舌磨きブラシ『ダブルワンネクスト』で「おえっ」ってならない舌磨きをしてみる

20150721shitaburashi9

かつてアロマテラピーにハマっていた頃、まだまだメジャーではなかったアーユルヴェーダにも興味があった。
なかなか決まりごとが多くて、いいと思っても実践できなかったんだよね。
そもそも体質診断もちゃんとできなかった感じで…

一番印象に残っているのが舌磨きだった。

スポンサーリンク

舌を磨くということ

アーユルヴェーダでは寝ている間に皮膚や口の中に体内の老廃物や、前日食べたものが消化しきれなかった未消化物が舌の苔になると言われる。
この舌の汚れが呼吸を邪魔し、口臭の原因になるのだそう。

「口臭が気になるなら舌を磨く」というのはそういうわけなのね。

そこで朝起きて舌を磨きましょうと。

94470497d3e17f0070100e513d80345f_s

アーユルヴェーダでは金属の板をU字に丸めたもの、タンスクレーパーというもので舌の汚れをそぎ落とす感じだ。
歯磨きのついでに歯ブラシで磨いちゃえって思いがちだけど、ブラシで舌の表面を傷つけたり、逆に舌の苔をこすりつけてしまうことにもなるのだそう。

はっきり言って、銅製のタンスクレーパーを買うまででもないと思って、歯ブラシでごしごししていたことがある。
ダメだって、それじゃ!

舌磨きブラシ『W-1 ダブルワンネクスト』を使ってみた

この度、こだわり商品研究所さまより舌磨きブラシ W-1 ダブルワンネクストをモニターさせていただきました。

これ、普通に歯ブラシの先が舌磨き用のブラシになっている印象。

20150721shitaburashi13

ブラシの部分は極細ナイロン素材で、ループ状にランダムに編まれている。
歯ブラシに比べると先端が丸くなっているのでいくらかあたりが優しい。
思った以上に柔らかいよ。
ループ状になっているので、舌の上をやさしくこするだけで、汚れを優しくからめとってくれるというわけ。

20150721shitaburashi5

舌の表面だけではなく裏も側面も磨きやすいような形になっている。

20150721shitaburashi3

グリップも持ちやすいようになっている。

20150721shitaburashi2

ふむふむ…
ちゃんと舌磨き用に工夫されているんだ。

20150721shitaburashi11

口に入れてみましょう

これ以上大きいと「おえっ」ってしちゃいそうな、ほどほどの大きさ。

20150721shitaburashi7

スポンサーリンク

歯磨き粉はつけちゃいけないよ。
ザラっとした表面で、スポンジで洗っている感じがする。

汚れが取れた!

およよ!
汚れが取れました~

20150721shitaburashi8

って、私の舌ってこんなに汚かったの?
と嬉しいような、ショックなような…

そうだ、思い出した。
この前にチョコレートアイスを食べていたんだ(笑)
色素の強いものを食べると舌に色がつくよね?
あれがブラッシングでちゃんと取れたって言うことだ。

”舌磨きブラシ『ダブルワンネクスト』で「おえっ」ってならない舌磨きをしてみる” すずめの感想

この舌磨きブラシ W-1 ダブルワンネクストは歯ブラシと同じ棒状なので、歯ブラシ立てに立てておける。
使用した後は水洗いして、立てて乾燥させられるから清潔に保てるのがうれしい。
気になるようなら熱湯で消毒もできちゃう。

20150721shitaburashi10

タンスクレーパーでは舌の上の表面しかきれいにできないけど、舌磨きブラシ W-1 ダブルワンネクストなら、側面や裏側もブラッシングできる。
初めて側面や裏をこすってみた。
舌の側面って、すっごくくすぐったかったよー
初めての感触だった(笑)
ちょっと病みつきになりそう。

20150721shitaburashi1

私の歯ブラシの隣に立てておいたら、娘が見つけた。
「使ってもいい?」て聞いてきたけど、いやいや、私のものです、使わせません!

舌のお掃除が口臭に良いと言われるのがかなりポピュラーになってきているんですね。
口臭だけではなくて、お口の中の健康も保てる。

我が家では全員分の歯ブラシとセットに置かれることになりそうよ。

>> オーラルケアの他のお話はこちら
>> こだわり商品研究所の他のお話はこちら

▼▼▼ 購入はこちらから ▼▼▼
⇒⇒ ダブルワンネクスト_300

こだわり商品研究所

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうぞ、この記事が良かったらシェアしてくださいませ♡

どうぞ、すずめをフォローしてくださいませ♡