リゲッタ(Re:getA)は足のトラブルに悩む人にお勧め! 秋冬シーズンにお勧めの靴をご紹介

20160924regeta14

モートン病の手術をして、モートン病の痛みはないものの、靴によっては足が痛くなります。
どんな靴でも履けるわけではなくて。

この夏は今まで気に入っていたサンダルが履けなくなってしまったために、頼りにしたのはリゲッタ。
「リゲッタ」って、なんだか変な名前だけど、こんな深くて、足に悩みがある人には有り難い由来があるのです。

足の悩みを抱える女性たち、普段は気を張っておしゃれな靴を履いている女性たちの休“足”場所でありたい…。
そんな思いが込められ、履き心地と歩きやすさを追求したブランドがこの「Re:getA(リゲッタ)」です。

「指先に少し力を入れるだけで、蹴り出す力をサポート」や「つまづきにくい」など、日本の下駄の歩きやすい構造に、ドイツ靴の機能性やイタリア靴の洗練されたデザイン性を融合させ、「GETA(下駄)」を「Re:(もう一度)」という発想から「Re:getA(リゲッタ)」と名づけられました。

20160924regeta13

洋風な名前だけど日本製。
それも大阪。
Made in Osakaなのです。

このたび、秋冬に履きたいリゲッタ靴を見てきました!

スポンサーリンク

リゲッタ(Re:getA) グラマラス ロングブーツ

私が一番気になっていたのはロングブーツ。
やっぱり冬のファッションにはブーツが欠かせない。
だけど、なかなか長時間安心して歩けるブーツってないんだよね。

リゲッタグラマラスロングブーツはシンプルなデザインで、どのようなテイストのファッションにも合わせやすい。
そして、ベーシックな色。

20160924regeta3

ブラックの表面はスムース。
ベージュとダークブラウンの表面はベロア。

洒落ている!
合成皮革ですが、スムースの光沢やベロアの毛足などは高級な革っぽく見えるよ。

20160924regeta5

ふくらはぎが太い私でも履けました♪
履き口周りサイズ(内寸)はS:約 30 cm、M:約 32 cm、L:約 34 cm、LL:約 36 cm。
ふくらはぎサイズ(内寸)はS:約 28 cm、M:約 30 cm、L:約 32 cm、LL:約 34 cm。

いい感じのストレッチが効いているし、柔らかい素材なので窮屈感がないです。
合皮のブーツって、ビニールっぽくて硬い感じのものがあるでしょ?

ヒール高さは7.5cm。
脚をきれいに見せるのに最適なヒールの高さが7.5cm。

20160924regeta6

だけど、高さを感じません。
それがリゲッタの魅力的なところ。

歩きやすいローリング歩行ができるヒールと、履きやすいルーペインソールのために、ヒールが高くても安定感があるんだよね。

20160924regeta7

ヒール高のあるリゲッタのサンダルを履いた時に、「ヒールの靴が履ける! たくさん歩ける!」って思ったもの。

モートン病手術後でも履けるヒールサンダル 可愛くてきちんと感もあるリゲッタカヌー シースルーレース ストラップサンダル
モートン病の手術を受けて、まだ足の傷が痛い頃。 夏だったので傷に当たらず、足にも優しくて歩きやすいサンダルが欲しかった。 ...

その安定感でブーツも履けるのは嬉しすぎるのよね。

20160924regeta2

つま先に入れるサイズ調節用アジャスターが4枚付いてくるのも有り難い。
リゲッタはサイズに幅がある(S:22.0~22.5cm、M:23.0~23.5cm、L:24.0~24.5cm、LL:25.0~25.5cm)ので、このアジャスターを入れて調節できるんだ。
よりフィットした状態で履けるのが嬉しいわね。

リゲッタ(Re:getA) ローファー・ドライビングシューズ

毎日履きたい、ローファー・ドライビングシューズ。
リゲッタ公式サイトで売り上げNo.1。

20160924regeta14

意外とローファーやドライビングシューズって細身のものが多く、横幅が狭い靴が苦手なモートン病では辛いことがあるんだよね。
なぜなら、履き込みが深く、甲の部分が包まれているから。
狭い靴は窮屈に感じることがある。

しかし!
リゲッタのローファー・ドライビングシューズは見てわかるように、スクエア型の足の形の人でも良さそうな、幅広タイプ。

20160924regeta10

一番締め付けたくない部分が一番広くなっているんだ。
これはモートン病に限らず、外反母趾や外反小趾さんにも良いのでは。

また、靴下をたくさん履く冷え取りさんにもよろしいかと。
ナチュラル系の洋服にも合うコロンとしたフォルムなので、おしゃれできるよね。

かかとが深いから歩くときに安心感がある。

20160924regeta12

そのかかと部分は踏んだ状態でも履けるので、ちょっとつっかけて履くこともできるし、着脱が多いシーンでも助かるわね。

素材は蒸れにくく、空気は通すのに水を通さないエアフィという生地を使っているのだそう。
ソールはすべりにくいパターンになっている。

そうなの、足のトラブルを持っているのって、雨の日に安心して履ける靴がないのよね。
これなら、天候やシチュエーションを気にせずに、ガンガン歩けること間違いなし。

スポンサーリンク

色のバリエーションも合わせやすい色ばかりで。悩んでしまう。
オレンジ、ブラック、オーク、カーキ、アイボリー、レッドブラウン、キャメル、ブラウンの8色。

20160924regeta11

どんどん歩ける!と大好評なのだそう。
サイズ交換無料サービスもあるので、初めてのリゲッタとして買ってみて、履きやすさを実感するのにお勧め♪

メンズもあります。

リゲッタ(Re:getA) グラマラス パンプス

ブーツと同じ7.5cmヒールのパンプス。
とってもおしゃれ。

20160924regeta8

リゲッタのグラマラスシリーズはこれから始まったのだそう。
今ではおしゃれな方々に支持されている。

俗に足のことを考えているというコンフォートシューズというのは、おしゃれなデザインや色がない。
ぶっちゃけて言うと、お年寄りの靴、みたいなデザインのものが多かったんだ。
色だって、黒か茶色しかなくて。

こと、パンプスとなると、遊び心のあるようなものがなかったんだ。

20160924regeta9

ワイズは3Eということで、まぁ、がっつりと広いわけではないんだけど。
これがルーペインソールによっていい感じで足が収まるの。
土踏まずの隙間を埋めるようなアーチサポートや中足骨サポートのおかげで、ヒールが高くても前にずれていく感じがなく、狭さを感じさせないわけ。

足の裏全体がしっかりと使えるので、どこか痛いところがあっても圧力が分散されるので歩きやすく、足にトラブルがある人にお勧めなわけ。

色は全部で14色。
ミントグリーン、シャンパンピンク、ヌーディベージュ、シルキーグレイ、チェリーピンク、パールブラック、ノーブルレッド、シェルホワイト、ブルージーン、クリスタルシルバー、ネイビーブルー、ノーブルブラックk、モカブラウン、シャンパンゴールド。

20160924regeta1

このスエード調にスタッズのタイプは可愛すぎるじゃないか!

つま先側に入れてサイズ調整をするアジャスターが4枚付いています。

”リゲッタ(Re:getA)は足のトラブルに悩む人にお勧め! 秋冬シーズンにお勧めの靴をご紹介” すずめの感想

手術後の普段履きとして選んだのがリゲッタ。
とても履き心地が良くて、傷は痛いのに、どんどん歩けそうな気がして、手術後早々にこれを履いて台湾旅行に行ってしまったわ。

履き心地はそのままで、おしゃれなブーツがねらい目かな。

20160924regeta4

サイトには上手なサイズの選び方も載っています。

>> モートン病手術後でも痛くなく履ける靴のお話はこちら。

【モートン病】足が痛くなる靴を処分したよ (モートン病手術後でも痛くない靴)
明日、業者さんが来て、玄関クローゼットの中で作業することに。 夜になってから思い切って靴を整理しました。 残念ながら”さような...

>> ほかの靴のお話はこちら
>> ほかのモートン病のお話はこちら

▼▼▼ 購入はこちらから ▼▼▼
【送料無料】リゲッタ(Re: getA) グラマラス ロングブーツ 【ブラック】【今なら送料無料!】 レディース

リゲッタ(Re:getA) ローファー・ドライビングシューズ レディース
Re:getA(リゲッタ)

リゲッタ(Re:getA) グラマラス パンプス
Re:getA(リゲッタ)

スポンサーリンク
リゲッタ(Re:getA)は足のトラブルに悩む人にお勧め! 秋冬シーズンにお勧めの靴をご紹介
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね