アマゾン(Amazon)のギフト包装と夜中のチャットの話

アマゾンといえば、私はプライム会員なのでとにかく速い!という印象。

なので、工場から機械的に配送されているイメージしかないのですが、思っていたよりも人間味を感じる出来事がありました。

スポンサーリンク

誕生日プレゼントをいただきました

先日の誕生日、ひっそりと過ごしていたのですが、夜になってキティさんからのおめでとうメッセが。

そこでプレゼントをくださるとのこと、有り難くAmazonの欲しいものリストでおねだり。

とてもお得になっている商品があったので、いくつかリストアップはしたものの、完璧に指定してしまいました。

Amazonのギフト包装ってどうなの?

って思っていたの。

なんとなくAmazonって機械的で無機質なイメージがあって、ギフト包装も適当なんじゃないかなぁって。

遠く離れた方、滅多に会えない方など、Amazonで贈り物をしようかなぁと思っても、先方に良い感じで送られるのか心配だったわけ。

オシャレな包装だった!

届いたのはこれ。

20140924facecrie31.jpg

ワインレッドの袋にゴールドっぽいリボン。

巾着袋になっています。

20140924facecrie3.jpg

でね、私が感心したのはきちんとギャザーが寄せられて、丁寧にリボンが結んであるところ!

20140924facecrie2.jpg

これは人の手によるものだろう。

機械的だと思っていたので、なんだか温かさを感じてしまったわ。

メッセージカートがついている

申し込み時にメッセージを入力すると、カードに印刷されてプレゼントにつけて下さるんですね。

20140924facecrie34.jpg

これも、嬉しい♪

どうもありがとう!

夜中にカスタマーサービスとチャットをしました

これまでAmazonとのやりとりはメールだったのですが、電話かチャットで行うようになりました。

メールチェックを夜中にして、注文が完了できていないことに気づき、ヤバッって思ってなんとかしようとしたら、カスタマーサービスに連絡を取るようにってなってね。

スポンサーリンク

電話でもチャットでも24時間対応らしく、さすがに深夜に家族が寝ているところで電話をするのもどうかと思い、チャットをセレクト。

1分以内に接続できるとのことでドキドキしながら待つ。

0f2890d83857f2d3e50d317c4ef807c2_s

チャットは確かにキータイプに慣れている人ではないと辛いかもしれませんね。

でも、待っていてくださるので、じっくりと考えたり調べたりする時間があるんです。

そういう面では電話よりもこちらも落ち着いて対応できるかもしれません。

担当は小山さんと言う方。男性なのか女性なのかわからなかったけど、感じの良い対応。

「ちょっと調べてみますね」とか「あっ、お客様、お待ちください! 今できそうです!」なんて、画面上だけどそんな風に声をかけられたりして。

深夜に一人でパソコンに向かっているんだけど、なんとなく誰かと繋がっている感じが悪くなかった。

これももっと機械的な対応だと思っていたので、温かい気持ちになれました。

”アマゾン(Amazon)のギフト包装と夜中のチャットの話” 感想

直接顔を見てプレゼントが出来ない分、センスの良いラッピングは嬉しいもの。

正直言ってもっと適当なのかと思っていたので、人の手が加わっていたのが温かみが感じられて良かったです。

こういうのって、実際に自分が受け取ってみないとわからないものですね…

是非機会があったらギフトで利用したいと思いました。

20140924facecrie32.jpg

カスタマーサービスはできればお世話になりたくないところですね。

でも、「速い」のを求めて注文したのに問題が生じた時にメールでのやり取りでは、本当に欲しいものを欲しい時に受け取れません。

年中無休24時間対応なのが良いですね。

ちなみに電話の場合は注文番号などを用意しておく必要がありますが、チャットだとアカウントサービスから該当する注文を指定してやりとりするので、すんなりと本題に入ることができます。

⇒⇒ Amazon.co.jp


スポンサーリンク
アマゾン(Amazon)のギフト包装と夜中のチャットの話
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね