スポンサーリンク

【台湾・小琉球】瞬間オフライン音声翻訳機イリー(ili)と台湾の離島、小琉球旅行3(2018年3月) 〜小琉球の民宿と夜の街と夕食

小琉球の宿泊は主に民宿。
中心部ではありませんが、山の上から海を見下ろすことができる静かな立地の民宿に宿泊しました。

落日亭で夕日を見た後は、晩ご飯を食べに行きましょう。
前のお話 >> 【台湾・小琉球】瞬間オフライン音声翻訳機イリー(ili)と台湾の離島、小琉球旅行2(2018年3月) 〜小琉球観光1日目

瞬間オフライン音声翻訳機イリー(ili)がお供です。
>> 旅の英語・中国語・韓国語会話をサポートしてくれる瞬間オフライン翻訳機イリー(ili)商品レビュー

←イリー(ili)で伝えよう!

琉星嶼民宿(スターハウス)

この日の宿泊先として予約したのが琉星嶼民宿という民宿。
日本の民宿のイメージよりも洋風のB&Bと言ったほうがいいかも。
小琉球の民宿はおしゃれなところが多いようです。

この琉星嶼民宿、グーグルマップに導かれて行ってみると素晴らしいロケーション。

ワクワクとフロントへ行くとこちらはVill館とのこと。

「予約しています」

私たちが泊まる本館?は別のところだそうです。
さらに道を進んで行きます。

ここっぽい、ってところに到着。

「ここ?」と思いながら入ってみると…

素敵なロケーションでした!
静かに海を独り占め♡

チェックインします。

宿泊料は先払い。

「クレジットカードは使えますか?」(台湾では使えないところが多いので、必須フレーズ)

するとお支払いは現金のみでした。
ちょうど持ち合わせていたので、大丈夫だったけど、そのつもりでお金を持って来た方が良さそう。

大きな地図を見ながら島の案内を受けます。

フロントにはコーヒーの機械があって自由に飲むことができます。

朝食をいただくのはこのフロアです。

琉星嶼民宿(スターハウス)の部屋

案内されたのは4人で泊まれるお部屋。

ダブルのベッドが2台です。

1段上がっているので足元に注意。

テーブルの上にはお茶のセットなど。

小琉球の名産、麻花捲の試食品が各味揃っています。

お茶とアメニティ。

冷蔵庫。

テレビと扇風機。

エアコンもあります。

テーブルの上にリモコンとティッシュ。

ベッドの間のスタンドの下には

ドライヤーがあります。

WiFiもありますが

上手に接続できませんでした…
(中華電信も台湾大哥大も問題なく使えます)

トイレは台湾によくあるシャワーと一緒のタイプ。

湯量は問題なし。

ボディソープとシャンプーがあります。
台湾のホテルではコンディショナーがないことが多いので、別途持っていくと良いでしょう。

⇒⇒ 琉星嶼民宿HP
⇒⇒ Booking.comで琉星嶼民宿を予約する

小琉球、中山路の夜

ではバイクで夜の街に繰り出しましょう〜

夜風に吹かれてバーベキューができるお店があります。

カフェもあってソフトクリームも食べられるよ。

火鍋や台湾っぽい食事もできる。

スーパーをのぞいてみましょう。

さほど大きな店ではないのに、飲み物の品揃えが半端ない!

台湾の漁師網バッグやベトナムでよく売られているエコプラPPのバッグもここで買えちゃう。

スーパーは楽しいですね!
ばらまき土産を探すのも良さそうです。

高記在地小吃で小琉球の名物「蜂巣蝦」の晩ご飯

晩ご飯には小琉球名物と言われる「蜂巣蝦」を食べに行きましょう。
蜂巣蝦があるお店を探して、スーパーの前にある高記在地小吃へ。

お店の中はこんな感じでびっくりしますが、食べるところはとても清潔です。

メニューに数を書き込んで注文します。

「オススメはどれですか?」

飲み物は勝手に(笑)冷蔵庫から出して飲みます。
台湾ではこのシステムのお店が多く、飲んだ空き容器でお会計されます。

「冷えたビールはありますか?」(冷えてないものもあるので、冷えているのを尋ねるといい)
「グラスを2つください」(お箸や調味料が置かれているテーブルに置いてあることもあります)

櫻花蝦炒飯、70元。

桜エビの炒飯。
台湾の炒飯は絶対にハズれない!

葱爆牛肉という炒め物、小サイズ200元。

オイスターソースベースっぽくて、とても食べやすい。
どちらかと言ったら白米が欲しい味。

海菜蛋花湯、小サイズ150元。

綺麗な緑色の海藻と卵のスープ。
優しい味で、とっても美味しい。

そしてお楽しみ、小琉球の名物と言われる蜂巣蝦、小サイズ250元。

その字でわかるように、蜂の巣のように揚げた海老のかき揚げです。
かなり大きい!
中心の部分にぷりっぷりの海老が隠れているよー。

衣サックサク。

このタレにつけて食べます。
スイートチリソースを一瞬思わせる?
もう少しタレが多いといいなー。

食べきれなかった分を持ち帰りにしてもらいました。

「残りを持ち帰りにしてください」(台湾では食べきれなかった料理を持ち帰れます)

バイクにぶら下げて帰ります〜

飲み物は並びにある飲料店「鮮茶道」で買って持ち込みました。

こちらのお店ではXLサイズを注文するとボトルに入れてくれます。

シンプルなお茶(文山清茶)、45元。

次にこのボトルを持って買いに行くと割引になるので常連になっちゃいました。

「氷少なめ」「氷なし」(たくさん飲みたい、冷蔵庫に入れてストックして起きたいなら氷を控えるのがオススメ)
「タピオカを入れてください」(お茶を選んでタピオカやアロエを入れてもらうシステムのところもあります)
「このボトルに入れてください」(スタバでも使えるフレーズです!)

飲料店での注文の仕方はこちらのお話で。
>> 【台湾旅行】50嵐の「黄金烏龍奶茶 中サイズ 少冰 微糖 +珍珠」とタピオカドリンクの注文の方法

満腹になりました♪
民宿に戻って静かに夜景を眺めて過ごしますー。

向こうに台湾本島の明かりが見えます。

夜が早かったので、夜食代わりに試食の麻花捲を食べて

帰りに買って来た水果茶を飲みました♪

この度の高雄・小琉球旅行はイリー(ili)のモニターとして株式会社ログバーより往復航空券、一部の宿泊費用をご負担していただきました。
瞬間オフライン音声翻訳機「ili(イリー)」


▼▼▼ 小琉球に行きたくなったらこちら ▼▼▼
航空券とホテルの手配は ⇒⇒ エクスペディア
ツアーを比較検討できる ⇒⇒ DeNAトラベル
安いツアーが見つかるかも? ⇒⇒ 海外旅行はエイチ・アイ・エス
登録ホテル数が多い ⇒⇒ Booking.com


Booking.com

スポンサーリンク
カテゴリーから次の記事を探してね!
【台湾・小琉球】瞬間オフライン音声翻訳機イリー(ili)と台湾の離島、小琉球旅行3(2018年3月) 〜小琉球の民宿と夜の街と夕食
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね