ベルメゾンの『直火オーブングリルプレート』なら洗うのが面倒な魚焼きグリルもどんどん使える

魚焼きグリルで魚を焼くとやっぱり美味しいよね。
でも洗うのが面倒でついついフライパンで焼いたりして。
先日ベルメゾンの『直火オーブングリルプレート』を見せていただきました!
これがあると、魚料理の回数が多くなっちゃうと思うわ~

『直火オーブングリルプレート』は魚を乗せてグリルで焼ける

この『直火オーブングリルプレート』はね、ここに魚を乗せてグリルに入れてそのまま焼けるというもの。

19sakanayaki11

これ萬古焼。
魚焼きグリルって結構な高温になるけど、この萬古焼って陶器と磁器の間の性質を持つ半磁器なので、耐熱性に優れている特徴があるから、高温でも大丈夫。
魚焼きグリルだけでなくて直火やオーブントースターでも使えるんだよ。
磁器だからそのまま食卓に出すことが出来る。
色が6色。

19sakanayaki2

ブラック、イエロー、グリーン、ピンク、ブラウン、オフホワイトと好みに合わせて選べるので、本当に食器を選ぶ感覚で買えるんだよね。

19sakanayaki8

サイズは幅約24、奥行約17、高さ約2.5cm。
小さめのオーブントースターでも大丈夫ね。

19sakanayaki6

お皿として食卓に出せるように糸底もきれいに処理されています。
安いお皿などはこの部分がざらざらしていて、テーブルに傷が付いてしまうようなものがあるでしょ。

19sakanayaki5

お花の模様がちょっと洒落ている。
本当にお皿として使えるようになっているわけ。

実際に『直火オーブングリルプレート』を使ってみる

鮭の切り身を焼きます。

19sakanayaki15

切り身2枚分がちょうど良い大きさね。

グリルに入れます!

19sakanayaki16

ここのグリルは水を張らない網のタイプ。
網の上に直接置きます。

スポンサーリンク

途中で裏返します。

19sakanayaki23

出来上がり!

19sakanayaki17

こーんなに美味しそうに焼き色が付いているのよ!
凹凸があるので、きちんと脂が落ちるんだよね。

魚焼きグリルは洗うのが面倒だー!

我が家の魚焼きグリル。
切り身を1枚焼いた後。

19sakanayaki1

うちは水を張らない網ではないタイプ。
この黒いトレイの部分を洗うんだ。
それも1枚だけでもこの大きさのトレイを洗わなくちゃいけない。
凹凸が結構深くてねぇ、一つずつ凹みに合わせてこすっていくわけよ。

以前は水を張る網のタイプで、これ、洗うのがとーっても大変なんだよぉ
グリルごと洗う感じでしょ。
それに網に魚の皮や身がくっついていると、網を1本ずつこすらなくちゃ。
これが面倒でついつい魚はフライパンで焼いちゃう。
だけど、やっぱりグリルで焼いた方が美味しいんだよね。

この『直火オーブングリルプレート』だったら洗うのが楽チンだよね。
食器洗機に入れて洗うことが出来るのが何より嬉しいじゃないの!
グリルも洗わなくて済む。

これなら朝食で魚を焼いても楽々ね。

『直火オーブングリルプレート』なら洗うのが面倒な魚焼きグリルもどんどん使える すずめの感想

わたくし、ずぼらですので便利グッズには目が無いのですが、一度使ってしまいこむと出すのが面倒で、結局お蔵入りになってしまうのね。
でもね、これはイケる!
例えばね、野菜のグリルを作っても良いし、鶏の照り焼きを焼いても良いし。

魚焼きグリルってすごーく便利だと思っているけど、魚以外を料理するのに抵抗があったけど、これなら使いやすくなるよね。

⇒⇒ 直火オーブングリルプレート
icon

⇒⇒ ベルメゾンネットキッチン用品・調理器具
ベルメゾンネット

スポンサーリンク
ベルメゾンの『直火オーブングリルプレート』なら洗うのが面倒な魚焼きグリルもどんどん使える
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね