「スパゲティは特に美味しい!」と突然叫ぶ娘に外国語習得について考えさせられる

20150712chinese1

この春から娘は大学生。
私とふたりで台湾にハマり、その台湾好きが高じて中国語学科に入学しました。
夏休みには台湾の大学に短期研修に行くことにもなっています。

私も中国語のオンラインレッスンを受けていましたが、すっかり追い越されてしまいましたねぇ

スポンサーリンク

突然「スパゲティは特に美味しい!」と叫ぶ

月曜日から金曜日まで中国語の授業があるのが4日間。
合わせて8コマ。

全てをこの教科書で行っているようです。

20150712chinese3

ある日突然「いーだーりーみぇん たーびえはおつー!!!」と叫んだ。
そこにいた家族全員「はっ?」となったのよ。

私はなんと言っているのかが分かったけど、どう考えても脈絡がない。
つまり「意大利面特別好吃!」。
ま、要するに「スパゲティは特に美味しい」と言っている。
他の家族は突然の中国語で驚くばかり!

どうも、これは授業でやった文章らしい。
とっても気に入ってしまったのだそう。

それからことあるごとに
「いーだーりーみぇん たーびえはおつー!!!」
と叫ぶわけ。

最後には家族全員が覚えてしまったほど(笑)
音が気に入っているのかなぁ
理由はないけど、この文が好きなんだと。

中国語と韓国語のちゃんぽん!

この間は中国語の暗誦のテストの練習をしていた。
かなり難しそうで、ひたすらひたすら中国語をつぶやいていた。

が、突然!
韓国語で歌を歌い始めたのよー

どうもBGMで流していた音楽がK-POPに変わって、急に歌い出して。

それから中国語のぶつぶつと、ノリノリの韓国語がワンフレーズごとに順番に聴こえてくるようになって(笑)
頭の中、チャンポンにならないのかなぁ
聴いている私の方がおかしくなりそうだわっ

外国語を習得することについて考えた

そう言えば、言葉を覚えたての子どもって気に入った言葉をひたすら繰り返して言うよね。
意味が分かっていなくても、なんだかひたすら唱えるの。
娘のスパゲティはそれと同じではないかと。

スポンサーリンク

そうするとしっかりと記憶に残る。
きっかけは何でもいいと思うの。
記憶に残れば、それをアレンジしてどんどん言葉が増える。
スパゲティが肉まんになってもいい。
”好吃”が”美味しい”って言うことも覚えた。

とにかく耳に入る音を口に出すのが大事なんだ。
それは歌から始まってもいいわけで。
だから中国語を唱えていても、韓国語が口から出るのね。

子どもが言葉を覚えるときに、これがなんだから、とか、そういう理屈は抜きなのよね。

20150712chinese2

”「スパゲティは特に美味しい!」と突然叫ぶ娘に外国語習得について考えさせられる” すずめの感想

大人になるとまず頭の中で組み立ててしまったり、間違えたら恥ずかしいとか余計なことを考えちゃうのよね。
最初にオンラインレッスンを受けたときに、先生に言われたのよ。
話せない理由。

完璧に話せないとダメなんだ、って思っちゃって、まったく言葉が出てこない。
教科書通りのやり取りじゃないと会話ができない。
そんなことで行き詰っている私。

言語はコミュニケーション。
本に向かって勉強しているだけでは、なんの役にも立たないわけ。
思い知らされました。

娘には追い越されてしまいましたが、時々簡単な中国語で娘と会話したり、勉強しているのに参加して良い刺激を受けています♪

▼▼▼ 外国語を勉強してみませんか? ▼▼▼
⇒⇒ 株式会社エスプリライン


スポンサーリンク
「スパゲティは特に美味しい!」と突然叫ぶ娘に外国語習得について考えさせられる
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね