cocoal(ココアル)のフォトブックの大きさと見開きの美しさを実感!

20150515cocoal7

このところ、夫と世界遺産を見に行く旅をとしております、すずめです。
バシバシと写真を撮るのですが、結局いつまでもSDカードの中に入れっぱなしで、せっかくの景色が日の目を見ません。

この度、cocoal(ココアル)フォトブックのモニターをさせていただきました。
そこで昨年の12月に行ったベトナム旅行の思い出のアルバムを作りましたよ。
>> 2014年冬のベトナム旅行のお話はこちら

スポンサーリンク

cocoalフォトブックワイドのワイドサイズに驚いた

20150515cocoal10

cocoalの自慢はワイドサイズのフォトブック
他社製品にはこんなに大きいサイズのものはない。

以前、イベントで見せていただいたのは、赤ちゃんの写真だった。
>> 等身大の赤ちゃんの写真をフォトアルバムにして母の日に贈ろう

これは、上手くすると等身大のサイズで作れちゃうんだよね。

06cocoal2

もしも孫が出来たときには、このフォトブックを作るつもりで写真を撮りたいと思っているくらい(笑)

サイズはタテ21㎝に対して、横が28㎝。
おおよそ、A4のサイズと同じ。

20150515cocoal5

これを開くと…

ほら、新聞紙と同じサイズになるんだよ!

20150515cocoal4

広がりのある景色にしてもいい。
躍動感があるシーンでもいい。
臨場感あふれる写真を見ることができるよね。

20150515cocoal3

見開きにしたときのページの境目が美しい

このcocoalは糸かがり製本。

一般的なフォトブックよりも厚い表紙。

20150515cocoal8

厚さが1.5倍になるものもあるらしい。
高級な絵本のようだ。
厚手の表紙で丁寧に製本されているのがわかる。

そして厚手の紙で印刷しているので、紙にハリがあり、きれいに開く。

20150515cocoal2

スポンサーリンク

大きいから見開き写真の迫力が違うよー
って言っていても、見開きの境目の部分がきちんと開かなくて、見えないのは残念だ。
それに、境目がきれいに印刷されていないとがっかりするよね。

そのあたり、心配していたのよ。

実際に作ってみてみると…

20150515cocoal13

ぐちゃぐちゃ感のあるこの市場の写真。
ページの境目の部分は、バッチリとつながっているとは言い切れないけれど、とっても自然に見ることができる。

これ、実際の製本ではとても難しいんじゃないのかな。
見開きで写真を配置できると、ページにいろんなバリエーションが広がって、面白いフォトブックになるよ。

”cocoal(ココアル)のフォトブックの大きさと見開きの美しさを実感!” すずめの感想

フォトブック、いろんな種類があるよね。
何を重視して選ぶか?
”大きさが大きいこと”と”見開きの美しさ”。
大きなポイントになるんじゃない?

このcocoalはそれだけじゃない。

光って見にくいと感じたり、指の跡が残りやすいある光沢紙ではなくて、光沢紙の良さは残しつつ、落ち着きがある半光沢紙を使っている。

20150515cocoal11

一般的な印刷よりも多い6色印刷をしているので、微妙な色もバッチリと再現出来るのって、すごい。
赤ちゃんの肌の色も、美しい景気の色もきれいに印刷ができるんだよね。

フォトブックを作るときには、表向きの値段だけではなくて色々なポイントを見比べて、コスパ良く作りたいよね。
せっかくの思い出だから。

20150515cocoal1

これから、運動会シーズン、お子さんの活躍をアルバムにしておじいちゃんおばあちゃんに差し上げるのもいい。
夏休みの旅行の思い出を一つにまとめてもいい。
コメントも残せるので、最高の思い出の残し方になるね。

今回のcocoalのモニターで迫力ある大きさと見開き写真の境目の美しさを実感させてもらいました!
素敵なフォトブックができて、大満足です♪

20150515cocoal12

▼▼▼ 購入はこちらから ▼▼▼
フォトブック作成サービス cocoal(ココアル)

Just MyShop(ジャストシステム)


スポンサーリンク
cocoal(ココアル)のフォトブックの大きさと見開きの美しさを実感!
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね