『 JAL工場見学~SKY MUSEUM~』で政府専用機を間近に見て興奮! 

先日JALの工場見学に行きました。
なかなか予約が取れないのですが、時々ぽっかりと数人分予約が入れられたりするんです。
我が家もそんな感じで予約GET!

羽田空港まで車で行って、国際線の駐車場に停めてモノレールで向かいました。

スポンサーリンク

JALメンテナンスセンターです

新整備場駅を出てすぐのJALメンテナンスセンターに向かいます。

20140920jal13.jpg

20140920jal1.jpg

20140920jal3.jpg

入口で受付をして入館カードをいただきます。
他の社員さんと同じようにゲートでバーコードをピッとかざして入場です。

20140920jal5.jpg

3階のフロアがJAL SKY MUSEUMです。
展示室と教室があります。

航空教室

まずは大きな教室で映像を見ながら飛行機や羽田空港のことを教えてもらいます。
例えば飛行機はどうやって飛ぶのか、飛行機の大きさのこと、滑走路のこと、などなど。
おおよそ30分間です。
講師の方の素晴らしい話術で話に引き込まれました。

20140920jal22.jpg

展示エリア

最初に20分ほど展示エリアを自由に見学です。

JALの年表や歴代の制服の展示

これを見るとまず「シュチュワーデス物語」を思い出しちゃいますねぇ
あぁ、この制服!って。

また上の子たちが小さい時に乗ったリゾッチャでいただいたグッズが展示されていたのには興奮してしまいました。
「あんなことあったなぁ」って。

他にも飛行機に関するグッズなどもたくさん展示されています。
自分の歴史と照らし合わせて見て、とても興味深かったです。

皇族の方が座られられる椅子

うぉーーーーーっ、となんとなく言ってしまいますね。
ご搭乗の際の様子の写真も展示されています。

仕事紹介エリア

運行乗務員、客室乗務員、整備士、空港スタッフ、グランドハンドリング&貨物スタッフのブースがあります.

20140920jal8.jpg

仕事の内容がわかります。

運行乗務員(パイロット)や客室乗務員(キャビンアテンダント)のあのバッグの中身も見られます。

実際に体験することもできます。
飛行機を誘導するグランドハンドリングのお仕事ができます。
画面に向かって手を上げて「オーライ!」ってするんです。
これは大人の男性も楽しそうにやっていました。

空港のチェックインカウンターがあるので、空港スタッフの気分でカウンターに立つことができます。

他にクイズがあったり、スタンプを押せたりできます。

20140920jal21.jpg

制服体験エリア

制服を着てコックピット内にいる写真を撮れます。

20140920jal7.jpg

また飛行機のパネルの前でも撮れます。
係りの方が立ち位置やポーズなどを親切に対応してくださいます。

時間が足りないくらいだけど売店もチェック!

他にも飛行機の模型や新しいシートの展示や顔マッピング(その場から離れられなくなる面白さ!)があります。
この時間内に売店も見ておかなくちゃ! なのです。
JALグッズがここで買えるわけです。

子どもたちにファイルとタオル。
私はシークワーサーのジュースを堪能。
機内で食べられるカップ麺も売っています。

格納庫見学

グループに分かれて格納庫を見学します。
第1格納庫には人間で言うところの「人間ドック」に入っている飛行機が2機ありました。

スポンサーリンク

20140920jal11.jpg

シートからカーペット、操縦席の椅子、トイレまでバラバラにして全てを綺麗にします。
棚には取り外した部品が綺麗に並べられています。
ラッピング機のラッピングや塗装もここで行うそうです。

20140920jal10.jpg

第2格納庫で政府専用機を見た!

航空教室の講師の方に「今日はラッキーですよ、政府専用機が見られます」と言われて、滑走路のはるか彼方に停まっているのかと思っていました。
だって、羽田空港に来ていると言うだけでラッキーだと思うから。
ヘルメットをかぶって次の第2格納庫へ向かうと、入口の隙間から…
日の丸の尾翼が見えるではないかっっ
そう、目の前に政府専用機が!

すでに日系航空会社では飛んでいないジャンボと呼ばれるB747型機。
私たちが飛行機と言うとこのジャンボを思い浮かべるでしょう。
(スチュワーデス物語の見過ぎ?)
とてもかっこいい機体です。そしてとーっても大きくて存在感があります。

隣にB767型機がいましたが、こちらは中型機なのでとても比べものにはなりません。
手を伸ばせば届きそうなところで見られるなんて、大興奮です。

ここでの写真撮影はOKなのですが、ネット上には公開出来ませんので、私たちのカメラの中に収めてあります。
飛行機好きの夫と次男はひたすら写真を撮りまくり。
特に次男は政府専用機が好きなので、説明そっちのけで父から借りた一眼レフやスマホでバシバシ撮っていました。

第2格納庫前から滑走路を見る

風向きによって4本ある滑走路を使い分けているそうですが、この日は格納庫前の滑走路が着陸の滑走路。
夕方なので2分に1機が着陸することもあって、まつことなくつぎから次へと着陸の様子を見ることが出来ました。

20140920jal12.jpg

飛行機と同じレベルで着陸を見られるなんて、またとない経験でした。
いつまでも、その場を離れられなかったです。

展示室を楽しみたいなら早めに行こう!

受付が30分前からなのですが、開始時間まで展示室を見たり売店に行ったり出来ます。
航空教室の後に20分間見学の時間がありますが、早い時間だと人が少ないのでゆっくりと見ることが出来ます。

20140920jal6.jpg

”政府専用機を間近に見て興奮! 『 JAL工場見学~SKY MUSEUM~』に行ったよ” 感想

お土産は入館カードを首からかけていたネックストラップです。

20140920jal14.jpg

工場見学の時間がたっぷりあって良かったです。
10名ほどに1人の担当の方がついてくださるのですが、たくさん説明をしてくださり、いろんな質問に丁寧に答えてくださいました。
ただ見るだけではなく、よくご存知な方と対話ができるのはとても有意義に過ごせました。

私たちのグループは早めに見学がスタートしたのですが、最後の第2格納庫を出たのが最後。
これでもかと言うくらいに政府専用機を見せていただきましたよ。
本当にラッキーな日でした。

20140920jal15.jpg
国際線ターミナルの展望デッキから見学した格納庫が遠くに見えます。

詳しくはこちら
⇒⇒ JAL工場見学~SKY MUSEUM~ 

JAL日本航空 先得
JAL日本航空 JMB WAON


スポンサーリンク
『 JAL工場見学~SKY MUSEUM~』で政府専用機を間近に見て興奮! 
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね