持ちがいいんだよねー。

ハードカバーでカッコいいスクラップブックってあまりないので、今後も何かあったらスクラップブックとして使ってみようと思ったわ。

(さらに大きいサイズは額装するか、別途大きいスケッチブックにまとめようと思います)

やっぱり多くの人に愛され続けているだけのことがあると、痛感しました。

>> ほかのモレスキンのお話はこちら

▼▼▼ 購入はこちらから ▼▼▼
⇒⇒ Amazonで「モレスキン XLサイズ」を探す
⇒⇒ 楽天市場で「モレスキン XLサイズ」を探す

⇒⇒ Amazonで「モレスキン ドット(方眼)」を探す
⇒⇒ 楽天市場で「モレスキン ドット(方眼)」を探す

スポンサーリンク
お買いもの曼荼羅
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
この記事をシェアする
このブログ「日々、いと楽し。」をフォローする
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログ