福福中国語のオンラインレッスンを受けたよ(3)

【注目情報】こども用オンライン英会話を今なら無料で試せる!

台湾が好きなので、中国語を勉強しようと思った私。
ドラマもバラエティも中国語で見たいと思ったのがきっかけ。
そもそも、中華圏って方言が多いから
たいていの番組に普通語(主に北京語をさす)の字幕があるから、
漢字を見ていれば何となくわかるんだよね~
だから、吹き替えの「ちびまる子ちゃん」とか、
時々ネットで見てたりして。

で、台湾に行って、人懐こい台湾人と交流したいわけ。
もちろん、中国の素敵な景色も見に行きたいわ。
その時に、ちゃんとコミュニケーションをとれるようになりたいんだ。

今日の夕方、レッスンを受けました。

taipei101
(台湾に行きタイワン♪)



今日は結局前回の内容を無視して
前々回のレッスンの続きでお願いしました。

復習で
「これは大きいですか?」
「はい、大きいです。」
「いいえ、大きくないです。それは小さいです。」
をやった。

そして、
「都市」
「町」
「村」
を習う。

「北京は都市です。」

「東京は町ですか?」
「いいえ、東京は町ではありません。
東京は都市です。」

といった具合。

そして、前回の内容の
「あるいは」
になった。

「このカードは大きいですか、あるいは小さいですか?」
「このカードは大きいです。」

「私は●●●(先生の名前)ですか、あるいは××××(私の名前)ですか?」
「あなたは●●●です。」

と言う具合です。

それを先生は
発音は良いので、もっとスムーズに話すよう
要求してくる。

うーん、それが大変。

毎度のことだが、
質問で聞かれたことを念頭に置いて、
それを否定するために繰り返して
それから正しいことを言う。
間違っている情報を
ちゃんと中国語で頭の中に入れておかないといけない。

スポンサーリンク

それに質問に対して、
それが正しいのかどうかの判断まで出来なくなってきて、
頭がこんがらがってしまう状況になって
もう、そうなったら笑うしかない…

メモなんかとっている時間もないし、
取れても見直す時間がない。

そうね、子どもが言葉を覚えるときは
口移しで、反復だもんね。
ついついいちいちピンインを聞いてしまうけれど
それすらも聞き取れるようにならないといけないんだな。

かなり亀さんペースだが、
聞き取る力、
中国語で考える力が付いてきているような気がする。
・・・気がしている・・・

「千本ノック」は辛い気もする。
でも、余計なことを考えなくてすむので、
結構私には合っていると思う。

そして、今日は復習をしようと痛感した。
単語を忘れないように、
それと発音を正しくできるように。
結構勢いでしゃべってしまうので、
いくら先生が良い発音だと言っていても、
正しく発音できていない。
なんとか聞き取れていると言う状態なんだと思う。

最後に先生が今日のポイントを伝えてくれた。
これも教室本部からの指示かもしれない。
これまではなかった。

今日のポイントの単語を一つずつ挙げて、
「わからないことはありませんか?」
と聞かれた。

私は量詞について確認した。
やはり確認すると忘れない。

先生は学生で、黒竜江省出身だと言っていた。
(それだけは聞き取れた)
多分部屋は学校の寮か何かだろう。
今日は後ろに2人うろうろしていた。
そんなラフな感じでレッスンしてくれると、
私もすごく気が楽になる。
ちょっと背景が散らかっていても、全然平気になる。

娘がやっていたレッスンで
後ろにカーテンを引いているような先生もいた。

いろいろと面白い。
そういう生の生活感みたいなのが見えるのも。

今度は予約した時のコメント欄に
中国語でコメントできるようにしたいな。
1週間かけて考えよう。

オンライン中国語会話の「福福中国語教室」

にほんブログ村 外国語ブログへ


スポンサーリンク
福福中国語のオンラインレッスンを受けたよ(3)
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね