日本一簡単に家で焼ける食パンレシピBOOK(Backe 晶子)で食パンを作ってみた

20160522bread14

発売されました〜
日本一簡単に家で焼ける食パンレシピBOOK(Backe 晶子)です!

20160522bread1

うちにも届きました。
早速食パンを作ってみましたよー。

スポンサーリンク

基本の「黄金もっちり食パン」を作ってみた

まずは基本のパンを焼いてみましょう。
何よりも特別な材料がいらないのが嬉しい。
シンプルなパンだから、食べるときに色々とアレンジができる。

そして…
一番面倒でない(と信じている)。

20160522bread2

用意するもの

必ず用意するものはこの3つ。

  • はかり

    材料の分量を計る。ベッカさんが研究に研究を重ねて、日本一簡単に焼けるようになっているレシピなのだ、分量の計測は大事。ずぼらな私でも、一応そこは慎重に行う(笑)

  • ボウル(大)

    直径25cmくらいの大きさだと作業がしやすいらしい。
    私が使っているのは、有名密閉容器のボウル。
    ステンレスでもガラスでもプラスチックでも大丈夫だと思う。

  • 温度計

    これはマストアイテム。
    室温とお湯の温度を測る2種類を用意と書かれているが、私はお湯の温度用のものしか使っていない。

20141115bread10.jpg

本に書かれている道具で私が使っているものは

  • まな板
  • 計量カップ
  • 計量スプーン
  • 布巾
  • ラップ

本に書かれていないもので私が使っているものは

  • 泡立て器 … ふるいの代わり
  • 包丁 … スケッパーの代わり
  • スマホ … キッチンタイマーの代わり(タイマーかけている時にネットサーフィンしていて固まってしまい、うっかり再起動してしまい、時間が判らなくなった…)

材料の用意

基本の「黄金もっちり食パン」の材料はこれだけ。

  • 強力粉
  • 砂糖
  • インスタントドライイースト
  • ぬるま湯(35℃前後)

    20160522bread15

  • バター

20160522bread11

強力粉は普通にお料理で使っている小麦粉とは違います。
今回は強力粉とインスタントドライイーストを買ってきました。

全てをきちんと計測して用意しておきます。

作り方の手順

手順は本に詳しくあります。

Step1 計る&こねる

ボウルに入れた強力粉をふるいにかけるのですが、ここで私はふるいにかけずに泡立て器で粉をぐるぐるします。
これ、すっごくいい加減に思えるかもしれないけど、独身時代に通っていた料理教室の先生から教えていただいたワザ。
デリケートなお菓子作りでも大丈夫でした(笑)

20160522bread13

もしもふるいを買うのなら、こちらのタイプがおすすめ。

握力が必要ないので、とても楽です。

ここさえ終われば、あとはほったらかす時間がかかるだけ。

20160522bread18

ほったらかす その1

要するに一次発酵。
室温25度で50分。
チェックの方法と目安もあるので、そこを参考にする。

20160522bread19

Step3 ガス抜き&丸め直す

まな板の上に取り出して、パン生地を押さえてガスを抜く。
丸く整える。
それだけ。

20160522bread20

ほったらかす その2

要するにベンチタイム。
しっかりと絞った布巾をかぶせて10分間。

20160522bread21

Step3 ガス抜き&丸め直す

Step2同様。

20160522bread23

ほったらかす その3

要するに二次発酵。

20160522bread24

生地を型の中に入れて、かたく絞った布巾をかけて、60分ほったらかす。

Step4 30分焼く

二次発酵を済ませて大きくなった生地。

20160522bread25

190℃に予熱しておいたオーブンで30分焼いて、出来上がり。

スポンサーリンク

出来上がりのほどは・・・

いい感じに焼きあがりましたが…

20160522bread26

膨らみが足りませんでした(笑)

20160522bread28

だいたいね、きちんと作り方を読まないからいけないのだ。

Step1で生地を引っ張ってしまったからかなぁ
一次発酵でタイマーかけているスマホを再起動してしまい、時間がわからなくなっちゃったからかなぁ
いや、今思うとベンチタイムを10分以上やっていたかもしれない。
二次発酵の膨らみ具合をきちんとチェックしなかったからかもしれない。

どうしようもないいい加減さだわ。
(これまでのパンもそんないい加減さで作っている…)

でも、味は美味しい!

20160522bread30

つまりこれがきちんと膨らんで焼きあがったら、本当に最高だ。
膨らんでいない分、しっかりと詰まった感じの重ためのパンと言う感じ。
ちょっと表面も硬めです。

夫はグリーンカレーをつけて食べました。
普通の食パンよりも耳に当たる部分が薄くて、とても食べやすい。
パンの風味がとても良い。
との感想。

重ためのパンにグリーンカレーをしっかりとしみこませたら、とても美味しかったそう。
これはこれでスープに合うから、コーンスープとかしみこませて食べたい。

”日本一簡単に家で焼ける食パンレシピBOOK(Backe 晶子)で食パンを作ってみた” すずめの感想

今夏はい膨らみが足りませんでしたが、食べるのには全く問題ない。
これはこれで手作りの良さだと思って、いただける。

20160522bread31

「またリベンジしよう」
って思える手軽さで作れるので、失敗を恐れずに作れるよ(笑)
どうしてできなかったのかを考えるのも楽しかったりする。

手順も道具も材料も最小限でお家でパンが焼けちゃう。
焼き上がりの良い香りは最高です!

>> ほかの日本一簡単に焼けるパン焼きレシピのお話はこちら

翌日、改めて作ってみました!

日本一簡単に家で焼ける食パンレシピのリベンジ! 材料の計測は間違いなく行おう
昨日、日本一簡単に家で焼ける食パンレシピBOOKで食パンを作りましたが… 美味しかったけど、でも、正直言って失敗でした。 ...

▼▼▼ 購入はこちらから ▼▼▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうぞ、この記事が良かったらシェアしてくださいませ♡

どうぞ、すずめをフォローしてくださいませ♡