カメラのオートモードはキレイに撮れるモードと思っていない?  脱オートのMMCカメラ写真教室を受講したよ

20160307cameraschool3

カメラの入門講座を受講したの。
その講座は
『超初心者向けのよくばりカメラ入門講座』
なんだけど、実際には
『脱オート! & A(Av)モード & マニュアルモード入門編』
という、かなり挑戦的な(笑)講座。
そう、オートモードじゃなくてマニュアルモードで撮影しましょう、という主旨。

もうね、気になって仕方がなかった。
せっかくのミラーレス一眼カメラ(オリンパス OM-D E-M10 Mark II)だし。

40代主婦がオリンパス OM-D E-M10 Mark II EZダブルズームキットを買ったよ (決め手と使ってみた感想)
もといっ! OLYMPUS(オリンパス) OM-D E-M10 Mark II EZダブルズームキットを”買っていただきました”♪ これまで使っていたC...

いっぱいボタンがあるのに、全く触らないなんてもったいないじゃない?
そこでこの度、横浜みなとみらいの横浜ホームコレクションのイベント、『卒業・入学に間に合う! 首都圏で大人気の初心者カメラ講座』を見つけて、申し込みました♪

スポンサーリンク

MMCのママのためのカメラ写真教室

”MaMa’s Camera” 一般社団法人MMC写真教室インストラクター協会が開催している教室。
1万人の子どもたちを撮影してきたフォトグラファーがママのための本格的写真講座を作ったのだそう。

そう、ママの被写体って子どもたち。
それがね、ママでも、ママが持っている一般的なカメラでも、買ったばかりでも、どんな状況でもプロ並みの素敵な写真が撮れちゃう講座なの。

20160307cameraschool1

実はオートモードではなくて、マニュアルモードで撮るのがいいらしい。
だけど、マニュアルモードってすっごくプロっぽくない?
難しそう。

カメラの設定

まずはマニュアルモードの撮影のために、設定をする。
正直言って、カメラについてくる取扱説明書って見ないよねー。
どこにしまったかも覚えていない(笑)

テキストには各カメラの取扱説明書の何ページに書いてあるかを、手書きで書きこんでくださっている。
そうするとね、難しい言葉が並んでいる取扱説明書でも何がどこに書いてあるのかがわかるよね。
親切すぎる!
もう、そのお手間に感謝。

20151211camera15

そこで、モニターの明るさ、露出、AF動作、AFエリア、ドライブモード、ホワイトバランスを設定。
なにこれ、っていうやったことがない操作もあったよ。

実際にマニュアルモードで撮影してみて調整する

ISO、絞り、速度のお話を伺って、実習用に設定をしてみます。
そして、実際に撮影してみる。

ここで明るさを調整するんですよ。
もうね、ISO、絞り、速度を変える操作はできるようになっている。
だから、それで明るさを調整するのね。

そして、さらに動いている人物を撮影しても被写体ぶれをしないように調整するんです。

止まって手を振っているんだけど、動いているところはぶれちゃうんだよね。

20160307cameraschool10

調整すると…

20160307cameraschool9

手を振って、さらに歩いてもぶれずに撮れちゃうのー!
おまけに、普通なら逆光気味の向き。

そうしたら、いつも明るく、動いているものもきちんと撮影できちゃうわけ。
オートモードで撮影すると、日差しの差し方で明るさが変わってしまう。
動いているものが、ピタッとシャープに写らない。

スポンサーリンク

これって、運動会とか遠足とか、日光の下で動き回っている子どもたちを撮るときにすっごくいいじゃない!
逆光だって、ダンスだって、怖くなくなるわけ。

これは静物を撮るときでも同じ。
もう子どもが大きくなってしまった私にとっても、役に立つのよ。

ぼかしの基本を教えていただく

カッコいい、上手な人っぽい写真って、背景がボケているよね。
これを上手く撮影する方法を、実際の例を見ながら、撮ってみながら教えていただいたよ。

2枚の写真を比べてみて。

20160307cameraschool11

20160307cameraschool7

ほぼ同じ、MMC理事の平良さんのお茶目なポーズ。
だけど、背景が違うでしょ?
この撮り方を教えてもらえるの。

この知識を知ったら、すごく無敵になった感じ。
どうしてそうなるのかがわかると、きちんと自分のものになる。

20160307cameraschool8

こーんなドアップも撮れる。

前にあるものをぼかすこともできちゃうよ。

20160307cameraschool5

”カメラのオートモードはキレイに撮れるモードと思っていない?  脱オートのカメラ写真教室を受講したよ” すずめの感想

この教室の素敵なところは、その日お家に帰ってから、すぐにマニュアルモードで撮影ができるようになるということ。

気さくに声をかけてくれる先生方の面倒見の良さ。
わからないことを持ち帰ることがなくて済むでしょ。
先生がママだと言うことも親近感があり、お話しやすいというのもメリットなのかも。

また、自分のカメラの取扱説明書に対応するように手を加えてくださっているテキストもいい。
テキストに”〇〇を設定しましょう”とただ書かれていても、〇〇って?ってレベルだと取扱説明書から〇〇の語句を探し出すのも大変。
それが、どのページに書かれているのかがわかるので、このテキストは自分だけの完全保存版!

20160307cameraschool4

これからマニュアルモードで撮影することをしっかりと身につけていきたいな。
いつも撮影の前に、当たり前のように設定や調整ができるようになるといいんだ。
オートで撮って思ったような写真が撮れないストレスを考えたら、撮影前の調整だけでキレイに撮れるんだもの。

講座では実際に失敗例を撮影して自分で調整するので、本当にわかりやすかったです。
設定するとどうなるのかの変化がわかると身につくよね。

ミラーレス、一眼レフをお持ちの方、そしてレンズキットを買ったけどレンズを取り換えてない方(←私のこと!)、そんな方は受講されてはいかがでしょうか?
写真を撮るのが、さらに楽しくなりますよ♡

▼▼▼ 詳細はこちらから ▼▼▼
⇒⇒ 社)MMC写真教室インストラクター協会
⇒⇒ ◆連載開始◆ MMCはなぜマニュアルモード推奨なの?◆ 首都圏~関西★ママのための本気なカメラ写真教室★入選者多数の実績★★


スポンサーリンク
カメラのオートモードはキレイに撮れるモードと思っていない?  脱オートのMMCカメラ写真教室を受講したよ
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね