スイーツ紅茶会〜関東1都6県お土産食べくらべ会〜(@清澄庭園涼亭)で美味しいお菓子と紅茶をいただきました♪

美味しい紅茶と美味しいお菓子を堪能♡

美味しい紅茶と美味しいお菓子を堪能♡#スイーツ紅茶会 #岡埜榮泉 #栗饅頭 #なごみの米屋 #亀じるし #水戸の梅 #ぴーなっつ最中 #instalove #instalover #instalovers #instafood #instafoods #instasweet #instasweets

スポンサーリンク

スイーツ紅茶会

「スイーツをいただきながら紅茶をいただく」いや、「紅茶をいただきながらスイーツをいただく」。
どちらが正しいのか、実はわからないんだけど、とにかく美味しそうな会でしょ?

お菓子と紅茶を楽しむイベントとして、ブログ北本日記の管理人さん、うさ吉さんとさくらさんご夫婦が主催されています。
⇒⇒ 埼玉県北本市在住夫婦のおでかけブログ『北本日記』

その開催は知っていたんだけど、これまで会場が埼玉ってことでスルーしていたのですが。
何と東京で開かれるということで。

お知らせのツイートを拝見して申し込み♪

紅茶って奥が深いんだよね。
いつも適当に選んで、適当にいれてしまっている紅茶。
ぜひティーアドバイザーの奥さま、さくらさんがいれてくださった紅茶をいただいてみたい!というのもあります。

そして、今回は全国おみやげデータベース「OMIYA!」とのコラボで関東1都6県のお土産菓子をいただけるという、ミニトリップ的なお楽しみもあるし。
(ご縁あって、私もOMIYA!に書かせてもらうことになりました)
⇒⇒ 日本全国のおみやげデータベースOMIYA!

さらに!
清澄庭園で行われるんですって。

清澄白河には度々行っていますが、清澄庭園には行っていなくて。
この機会にぜひ行ってみたいじゃない?

庭園内の涼亭という建物で行われるんだけど、その建物は東京都選定歴史的建造物に指定されている、とっても由緒あるものらしく。
⇒⇒ 清澄庭園|公園へ行こう!

もう、私の好奇心がMAXになるわけです。

雨の清澄庭園の涼亭でスイーツと紅茶を堪能♡

雨でした。
雨の日は髪の毛もまとまらないし、洋服もバッグも靴も気を使うし、お出かけするのは気が重いんだけど。

でも、嫌いじゃないんです。
静かで。

明治時代の趣のある建物にそぼ降る雨。

ですが、会場は皆さんのワクワクがあふれていました♪

”紅茶に合わせたお菓子”、”お菓子に合わせた紅茶”をいただきます。
(そんなことって全然考えてなかったなぁ。でもお話を伺うと紅茶にも個性があってそれに合わせたスイーツがあると知りました)

[紅茶]ダージリン1stフラッシュ シンブリ農園

意外とアイスティーって、自分で茶葉からいれようとすると美味しくいれられないのよね…
到着して最初の1杯め、のど越し良くいただけました。

虎ノ門岡埜榮泉 栗饅頭

確か豆大福がめちゃくちゃ有名なお店だったように記憶しています。
栗饅頭も贈答用として人気があるのだそう。

会場では4分の1にカットされたものをいただきましたが、それだけでもボリュームを感じさせます。
人気になるのがわかる!

しっかりと大きい栗と、北海道産の大手亡(おおてぼう:白いんげんの一種)を使った白あんがぎっしりと詰まっています。

大きいのでしつこかったり、飽きちゃったりしそうだけど、そんな心配は無用。
こりゃあ、本物だと。

どこから目線だ?(笑)

秋の味をいただきました♪

⇒⇒ 虎ノ門岡野榮泉 栗饅頭|OMIYA!

なごみの米屋 ぴーなっつ最中

千葉といえばピーナッツ(落花生)ってことですね。
この形が可愛い。
本物のピーナッツよりも大きい、ピーナッツ型。

実は和菓子の最中は苦手です。
(チョコもなかジャンボはすっごく好きだけど)
パサパサっとしていて、食べたら口にくっつくし、最中の餡って特別甘いような気がするし。
(苦手な上に最中って妙に大きいのもあるよねー。あれはアウト…)

この大きなピーナッツ型の最中、いくら半分にしたとしても、一瞬「えっ?」ってなっちゃいました。

が、美味しいじゃないの!
最中もパサパサする感じではなかったし、餡はピーナッツの甘露煮が練り込まれていて、ピーナッツの風味が私の苦手な最中を思わせない。
それよりも、このねっとりとした餡は病みつきになりそうよ。

最中っぽさを感じず、美味しくいただけました♪

⇒⇒ ぴーなっつ最中|OMIYA!

亀じるし 水戸の梅

さらに「えっ?」ってなったのがこの水戸の梅。
梅やシソが苦手なので、これがお菓子とは!

まぁ、このような機会は新しい出会いが楽しみなものですが、まさかのシソ。

切り分けたものを食べさせていただくのですが、息を止めてパクっと口の中へ。

「ん?」
なんだろ、嫌じゃない。

それよりも、赤シソの甘酸っぱさが美味しいではないかー!
白あんをさっぱりと食べさせてくれます。

いやぁ、やられた。
自分では絶対に選ばない、このままだったら食わず嫌い決定なお菓子です。

でも、息を止めて一気に食べてしまったのがもったいなかったくらい、もう一度食べたくなりました♪

⇒⇒ 亀じるし 水戸の梅|OMIYA!

[紅茶]京都和束紅茶 光らいざ

玉露種を紅茶にしたもので、香りを嗅がせていただいたときに「うぉ~」と思わず口にしてしまいました。
緑茶と紅茶の中間のような味わいということで、和菓子をいただくのにピッタリな紅茶。

緑茶の渋み、紅茶の渋みってあると思うんだけど、このお茶はすっきりとした甘みがあり、かなり好み。
これがあったら、和菓子も洋菓子もどちらにも合うので、常備しておきたいって思ったわ。

ガトーフェスタハラダ グーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート

ハラダのラスクは超有名ですよね!
いただくとテンションが上がります。

私はいただくばかりですが、友人の中には池袋でランチをすると必ず行列に並んで買って帰るという熱烈なファンのいるラスク。

そのハラダのラスクのホワイトチョコレートがけ。
これまでご縁がありませんでした。

ホワイトチョコレートは大好物なので、食べる前からわたし的1位よ。
10月から5月までの販売って、期間限定なのも魅力的。

どうも埼玉のお店では並ばないで買えるもので、行列ができるのは東京のあるあるらしい。

よくよく考えたらラスク1枚のお値段としたら結構立派なお値段。
大事に食べたい(笑)

チーズガーデン 御用邸チーズケーキ

チーズケーキには目がない。
誰もいなかったら、小さいホールを1つ食べたいくらい。

噂には聞いていた御用邸チーズケーキをいただきました。

もらって嬉しいのは御用邸チーズケーキだけど、もらったら上手に切らなくちゃいけないし、切ったらみんなで取り合いになるし、残った分をうまく保存できずにパサパサになったり…
と、ちょっとケチも付けちゃいますが、そんなケチも帳消しになるくらい美味しいチーズケーキでした。

お土産にこの手のベイクドチーズケーキはよく売られていますが、そんなのと一緒にしたら失礼よね(笑)
やっぱりひとりでホールを1つ、ちぎりながら食べたい。

お取り寄せが面倒かな、持ち運びに気を使うかな、と思っていましたが、夏季以外は常温で大丈夫なのも嬉しい。

⇒⇒ 御用邸チーズケーキ|OMIYA!

彩果の宝石 フルーツゼリー

私にはとてもポピュラーなお菓子なのですが、意外と皆さんご存知なかったり、たべたことがなかったりしてビックリしました。

まず、義母の大好物です。
関西出身の義母がどうしてこれを知ったのかわかりませんが。
なので、娘が義母の誕生日にプレゼントしています。

贈答品でもよくいただきます。
手軽なお値段で見栄えがいいのも手伝っているでしょう。
度々、我が家やお出かけ先で見かけるので、東京で当たり前に買える普通のメーカー品だと思っていたくらい。

先日、埼玉在住の友人が工場がご近所だからとたくさんいただきました。
埼玉のお菓子なのですね。
知らなかった。

フルーツは生が絶対だと思っているため、このフルーツゼリーやみすず飴みたいなのはあまり好きではないです。

スイーツ紅茶会に出る資格がないんじゃないか?

でも、彩果の宝石のフルーツゼリーが埼玉を代表するお菓子だということを知ったこと。
味の種類は45種類もあるということ。
梅は青うめと赤うめがあるとこうこと。

知っているつもりでしたがいろんなことを知ることができました♪

⇒⇒ 彩果の宝石フルーツゼリー|OMIYA!

[紅茶]ダージリン オータムナル シンブリ農園

ダージリンの中でも秋に収穫されるものだそう。
ダージリンの中で比較的渋みが少ないそうで。

どうしても紅茶特有の渋みが気になり(上手にいれられないのも原因)、味をごまかせちゃうフレーバーティーを飲んでしまいます。

そんな中、このダージリンは渋みを気にせずにいただけました。
甘いお菓子をいただいた後に、口の中で喧嘩しない紅茶だと思ったわ。

スポンサーリンク

鎌倉紅谷 クルミッ子

神奈川代表は鎌倉のお菓子、クルミッ子。
一時期は神奈川県人でしたし、都県境に住んでいること、夫の勤務地が神奈川なこともあり、神奈川のお菓子には結構ご縁がありますが、これは知らなかったです。

クルミ入りの自家製生キャラメルをバター生地のクッキーで挟んだもの。
どちらもそのままでも美味しいものなのに、合わせ技でくるっていうわけね!

このちょっとレトロ感があるリスのイラスト、一口サイズで濃厚な甘さ。
鎌倉夫人のお使い物に重宝がられているのがわかります。

個人的にこれはホットミルクでいただきたい。
(鎌倉の方のお土産には某サブレではなくて、こちらをいただきたいと大きな声でつぶいておく)

⇒⇒ クルミッ子|OMIYA!

バターバトラー バターフィナンシェ

東京って、各地のお土産菓子を購入することができるし、メーカー菓子も多く売られているし、何が東京のお菓子なのかってわからないことが多い。
名前に”東京”が入っていると、その辺にあるお菓子と大して変わらなくても、東京銘菓かと思ったりする。

だけど、そういうのはわざわざ東京人がおもてなしのために自宅用に買ったりしない。
(ちょっと辛口ですが、某ばななとかは買わないなー。結局「○○へ行って来ました」的なお土産と一緒じゃん? 量産品よりずっと美味しいご当地スイーツがたくさんあると思うのよ、東京は)

このバターバトラー バターフィナンシェは、(別に何も自慢しているわけではないが)私のような東京人が、自宅にいらっしゃるお客様のおもてなし用に買ってきたいお菓子だった。

ベタに”東京感”を出していない。
JR東日本おみやげグランプリで総合グランプリを受賞したということで、話のネタになる。
東京で、さらに売っているお店がすごく限られている(新宿NEWoMan)特別感。
そして、お洒落な包装。

もちろん、お味も美味しい。
フィナンシェ好きとしては、ドヤってお出ししたいお菓子。

さっぱりとした紅茶といただくと、濃厚なバターとメープルシロップの風味を楽しめますね。

⇒⇒ バターバトラー バターフィナンシェ|OMIYA!

[紅茶]アッサム 1stフラッシュ ナホルハビ農園

アッサムの新茶。
1stフラッシュってよく聞くけど、これはやや軽めでストレート向きだのだそう。

アッサムはダージリンに比べるとコクがあるので、濃厚な甘さのお菓子にも負けないんですね。

お茶は日本茶、中国茶でもそうだけど、産地で違いがある。
そのうえ、農園を選んで飲むっていうのが、すごいなぁって。

のどを潤すだけではなく、香りや味を堪能する。
ゆったりとお茶をいただける生活がしたいものだと思ったわ。

さくらさんから美味しい紅茶のいれ方も教えていただきました♡

幸煎餅 七福神あられ

甘いものばかりなのでお口直しに用意されていました。

あ、確かにこのお店、歌舞伎座の前にあった!
と、帰宅してネットで見て思い出しました。
でも、主に群馬で売られているのね。

小さいいろんな味が食べられるおせんべいって、なんか楽しくてお得感があって好き。

⇒⇒ 七福神あられ|OMIYA!



みんなで関東お土産人気投票!

参加者15名でいただいた8種類のお菓子について人気投票を行いました~。

いやぁ、最初に投票があると聞いていても、食べているときにはそんなことをすーっかり忘れてしまって。
「美味しい♡」
しか、感想がない(笑)

同じ机でご一緒した方々と、わいわいとおしゃべりしているとどんどん食べ進んじゃって。
で、気付いたら
「あー、美味しかった♡」
と、なるわけです。

投票は自分がお土産にしたいと思うお菓子TOP3を選ぶもの。

それも「美味しい」だけではなく、見た目、買いやすさ・持ち運びしやすさ、コストパフォーマンス、意外性・インパクト、味を総合的に評価。

私のTOP3は…
1.バターバトラー バターフィナンシェ
2.グーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート
3.亀じるし 水戸の梅
です。

私にとって特別感があるものでセレクト。

水戸の梅は苦手だと言っていたものの、その意外性・インパクトで選びました。
梅が苦手でない人には大ウケ(苦手な人には小ウケくらいかな?)、特に男性にも受けるのではないかと。

「ねっ! これすごいでしょ?」
って言って渡したい。

「これはかくかく、しかじかで~」
って語って、話が弾むもの。
で、選びました。

さて、皆さんの投票結果は…
1.バターバトラー バターフィナンシェ
2.鎌倉紅谷 クルミッ子
3.グーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート
3.チーズガーデン 御用邸チーズケーキ

1位はダントツ人気だったそうです。

素敵なお土産もいただきました

OMIYA!のチロルチョコ

コラボしたOMIYA!のチロルチョコ。
おみやん、可愛い。

オリジナルチロルは何度かいただいたことがあります。
子どもの担任の先生の写真のチロルだったことも。

中は同じチロルだと分かっていても、なんとなく食べられない。
いただいて、とても嬉しいです♪

OMIYA!を運営されている松本さんもいらしていました!

グリコのポッキー『大人の琥珀』、極細ポッキー、グリコピア・イースト限定パッケージのプリッツ

グリコの工場が北本市にあるということで、うさ吉さんが交渉。
こーんな素敵なお土産をいただいちゃいました♪

(この号外新聞が面白すぎ! 会場で歓声が上がりました)

何せ、限定品に弱いわたくし。
例年話題で売り切れてしまう幻のポッキー、10月24日に発売されるという『大人の琥珀』。
インターネット販売限定だそう。

こちらはウィスキーに合うように開発されたプレミアムなものだそうで。
ん? よくドラマとかで見る、高級クラブで氷の中に挿してあって、それだけで恐ろしいお値段がするポッキー、それでウィスキーをぐるぐるーってかき混ぜちゃったりするやつ?
って感じの、プレミアム感(笑)

グリコさんには申し訳ないけど、何年かぶりにポッキーを食べました!
あぁ、やっぱりポッキーって美味しいよね、うん、うん。

素晴らしい! グリコさん。
素晴らしい! うさ吉さん。
としみじみ思いながらいただきました。

”スイーツ紅茶会〜関東1都6県お土産食べくらべ会〜(@清澄庭園涼亭)で美味しいお菓子と紅茶をいただきました♪” すずめの感想

美味しかった。
楽しかった。

あれこれ、どうのこうのではなく、単純に感想はこれ。

それはご一緒させていただいた、「埼玉北部のさんぽみち」のになさん、三浦新聞編集長のmegayaさん、埼玉県の伝道師アイドル花坂小夜さんとのおしゃべりが楽しかったのもあります。

また、北本日記のうさ吉さんさくらさんのハンパないおもてなしと、着物男子中村さんOMIYA!のご協力のおかげでもあります。

そうだ、うさ吉さんとさくらさんのご夫婦が素敵だったなぁ。
一緒にブログを運営し、会を開催し、ともに同じ方向を向いて一緒に過ごされている。
穏やかな奥さまのさくらさんと、さくらさんのお手伝いをしている優しいうさ吉さんの素敵な旦那さま感が、なんかよかった。
(うちにはない空気感と連携だわー)
それが、一番の感想かも。

楽しい会をありがとうございました♡


スポンサーリンク
スイーツ紅茶会〜関東1都6県お土産食べくらべ会〜(@清澄庭園涼亭)で美味しいお菓子と紅茶をいただきました♪
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね