クロックス(crocs)の室内履きを待っていた! 『crocslodge slipper(クロックスロッジ スリッパ)』

クロックスの室内履きをモニターさせていただきました!

スポンサーリンク

クロックスの室内履き、つまりスリッパを待ち望んでいた!

クロックスのクロッグって、夏のカジュアルにはもちろんだけど室内でスリッパの代わりに履く人が多いんだよね。

私たちがよく見かけるのでは、お医者さまね。

そうそう、息子が通っている鍼灸院の先生や整形外科の理学療法士の先生も履いていた。

学校の先生も履いていたなぁ

ママでも学校の上履きにしている人がいたわ。

結構いる、いる!

脱ぎ着が楽ちんだし、長時間履いていても楽ってことね。

歩きやすいのもあるけど、足への圧迫感がなくて、むくんできてもキツくないじゃない?

その状況や声はちゃーんとクロックスさまに届いていて、この度『crocslodge slipper(クロックスロッジ スリッパ)』が発売されたのぉ!

そうやって対応してくださるところも素敵♪

 『crocslodge slipper(クロックスロッジ スリッパ)』はクロッグとはどこが違うの?

こちら、うちにも家族全員分あるクロックスと言ったらコレと言っても過言ではない『クロッグ』ですね。

フォルムの違い

これが我が家で一番新しい次男のクロッグ。

20141024crocs19.jpg

シミがついてしまってちょっと汚らしいけど、そんなことも気にせずにガンガン履けるところも良いところ!

こちらが『crocslodge slipper(クロックスロッジ スリッパ)』です。

(以下、グレイはクロッグ、黒はクロックスロッジ スリッパの画像です)

20141024crocs13.jpg

型は一緒ですね。

違うのはかかとの部分に引っかけるストラップがないこと。

20141024crocs21.jpg

そして、クロックスロッジ スリッパの方がかかとが少し高く感じること!

20141024crocs18.jpg

20141024crocs9.jpg

これはインソールの素材のせいもあるのですが、これでホールド感が得られるよね。

インソールの違い

これがすごいね!

クロスライト一体型のクロッグとの違いがここよ。

あくまでもスリッパですから!

20141024crocs25

インソールは起毛のフェルト生地!

なんとなくパイルっぽい風合いで、気持ちいいのよ。

これがね、クロスライトだったら、例えば冬はひんやりとしてしまうし、夏は汗でペタペタするだろうし、お風呂上がりにはすっきりしないだろう。

このパイル地が裸足でも靴下でも、それにクロッグでは履かないであろうストッキングやタイツでも快適に履けるわけね。

それに、ふわふわのクッションを内蔵。

20141024crocs16.jpg

踏むたびにふわっ、ふわっっとしてね。

クロッグの硬い感触を思っていると、別の靴を履いているような感じがする。

インソールのワニのマークはプリントになっています。

20141024crocs6.jpg

これもポイントになって可愛い♪

アウトソールの違い

クロッグはクロスライトの一体型で、そのまま靴底型になっている。

実は夫が仕事先で室内履きにしたことがあるんだけど、これだとビルの中などでせわしなく動いているとパタパタ音がするって言うの。

ほら、街中なら気にならないけど、仕事先では騒音になりかねなくて、かえって気を使って歩いていたら足が痛くなったりしかねないでしょ。

そこで、室内履き!

クロックスがスリッパを作るとこうなるのかー!って感心したわぁ

20141024crocs10.jpg

フェルトなんだけど、このポチポチがイケているんだ。

フェルトのアウトソールのスリッパはあるけど、機能性も考えてるんだよねー

20141024crocs12.jpg

いや、最初はグリップ感が強すぎて、ちょっとつんのめってしまうくらいよ。

スポンサーリンク

でもね、家の中って思ったよりも動きが激しかったりするんだよね。

特に階段を駆け上らざるを得ない時ってあるじゃない? 母親って。

そんな時でも滑ることがないし。

物を持って移動するにも安心。

ということは子どもにも安心で。

うちはスリッパを履いて階段の上り下りをさせていなくて、上は上のスリッパ、下は下のスリッパにしていてね。

でもさ、階段が寒いって言われたことがあるのよ。

(次男は男のこのくせに足が冷える)

サイズが合うならお子様にも是非って思います!

色が可愛い

クロックスカラーだから元気になれる!

私がモニターさせていただいているのは黒blackなのですが、ブルーがポイントカラーになっていてね。

ワニのマークも。

20141024crocs7.jpg

サイドを見るとステッチとアウトソールでこんなに可愛いし。

20141024crocs8.jpg

アウトソールも。

20141024crocs11.jpg

このステッチが可愛いじゃないかー

『crocslodge slipper(クロックスロッジ スリッパ)』を履いてみたよ

秋も深まりつつあり、冷えとり靴下を履き始めました。

冷えとり靴下を履くと、足がもっこりとしてしまうので、ごく一般的なスリッパは履けなくなるのよね。

でも、このクロックスロッジ スリッパはクロッグ同様、ゆとりがたっぷりある「ゆったりタイプ」。

20141024crocs14.jpg

ほらほら、足首がなくなっちゃうくらい靴下履いても、楽々履けるわけー

20141024crocs15.jpg

これは手放せないぞ。

履きやすいし、滑らないし、言うことなしです。
(22.5cmの足でM4/W6を着用)

『crocslodge slipper(black)』のカラーラインナップ

私のはベーシックカラーの黒blackですが、他にも色があります。

20141024crocs2.jpg

見せていただいたのは茶色espresso、紺navy、赤redの4色。

これを裏返すと…

20141024crocs3.jpg

本体の色がわからないくらいな元気カラー。

(左から黒、茶色、紺、赤)

このお洒落感がステキ♪

さらに、深緑evergreenとピンクpink lemonadeが購入できます

家族全員でパーソナルカラーで揃えても良いわね。

”クロックス(crocs)の室内履きを待っていた! 『crocslodge slipper(クロックスロッジ スリッパ)』” すずめの感想

もちろんアッパーの部分はクロスライトで、水に強くて汚れも拭くだけで良いのね。

クロッグ同様ホールがあるので、ジビッツをつけて楽しんでも良いかもー

20141024crocs1.jpg

さて、私のスリッパがそろそろ寿命っぽいので、ちょうど良いタイミングでのモニターでした。

ところが、このクロックスロッジ スリッパを家族に見せびらかしたところ、どうも取られそうな予感…

えぇ、見せびらかすからいけないんですけどね、そのくらい良いってことですよ。

長持ちするとのことでお値段以上ではないかと。

待ち望んでいた方も多いようだし、その良さはオンラインショップのレビューでの皆さんの評価の良さにも表れています!

購入はこちら
⇒⇒ 【クロックス公式】 クロックスロッジ スリッパ – crocs Crocslodge Slipper

⇒⇒ クロックス公式オンラインショップ
クロックス オンラインショップ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうぞ、この記事が良かったらシェアしてくださいませ♡

どうぞ、すずめをフォローしてくださいませ♡