「ヒエトリ」ってどんなに美味い鳥料理なんだ?

パート勤めをしていた時、ある日店長が「すずめさんヒエトリって知ってますか?」と聞いてきた。
芸能人も来る高級飲食店だったので、店長が言われるんだからさぞかし美味い鳥料理なんだろうと思った。

「妻が今ハマってるんです」と。
アラサーの奥様がハマっているって、若いママのネットワークが情報源なんだな、って、いろいろと鳥料理を思い浮かべた。

「僕にも勧めるんですよ…」
へっ?
店長が躊躇しちゃうような料理なわけ?
それは一体どんなものかと考えると、返事に困ってしまった。

そこで、運良く?お客さんが来て、その後は慌ただしく過ぎて、仕事を終えたのです。

「ヒエトリ」は鳥料理ではなかった!

昔から言われる頭寒足熱を行うというもの。
帰ってネットで調べたけど、最低4枚も!靴下を履くなんて!
って、裸足が大好きな私は、即スルーしてしまった。

しかし、あれから数年。
足を傷めて手術を受ける。

すると足の冷えに敏感になってきて、退院後の真夏でも手術した足は靴下を履いて寝ていたのね。

秋も深まり、初めての冬を迎えようという今、神経が過敏になっていて傷のあたりが疼くようになった。
主治医は冷やさない方が良いと言う。

それとは別に、やっぱり体は老化に向かっていると痛感したの。
この夏は外出時にストールを必ず持っていたの。
途中ですごく首が冷えるように感じてきてね。
体の機能が悲鳴をあげだしたんじゃないかと。

じゃあ、冷えとりだ!

活き活きしているステキなブロガーさんもやっていらっしゃるという。
特に私がストーカーのようにブロクを読みあさっているキティスタイルのキティさんの今から始める!冷えとり生活ガイドを読むと、やりたくなってくる!
そこでキティさんにちょっと「冷えとりやりたいんだー」とつぶやくと、即!「冷えとり、いいよー」と語ってくれたのね。
あー、やっぱり活き活きしているのは冷えとりライフがあるからなんだろうな~
って思ったのよ。

基本の4足重ね履き靴下に加えて、おすすめの腹巻や本も教えてもらった♪

ちょっと洋服選びが難しいな~と思ってFacebookでつぶやいたらSYOのOL冷えとりブログ~生理痛・PMS・低体温克服奮闘記のSYOさんが冷えとり靴下を履いていてもバッチリなブーツを教えてくださった!
あーん、なんてステキな方々なんでしょ!

さらにショップのサイトに詳しく書かれているので、とても助かっちゃう。
⇒⇒ 冷えとり健康法|冷えとり靴下の841(ヤヨイ)

こんな冷えとりの本を読みました

まずは教科書とも言えるこの本。
キティさんおススメ。

「冷え」は万病のもとだという。
どうして「良い」のかと言うのが、すごーく良くわかりました。

良くわかったんだけど、これを読んでみるとなんだか「私にできるかな?」って思ってしまったの。
基本は靴下の重ね履きと半身浴だって言うのはわかったけどね、ちょっと難しく考えちゃうのかな~

そこで次に読んだのが、これ。

「ずぼら」
ステキな響き♪
ビバ!ずぼら!

ちゃんとしてないくせに、完璧にやりたいと思ってしまう私。
ありとあらゆる情報を仕入れたい私。
そんな私のバイブルになりそうなご本。

青木さんがこれまでに行ってきた「良い」と言われた健康法に、おもわず「私もそう!」って叫びたくなった。
年齢も近いから、流行りの健康法も同じ感じなんだよね。
それらの健康法でも続かなかったり、効果がなかったりしたのにというのが、とても説得力があるの。
どんな論理よりも、私と似たような(←要するに「ずぼら」)ナマの人の体験が一番!

で、その「ずぼら」加減がイラストから見られて、私、本当にお友だちになってしまったような親近感がっ

そして、いよいよ冷えとりの靴下を買うのです!

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

スポンサーリンク
「ヒエトリ」ってどんなに美味い鳥料理なんだ?
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね