福福中国語のオンラインレッスンを受けたよ(6)

【注目情報】こども用オンライン英会話を今なら無料で試せる!

あまり人気のないこの記事ですが
いつか中国語を習おうと思う人のためと、
何よりも自分の覚書のために書いておりますので、
お付き合いくださいませ…

harupin
ロシアの風情が残るハルピン。
冬はマイナス20度以下になると言うが、氷祭りには行ってみたい!



いやぁ、今日はちょっと久しぶりだったので、復習がイマイチでした。

が、やっていると思い出すものですね。

意地悪な質問は…
「これは赤い10(の文字)ですか?」
ですね。
「shi」が続くんだよね~
早口言葉状態。
聞いていることは簡単なことなのに、すっごくしどろもどろ…
発音に気を取られていると、質問が何色だったのかを忘れてしまうよ。

何とか終了して、第2課に。
と言っても、私の手元にはテキストなどがあるわけではないので、
全く違いや、新しい感はないのですが…

ただ、ボキャブラリーはあまり増えていないのに、
文章がどんどん長く難しくなっていくような気がする。
それも、文法的にどうこうと教えてもらうわけではなくて、
先生の質問を繰り返して答えているうちに
何となく、文型を覚えていくって言う感じなのよね。

これが、子どもが言葉を覚えるのと同じなんだろうけれど。

「あなたは○○夫人ですか?」
「はい、私は○○夫人です」
「彼女は××少女ですか?」
「いいえ、彼女は××少女ではありません、××夫人です」
と言う具合に
英語で言うところの
I am
She is
を習う。

そして、前と後ろ。
何かの前にいる、ある。
何かの後ろにいる、ある。
と言う内容。
質問は
「彼らは家の前にいますか?」
「はい、彼らは家の前にいます」
「彼女は椅子の前にいますか?」
「いいえ、彼女は椅子の前にいません、彼女は椅子の後ろにいます」
「彼女はどこにいますか?」
「彼女は壁の前にいます」
と言う具合です。

椅子は初めて出た単語だったけれど、
字は分かっているものの、発音できない…

そして壁は1課で出ましたよ~と…
覚えていないや。
ダメだな。

スポンサーリンク

次は座っている、立っている。
立っている(站着的)のピンインがzhan zhe de
これ、かなり舌を酷使する~
「彼女は立っていますか?」
「はい、立っています」
「彼女は座っていますか?」
「いいえ、座っていません、立っています」

と来た後に
「彼女は椅子の上に座っています」
「彼女は床の上に立っています」
と発展する。

およ~
もうわけが分からない!!

先生の勢いが良いので、メモもろくに取れないし、
取れたとしても、読む余裕がない。

これ、かなり鍛えられる。
脳トレ状態。

先生のことも良く分かって来たから、
この厳しい状態がかえってすごーく心地よく感じる。
なんだろ、中国語しゃべってるぞ~ って思うのかな?

文法に関しては、英語や日本語と違って
中国語は質問を単に肯定か否定して繰り返すだけなので、
よく質問を聞いていると何とかカンでイケる。
でも、単語は少し覚えておかないといけないね。

今日、復習の時、茶色を覚えていなくて困っていたけど、
茶色に関しては触れなかったから、結構ホッとしている。

そろそろ、ノートを作ろうかな…

それとも、テキスト(って言うかExcelの表だったけど)もらえるのかな?

まぁ、もらったところで熱心に復習するわけではないけれどね。

自然体でいいかなぁって思っている。

もっとも急に中国語を学ぶ必要のある人は
毎回ちゃんと復習すると全然違うと思いますよ。
私はかなりスローペースです。
発音をちゃんとしようと思っていると、返答が遅くなり、
進むのが遅くなるんだよね。
でも、それでいいと思っているんだ~
ネイティブに伝わる発音をするって言うのが確認できるからね。

あっ、今日は「上面」の発音を言い直しさせられた。
shang mian
の sh ね。
うっかりしているとそり舌を忘れちゃうからね。
それに四声も違っていたみたいで。
こういう指摘、有難い。

とにかくそれっぽく喋れれば良いと言うのではない
と私が思っていると言うのが、伝わっているようで良かった。

しかし、中国人の舌はどうなっているんだろうか???
ベロベロ、レロレロだよ…



にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

スポンサーリンク
福福中国語のオンラインレッスンを受けたよ(6)
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね