【モートン病】モートン病の手術から1年〜手術を受けることにした理由と今の状態

モートン病と言われるモートン神経腫を切除する手術を受けたのが昨年の6月。
ちょうど1年が経ちました。

スポンサーリンク

モートン病ってこんな感じ

モートン神経腫(モートン病)は30〜40代の女性に多い疾患。
ハイヒールやつま先の細い靴を履いていると起こるといわれています。
主に足の人差し指と中指の間か中指と薬指のつけ根部分に痛みが出ます。
靴によってタコが出来るような部位です。
同じようにここに力がかかって起こるわけです。
この2つの指の付け根の神経が圧迫される刺激を受けて炎症が起こって、タコと同様にその部分が強くなろうとしていきます。
よってどんどん神経が固くなり、神経の塊、神経腫となるわけです。

歩いたりしてその部分に刺激を受けると一般的にはしびれたり感覚が鈍くなったりします。
大抵の場合は靴を工夫して様子を見ます。
原因にならないような靴ですね。
かかとの高さのない靴、幅の広い靴などでなんとかやり過ごすことが多いです。
私の友だちもモートン病ですがスニーカーなら大丈夫だと言って、そのまま過ごしています。

私のモートン病はちょっと違う原因でした

私はヒールの靴もつま先の細い靴も履きません。
そうですね、少しタコになりかけいている部分はありましたが、痛いということはありませんでした。

あるパートの仕事で、段差があるところを何度も行き来していました。
落としてはいけないものを持った状態でとても緊張して段を降りていました。
安定するためにいつも同じ足で降りていたんですね。
ある日、仕事が終わて帰る時に、階段を1段降りたら足に痛みが走りました。
足というよりも指に傷があるのかな?という感じの刺さってくる痛みでした。
それからその痛みがどんどん増していきました。

私の場合は人差し指と中指の間のです。
足を着いた時や背伸びをした時に痛みました。
鈍いよりも鋭い痛みです。
要するに患部に直接力がかかった時です。

仕事を辞めて様子を見ていましたが、その部分が膨らんで見えてきました。
神経腫に触れるようになってきたのです。
さらに刺戟を受けていなくても鈍く痛むようになりました。
そこで手術をすることを考えました。

信頼できる先生との出会い

ネットで色々と調べましたよ、もちろん。
でも手術をした人ってなかなかいないんですよね。
靴を選んだり、中敷を敷いたりして過ごしているようなんです。
私の場合は原因が原因で靴のせいではないので、靴を改善しても楽になるということがなくて。

たまたま良い先生に出会うことができました。

  • 中敷を敷くのは効果がないだろう。
  • 鎮痛剤も効きにくい。
  • 注射も効果がない。
  • 日常生活でも困っている(階段を降りる時に痛い、裸足で歩くと痛い)。
  • CTでしっかりと神経腫が見える。
  • さらに、足の甲から直接触れる。

これらの状態から、手術を考えても良いだろうとのことでした。
「手術をしよう」とは言いません。
絶対に良くなるという保証はないとのこと。
楽になる、その程度かもしれないということ。
再び痛くなる可能性はあるということ。
それでも受けることにしました。

手術をして良かったか?

良かったです。
あの痛みを気にしながら過ごしていたら…と思うと、ぞっとします。
旅行はともかく、買い物に行くのも辛くなっていましたからね。

それでも今は切り取った神経の端が過敏になっていて、足を着くと何かを踏んでいるかのような違和感はあります。
雨の日や、冷房などで冷えると疼きます。
そのため、半年ほど飲み薬を飲んでいます。

スポンサーリンク

違和感があるものの、クッション性のあるインソールの靴であれば歩いていても全く痛くありません。
最近は大丈夫なヒールの靴も発見しました。
直に患部が当たる感じだと痛いので、室内で素足でいるのとスリッパが苦手です。

それでもガンガンと歩けます!
旅行に行けば朝から晩まであちこち歩いていますし、8時間の立ち歩きの仕事にも就けます。

ざっと見積もったとしてもこれからあと20年、家事などの生活はもちろん旅行などにも行きたいと思って手術を受けました。
そういう意味では良かったと思っています。

傷はとても綺麗になっています。
ケロイドになったりしたら面倒かもと思っていましたが、言われなければわからないかもしれないくらいです。

薬をどの状態でやめるかが、問題だと思っています。
傷の疼きはメスを入れれば十分考えられることなので、神経の切除部分の違和感がなくなるのか、なくならないで我慢をするとしたらどの程度で薬をやめるのか。
薬をやめたら通院は終了となりそうです。

これから時々手術に関しての記事を書いていきたいです

記録を残しておいたものを書いてこうと思います。
あくまでも私のケースです。
どなたかの参考になれば嬉しいです。

”【モートン病】モートン病の手術から1年〜手術を受けることにした理由と今の状態” すずめの感想

「もう大丈夫?」
と聞かれれば
「大丈夫(バリバリ歩ける)」
でもあり
「大丈夫ではない(痛みや違和感がある)」
なんだけど、手術して良かったです!

足が痛いと出掛けるのが億劫になるものね。
気持ちも元気になりました。

痛くて履けない靴はこれを使ったら少し楽になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうぞ、この記事が良かったらシェアしてくださいませ♡

どうぞ、すずめをフォローしてくださいませ♡