クロックスの新素材のバッグは『wrap ColorLite bag(ラップ カラーライト バッグ)』はレザーの質感、羽の軽さのトート

バッグ大好きすずめです。

現在バッグ購入自粛中。

なぜって、春夏に買いすぎてしまったから(笑)

ところが!

これは欲しい…

と悩ませるバッグに出会いました。

それがクロックスの『wrap ColorLite bag(ラップ カラーライト バッグ)』です。

スポンサーリンク

クロックスのバッグってどうなの?

クロックスと言えばあのカラフルなサンダルが有名。

その素材『クロスライト』を使ったバッグというのはこれまでもあったんです。

でもね、カラフルなのはいいけど、ちょっと硬いんだよね。

だから、バケツみたいなバッグしかできない。

結局キッズ向けにしかならなくて。

またそんな感じなのだろう、と思っていたらこーんなに素敵なバッグができたのですよ!

新素材『カラーライト』がかなりすごい!

これまでの『クロスライト』から誕生した新素材『カラーライト』はクロックス社でも革新的なんですって。

なにがすごいって、樹脂から作っているのにマットレザーの質感があるのよ。

いかにもビニール、いかにも樹脂、って感じがないの。

だから大人のバッグができたわけ!

革のような質感

マットレザーの質感は触った感じでもわかるのよ。

裏側はこんな感じ。

20141022crocs12.jpg

屈曲性・柔軟性

折り紙のように柔らかいのね。

20141022crocs19.jpg

普通に布を裁断するように加工が出来て、色々な形を作り出せるの。

靴の場合は足の形にフィットさせることができ、履き心地がよくなるわけ。

20141022crocs18.jpg

優れた発色

『クロスライト』と同様に鮮やかな色から、シックな色まで、多くの色を実現できるのね。

20141022crocs17.jpg

加工の多様性

これまでのバケツ状のバッグではなくて、柔らかいフォルムのバッグもできるということ。

靴の形もしなやかなデザインにすることができるよね。

防水性

『クロスライト』の長所である、防水性はそのまま。

しっかり防水できる靴やバッグは雨の日にテンションを下げずにいられるので、重要。

軽量性

そして、当然軽いです。

これだけ大きなバッグにしてもとーっても軽い。

大きいからちょっと重量感を感じるだろうと思って手に取ったら、あっけないくらい軽かったりして。

なんだろ、「いいのかな、こんなに軽くて」って感じ。

『wrap ColorLite bag(ラップ カラーライト バッグ)』を持ってみたよ

かなり大きめサイズのトートバッグです。

ちびっ子すずめが持ってみました。

私が好きなのは肩にかける持ち方。

20141022crocs1.jpg

そして、俗に言うオネエがけ。

20141022crocs2.jpg

軽いので肩が凝ることもない。

持ち手の長さは肩にかけるにはちょうど良いかも。

手に提げた場合は、ちびっ子だと床に付きそうな感じがしてしちゃうかなー。

それは縦型のトートバッグにはあることだし、大きいから荷物をたくさん入れたらやっぱり肩にかけるなぁ

20141022crocs16.jpg

wrap ColorLite bag(ラップ カラーライト バッグ)を細かく見てみましょう

クロックスらしさ

合成皮革の持ち手。

20141022crocs11.jpg

ここにクロックスの文字が、さりげなく。

20141022crocs20.jpg

底の部分は『クロスライト』で、しっかりと作られてます。

20141022crocs7.jpg

継ぎ目はしっかりとステッチされています。

20141022crocs14.jpg

形が崩れない。

それに汚れや傷にも強いですね。

底の鋲のかわりにポチっと出っ張りがあります。

スポンサーリンク

20141022crocs8.jpg

そしてここにもクロックスロゴ!

20141022crocs9.jpg

使いやすさ

開口部はマグネットがひとつ。

20141022crocs4.jpg

ガシッとかなり強力にくっつきます。

20141022crocs10.jpg

内側にはポケットがひとつ。

20141022crocs5.jpg

サイズ

おおよそのサイズは高さが47.5cm、幅が30cm。

オンラインショップにはマチのサイズが載っていません。

いかがでしょう、ほぼ日手帳を入れてみました。

20141022crocs3.jpg

寝かせて入れてぴったりくらいでしょうか。

私のほぼ日手帳を計ってみたところ、ペンも入れて13cmくらいです。

さらにA4クリアファイルを入れてみましょう。

20141022crocs22.jpg

縦に入りますが、マグネットにかぶってしまうんです。

強力なマグネットなので、ファイルを挟んで留るかもしれないけど。

はみ出してはいないので、余裕で使えます。

分厚いファイルでも大丈夫そうだよね。

横にも入ります。

20141022crocs23.jpg

外から見た大きさはこんな感じ。

20141022crocs21.jpg

『wrap ColorLite bag(ラップ カラーライト バッグ)』の色は3色

私が持ったベージュのtumbleweedの他に全部で3色。

持ち手の部分は全て茶色い合成皮革。

トラディショナルなタイプのトートバッグなので、赤pepperも可愛い!

20141022crocs20.jpg

他に青cerulean blueもあります。

”クロックスの新素材のバッグは『wrap ColorLite bag(ラップ カラーライト バッグ)』はレザーの質感、羽の軽さのトート” すずめの感想

お手入れは水で濡らした布で拭くだけ。

アルコールが入っているウエットティッシュはNGよ。

A4サイズが入るので、男性に持ってもらってもきっと使いやすいと思います。

パソコンや書類、新聞、雑誌もラクラク入るし。

通勤や通学に最適だけど、私だったらマザーズバッグとしても使うかも。

あっ、その必要はないけどね。

しっかりと自立するので、いろんな荷物を入れていても出し入れしやすいと思うのよね。

ポケットが一つで、高さがあって、内部がとっても広いので気になる方はバッグインバッグを使った方が良いかも。

私はなんでもポンポンと突っ込んでしまうので、このくらい大きい方が潔く突っ込めて、探すのも楽チンだからね、きちんと整理しないと思うけど(笑)

荷物の量が少なくても、いろんな形の荷物を入れても、形が崩れないのも良いところ。

レザーのような質感、羽のような軽さ。

大人が持ちたい、素敵なトートバッグでした!

購入はこちら
⇒⇒ 【クロックス公式】 ラップ カラーライト バッグ – crocs wrap ColorLite bag

⇒⇒ クロックス公式オンラインショップ
クロックス オンラインショップ


スポンサーリンク
クロックスの新素材のバッグは『wrap ColorLite bag(ラップ カラーライト バッグ)』はレザーの質感、羽の軽さのトート
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね