「スピードラーニング中国語」の『中国語カフェ』は中国語に自信がなくても楽しめる!

聞き流すだけでマスターできる『スピードラーニング中国語』のイベント、中国語カフェに参加してきました。
中国語に興味のある方も大歓迎!
というので、自分の語学レベルは思い切り棚に上げて行ってみました。

簡単な挨拶が伝わればそれでOK?

中国語カフェの案内に書かれている。
「簡単な挨拶が伝わればそれでOK」と。
講座などで「初心者向け」と書かれていても、初っ端から皆さんガンガンと自己紹介をして、もう帰りたい…って思っちゃった経験もあって、本当なの?って思った。
さらには、スピードラーニング中国語の受講者の方が主に集まるので、皆さんバッチリ勉強していらっしゃるのだろう。
ここ、半年ほど中国語のレッスンを受けていない私は、性格も手伝ってか気後れするのは間違いないと思っていたのね。

私の問題点

私の問題点は、正しく話そうとしてしまうこと。
とにかく当たって砕けろ!というのではなくて、ちゃんとして、ちゃんと話したいのだ。
要するに間違えたくない、変なプライドがあるわけ。

中国語は発音の抑揚を間違えただけでも違う意味になってしまう。
なので、自分の中で確実ではないことは口に出したくないのだ。

「まだ会話にならないから、私には無理!」
そう強く思ってしまうのです。

初心者向け『中国語カフェ』実際には…

14chinese2

喫茶室に隣接した貸し会議室の扉を開けると、「你好!」と明るく迎えてくださいました。
しかし、とっさに「你好」と言えず…
凹みましたわ。

中国語で話しかけてくれるのですが、頭の中が真っ白になってしまって、何を言われているのか理解出来ず。
それでも、わかりやすい言葉に置き換えたり、ジェスチャーを加えたりして、話しかけてくれます。

第一の難関、自己紹介

自己紹介に先立って疑問文を挙げてみましょう、と。
自己紹介に続いて、みんなでその疑問詞を使って質問ができるように。
疑問詞と言われても、すぐに浮かんでもない。
あー、そうだ、そうだ!
って思い出したり、それを自分にインプットしたり。

自己紹介をすると参加者の方や老朴(朴先生)、小隋(隋嬢)、そして日本人スタッフの吉田さんから質問をされる。

14chinese1

事前に疑問詞を提示されているので、何となく何を聞かれているのかがわかる(…ような気がしている)
理解出来ないでいると、にこやかに優しく言い換えてくれたり、ジェスチャーを交えてくれたり、ヒントをくださる。

和やかな雰囲気で、皆さんのことを知ることができた。
聞き取れない、話せない、ではなく、今日のお仲間を知ることができたという感想。
かなり安心したわ。

中国のことを知りながら、中国語を覚える

次には名前のお話。
中国人に多い姓をチームに別れて挙げていくもの。
改めて聞かれると、案外思い浮かばないもので。
10個程度しか出てこなかった。
芸能人の名前はどんなだったかなーって思っても、全然出てこないし、英語のニックネームで呼んでいて中国語の名前の読みを知らないことが多いんだ。

トップ10の姓を教えてもらい、それに敬称をつけてヒアリング。
スピードラーニングに出てこないし敬称もあり、その意味を確認して自分にインプットする。

自分の覚えている中国語を使うというよりも、中国の文化を知って単語を含めて自分の知識を増やすという印象かな。
クイズ形式だったり、チーム対抗戦だったり、一人で悶々とする感じではなくて和気あいあいとした雰囲気。

最後にグループに分かれて軽くレッスン

2人、または1人対先生という形でかるーくレッスン。
というか、対話っていう感じ?

私は老朴とお話ししました。
今思うとなんてトンチンカンな受け答えをしていたんだろうと思ってしまうけれど、老朴はこちらが伝えたいと思うことを一生懸命理解しようとしてくださいました。
4字熟語を教えてもらいました。

そして「大丈夫ですよ、出来ています。初心者卒業ですよ」
なーんて言ってくださいました。
(褒められ慣れていないので、やたらと恥ずかしい…)

自分の語学力を試すというよりも、中国や中国語に親しむ機会として

聞き取れなくちゃいけないわけではなく、話せなくちゃいけないわけではなく。
必ずヒントがあり、優しく受け止めてくれる。
中国語をガツガツ習うのではなく、中国の文化について知りつつ、新しい単語や知識に出会う。
そんな時間でした。

14chinese3

スポンサーリンク

話せるようになるまでサポートしてくれる

「聞き流すだけでマスターできる」といわれる『スピードラーニング』ですが、果たして自分はマスター出来ているのだろうか?とか、せっかく覚えた中国語だから使ってみたいとか、思うことってあると思うんです。
また、旅行に行くから!とか、中国人の友達が出来た!とか、必要に迫られる時もあるよね。
スピードラーニング受講生なら毎月2回、中国語のフリートークを電話で受けられます。
決してテストではないんです。
生の中国語に触れる、自分の学習の刺激にする、そんな感じで気軽に受けられます。

14chinese4

中国語カフェで仲間と楽しく中国を知る

私が今回参加したようなイベントも開かれています。
中国語カフェはスピードラーニング受講者でなくても参加出来ます。
中国語が好き、中国が好き、それでOK。

例えばちょっと中国語に興味があってスピードラーニングが気になるなぁなんて方だったら、スピードラーニングで学習している仲間と出会え、先生やスタッフの方とお目にかかれることができるので、意欲的にスピードラーニングができるんじゃないかしら。
私も電話で老朴とフリートークもしてみたいと思ったし、頑張っている皆さんとご一緒して、中国語好きだなぁ、中国語頑張ろう!って思ったもの。

素敵な時間を過ごせました。

”「スピードラーニング中国語」の『中国語カフェ』は中国語に自信がなくても楽しめる!” すずめの感想

このような機会で新しく覚えたことって、独学で勉強しているときよりもずっと記憶に残ってきちんと自分のものになるのよね。
それも、心配だったイヤーなプレッシャーを感じずにいられたので、良かったです。
本当は間違いを恐れずにどんどん使うことが習得の秘訣ですよね。
わかっているの、わかっているから、私はこのように温かく受け入れてくれる中国語カフェで素敵な時間を過ごせました。
片言でも自分が知っている単語でなんとかコミュニケーションがとれると本当に嬉しい!
(実際に小隋とウーズンの話で盛り上がった時は楽しかったー 他の皆さんは???って感じでしたが)

後になってから、あー、あの時こう言えば良かったって思ったりするの。
すっごく後悔したりするんだけどね、これも大事なのよね。
そこでまた勉強になる。
まぁ、なかなか次の機会には活かせていないんだけど。

中国語に触れる、それだけでモチベーションが上がり、この夏ちょっと頑張ろうかなって思いました。

次回中国語カフェは8月31日開催です。

問い合わせ先 エスプリラインR&D部
0120-873-105
平日 →10:00~17:00
土・日→10:00~17:30
(火・水・祝を除く)

⇒⇒ 【秘法!スピードラーニング中国語】エスプリライン

「スピードラーニング」には参加して楽しいイベントがあります

スピードラーニングでは英語、中国語、韓国語、フランス語のイベントが開かれています。
英語ではハロウィンパーティー、中国語では中華街の散策、韓国語ではお花見などが行われました。
また英、中、韓、仏の4ヶ国語バーベキューでは、それぞれの国特有の食材やドリンクを味わいながらそれぞれの言語での会話をしてバーベキューを楽しみます。

聞き流すだけでOKではあるけれど、決して一方通行ではないのがスピードラーニングの魅力ですね。

⇒⇒ 英語の必要性を感じてるあなた・・・聞き流す効果をぜひお試しください!!
⇒⇒ 1日約150円で効果を実感できる!聞き流すだけの韓国語教材
⇒⇒ 【大好評】フランス語が話せるようになるスピードラーニング


スポンサーリンク
「スピードラーニング中国語」の『中国語カフェ』は中国語に自信がなくても楽しめる!
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね