【愛知】私のベスト1と言っても過言ではないお菓子、足助両口屋の中馬柿と芋たっぷりの鬼まんじゅう

香嵐渓の三洲足助屋敷で私のベスト1と言っても過言ではないお菓子に出会いました♪

愛知県足助町の両口屋さんの中馬柿。
柿かと思いきや…

ひと粒で2度美味しい的なのに弱いんです。
お値段高かったので買うのを躊躇したのですが、買ってよかった。

てか、もしかしたら知らなかった方が良かったのかもしれない(笑)

#香嵐渓 の #三洲 #足助屋敷 で私のベスト1と言っても過言ではないお菓子に出会いました♪#愛知 県 #足助 町の #両口屋 さんの #中馬柿 。柿かと思いきや…ひと粒で2度美味しい的なのに弱いんです。お値段高かったので買うのを躊躇したのですが、買ってよかった。てか、もしかしたら知らなかった方が良かったのかもしれない(笑)#香嵐渓 #お土産 #和菓子 #干し柿 #栗 #栗きんとん #instalove #instalover #instalovers #instafood #instafoods #instasweet #instasweets

スポンサーリンク

愛知県足助町の両口屋

愛知県足助町ってご存知?
”あすけ”と読みます。

名古屋の東側、三河地方の町です。
私の両親は三河地方出身で、親戚との会話に足助町が出ていたので、名前は知っていました。

どうも先日、NHKの『鶴瓶の家族に乾杯』で笑福亭鶴瓶さんと近藤正臣さんが行かれたらしく。
夫が急に「足助町に行きたい」と言い出した。

それを実家の父も見ていたらしく、ふたりで盛り上がっちゃったのです。
そこで、両親と足助町に出かけてきました♪

小さな足助町の中にいつくか和菓子屋さんがあり、そのうちのひとつが両口屋さん。
建物も立派。

江戸時代の建物です。

箱階段のある吹き抜けの間はよくテレビでも紹介されるそう。

ちなみに足助町の他の和菓子屋さんも素敵な建物。

御菓子司 風外

かゑで本舗 加東家

日月もなか総本舗 川村屋

どのお店も、店内でひと休みさせていただける。

帰って来た今、思えば夫と父が話す鶴瓶さんの情報だけで散策したので、もっとリサーチしておいてその気でお菓子や巡りをすればよかったと後悔するほど。

足助両口屋の鬼まんじゅう

足助町の散策の前に香嵐渓に行きました。

香嵐渓広場に出ていたお店で、見つけたのが鬼まんじゅう。

秋ですしね。
女子ですしね。 (一応いくつになっても!)
芋には目がない。

これが、このビジュアル。

サツマイモがたくさんできすぎちゃって、お母さんがなんとか消費させようと作った(笑)感じの素朴さ。
大きめの角切りにしたサツマイモを小麦粉の生地と合わせてまとめて握って蒸しただけ。

味もさつまいもの甘さでいただくと言ってもいいくらい。
こういう、シンプルなのが好き。

ちょっと食べるのにちょうどいい大きさ。
いや、小さいだろ、って思うけど、サツマイモが中までゴロゴロ入っているので、結構なボリュームとサツマイモを満喫した満足感。

あぁ、近所にこれが売っていたらなぁ
(自分で作りなさいな、と言われそうw)

足助両口屋の中馬柿

道中、小腹が空いたら食べようと思って鬼まんじゅうを手にとって、お金を払おうとしたら、見ちゃったの。
柿って書かれているのを。

えぇ、”芋栗なんきん”同様、秋の味覚として柿が大好物。
その中馬柿という干し柿のお菓子。

スポンサーリンク

この足助町は伊那街道(のちに飯田街道と呼ばれる)別名「中馬街道」の宿場町。
そこで中馬柿と名付けられているのでしょう。

中馬柿の商品のところに半分に切ってあるものが置かれていた。
よーく見ると中に、栗きんとんが入っているではないか!

要は干し柿の種の部分が栗きんとんなんだ。
(外から見ただけ、名前だけでは観光客には得体が知れないものだけど、中を見たらたまらないものだとわかる)

誰が考えたの?
そんなスペシャルな組み合わせ!
好きなものが合体しているではないかー。

「じゃあ、これも」
とせっかくだからいくつか買って帰りたいところだったけど、驚いたのがお値段で。

干し柿としてはかなり、相当、すごく、小さめのサイズのもの。
いくらそれに栗きんとんが入っていたとしても、これで300円は…

ええい、それだけ美味しいんだろう。
手も込んでいるんだろう。

ぐずぐずと悩んでいると、「これ美味しいですよ」とお店の方。
そうだよな、こんな見たことも聞いたこともないお菓子、ここで買わないと後で後悔するだろうな。

自分用にひとつ、栗も干し柿も好きな義母にひとつ、でふたつ買ったわけです。

食べました。
一見するとただの干し柿。

でも、ちょろっと栗きんとんが見えている、ここが挿入口なのね(笑)

なんていう発想。
なんていう仕事。
GJ(グッジョブ)です!

もう透明になりかけるくらいの干し柿の果肉は、当然ねっとり濃厚な甘みで。
そこにさらっとほんわかとした栗きんとんの甘み。
一緒に食べると栗きんとんの味が負けそうだけど、ちゃーんと主張している。

ひと粒で2度美味しいのを満喫♡
ちょっと渋めの緑茶と、できれば縁側で高い青空を眺めながら食べたいものだわ。

美味しいもの、大好きなものの素材の味がそのまま。
これは私のベスト1と言っても過言ではないお菓子です!

>> ほかの愛知のお話はこちら
>> ほかの和菓子のお話はこちら

▼▼▼ 詳細はこちらから ▼▼▼
⇒⇒ 足助両口屋|まちクル

スポンサーリンク
【愛知】私のベスト1と言っても過言ではないお菓子、足助両口屋の中馬柿と芋たっぷりの鬼まんじゅう
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね