『デジタル超整理術』を読んで文書や本のデジタル化(自炊)をやってみた

20151017scan2

先日、自炊セットを買った。

IMG_0322自炊生活始めます! ~スキャナー富士通ScanSnap iX500と裁断機を買ったよ
”自炊生活始めます”って、主婦のすずめさんが何を言っているの?  って思った方もいらっしゃるでしょう。 もちろん、主婦で...

やっと重い腰を上げて(笑)、今日やってみましたよ~
もうね、棚から出した自炊待ちの本が山のように積みあがっています。

スポンサーリンク

ScanSnapを接続します

IMG_0290

パソコンにSetup DVD-ROMをDVDドライブにセットします。
あとは表示に従うだけ。

私の場合は、無線LAN接続にしたかったので、後でScanSnap無線設定ツールで設定しました。
この時、どうしてもエラーになっちゃって。
原因は本体背面の無線LANとUSB接続かのスイッチを無線LAN用にしていなかったから。

困ったことはそれだけで、難しいことはなく出来ました♪

本を解体して裁断する

結構厄介なのがこの作業で。
こういうの、適当にやりたくなっちゃうのよねぇ。

私が購入した裁断機カール事務器 ディスクカッター A4サイズ DC-210Nは、一度に40枚までしか裁断ができない。
ここは予算と枚数が比例している悲しいところ。

薄い本はそのまま裁断しちゃいました。

20151017scan10

切り落とした部分がこれ。

厚い本は本の背をカッターで切り裂いていきます。

20151017scan3

が、これは適当にちぎってしまった(笑)

そして、裁断。
これ、気持ちいい。
レバー式の裁断機はずれそうだし、指を入れてみたくなる衝動に駆られるし(笑)。
このようなタイプの裁断機は一度にスパッといかない代わりに、安全だ。

この裁断機はさらに安全で、このハンドルを上げると紙をセットできるようになっている。

20151017scan11

ハンドルをおろして、スライダーを動かしてカットできるわけ。

20151017scan12

安全第一♪
だいたいこの裁断機でカットできる枚数40枚ごとにスキャンすればいい感じのテンポでできるからいいかなぁと思っています。

20151017scan4

ScanSnapでスキャンします

大事なのは裏面を手前に、下向きにセットすること。

20151017scan5

これ、うっかり間違えてしまう。
サイドガイドをしっかりと幅に合わせるのは大事ね。

Scanボタンを押すだけ!

20151017scan6

スキャンされたページがパソコンに流れるように表示されます。

20151017scan1

速い!
街の両面コピーよりも速い。
気持ちいいくらい。

一度に複数ページをスキャンしてしまった場合は、どうするのかを尋ねられます。
これ、賢い。
そのまま保存するのか、改めてスキャンするのか、選択できます。
紙がくっついていて2枚一緒に流れてしまったのが、きちんとわかるなんてすごいな。

スキャンし終わるとどこにどのように保存するのかを尋ねられます。

20151017scan7

WordやExel、PowerPointの文書に変換できるって、かなり便利ね。
保存はDropBoxやEvernoteなど、使い勝手が良いクラウドサービスに保存できる。
私も主にDropboxかEvernoteに保存予定。

連携しているモバイルにも保存できるので、スマホでも見ることができるよ。

『デジタル超整理術』を読んでどんどんデジタル化する気分になった

このムック本『デジタル超整理術』を読んだら、紙類をどんどんスキャンしてデジタル化したくなった。

20151017scan13

単に本を処分できなくて、デジタル化しておけば手放せると思っていたの。
マメにスキャンする癖をつけて身の回りの紙類をスキャンすれば、かなり省スペース化できるよね。
それに情報を管理しやすくなる。
どうしても原本が必要になる書類以外は、スキャンしてしまってもいいんだ。
そう思ったら気持ちの上でもすっきりしてきた(まだ、何もやっていないのに、スッキリしたところだけを妄想して満足している)。

そして、私にとって気づきになったのは…
デジカメが出るまでの子どもたちの写真だ。
やたらと撮りまくって、現像したまま、箱に入れっぱなしと言う、情けない状態になっているの。
これからの子どもたちは自分の小さいころの写真もデジタルで見直すようになるであろう。
アルバムができていても、それを写メってスマホで見ているんだから。
そう思ったら、このたまりまくった写真をサクサクとスキャナーにかけてしまおうじゃないか。

思えば当たり前のことだけど、本のことしか考えていなかったから。

”スキャナーの一番の機能は、紙を捨てるのを後押ししてくれること”

この本に書いてあった。
あぁ、これだ。
スキャンすれば安心して捨てられるんだ。
いつか使うかも、いつか見るかも、って思って残してしまうんだよね…

ただ、気をつけないとかなりの容量を食うことになるので、クラウドやハードディスクを用意しないといけないね。

”『デジタル超整理術』を読んで文書や本のデジタル化(自炊)をやってみた” すずめの感想

スキャナーを買うのって、マニアックな人しかいないような感じがしていた。
でも、これ、普通の家庭にあってもいいんじゃないのかな?

私は友人の家で自炊しているのを見せてもらって、是非やろう!と思えました。
ただね、多少の投資が必要なので、不安な場合はこのようなサービスがあるので、体験してみたらどうかしら?

IMG_0339

⇒⇒ 本の自炊って簡単?難しい?@本の自炊レッスン|時短簡単スマホ活用で家事効率化 もっと暮らしやすく!あなたの心と時間にゆとりを作り出す方法

講師の下村さんは主婦のためのEvernote主婦的活用レッスンも行っています。
スキャンした文書の整理の仕方や、身の回りにあふれる情報を上手に整理する方法を教えてくれます。

▼▼▼ 購入はこちらから ▼▼▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうぞ、この記事が良かったらシェアしてくださいませ♡

どうぞ、すずめをフォローしてくださいませ♡