文房具カフェでの過ごし方 ~ペンを買って、おしゃべりしながら曼荼羅を描いた

20161017bunbougucafe9

表参道にある文房具カフェ。
最近はカフェでくつろぐ風潮がとてもあるけど、まぁ、ここほど居心地がいいところはないという感想。

]

何故なら、ガッツリと書きものをしていても誰にも何も言われないというところ。
(混雑時には2時間まで)

私はここにきっと通うだろうと思っている。

20161016bunbougucafe55

トルコのラメ入りゲルボールペンを購入

点描曼荼羅を描き始めてから、手帳に黒い紙をはさんで、いつも持ち歩いている。

201609014mandala1

どこで、素敵なペンに出会うかわからないからだ。
新しいペンを見つけてみて、点描曼荼羅に向いているかどうかを試すわけ。
黒い紙に発色しなければ、意味が無いのでね。

この日ほど、黒い紙を持ち歩いていて良かったと思った日はないかもしれない。

文房具カフェでお友だちと待ち合わせ。
普通、お店に着くとお友だちを探すものだけど。

20161016bunbougucafe47

まず最初に見つけてしまったの!
ペン。
色とりどりのペンが並んでいるとチェックしてしまうのよねー。

曼荼羅を描くのに適しているのは俗に言う、ゲルボールペン。
それが、あったの。
これ。

20161016bunbougucafe13

なんと、トルコ製。
なんで、トルコ製?

ラメ入りのゲルボールペンだっていうじゃないの。

20161016bunbougucafe14

お店に入って1歩目で、お友だちに会う前にペンに出会った。
私はこそこそとバッグの中の手帳から黒紙を出したよ。

書いてみる。

20161017bunbougucafe5

いい感じ!

全部で9色。
そのうち、黒を除いて、8本をすぐさま購入させていただきました♪

ところが、しばらく経つと、黒のペンで書いたのも、いい感じにラメが目立ってきたの。
トルコ製なんて今度いつ手に入るかわからないし、せっかくだからと追加で買っちゃった(笑)

店員さん曰く、このペンは入荷したばかりだとのこと。
私が黒以外のペンを買ったので、どうしてなんだろうと思われたらしく、黒紙にマンダラを描いていることをお話しすると、黒いノートを入れてみたいと言われた。
そこで、黒い紙に発色するペンについて、話がはずんじゃった(笑)

20161016bunbougucafe27

トルコの筆記具ブランド PENSAN(ペンサン)のペン

20161017bunbougucafe1

家に帰ってググってみた。

PENSAN(ペンサン)は1967年、トルコ共和国に設立した筆記具のリーディングカンパニーです。
4つのブランド PENSAN,FATIH,RIO,TURBO)を保有し、世界60ヶ国、5大陸にわたりグローバルビジネスを展開している企業です。
製品は、ドイツRW.TUV社の厳しいチェックをクリアした認定製品として品質面・安全面とも安心してお使い頂けます。

とのこと。
⇒⇒ 株式会社インフィエイト

商品を見てみた。
⇒⇒ PENSAN

あ、オサレ文具店で見たことがあるー!
っていうペンがあるじゃないの。

ほうほう、さすが文房具カフェだ(なんで上から目線?)

このペンはGLITTER GELシリーズ。
ペンの本体もキラキラしている。

20161017bunbougucafe2

太さは1.0㎜。

20161017bunbougucafe6

スイス製のトップチップ(ペン先)なのだそう。
発色も良く、ペンのあたりも良いので、すごく描きやすかった。

こちらのショップではグリッターは売られていないけど、ネオンカラーがあるようなので買っちゃうかもー。
⇒⇒ 新宿 文具雑貨エイトボール【8ball】

そんなにすごいペンに出会たなんて、嬉しすぎる♪

曼荼羅を描いて過ごす

自由にお借りできるペンの中にも、黒紙に発色するペンがいくつかあり。

20161017bunbougucafe11

ちょうど7㎝角の黒紙を持っていたので、ここは曼荼羅が描きたくなってきた!

でも、あいにくコンパスがなくて。
定規に分度器がついていたので、それを使ってコンパスがなくても描ける下絵を描いてみた。

お友だちとおしゃべりしながら、点々する。
もちろん、買ったばかりのトルコ製のペンたちも使って。

1時間ほどでさっくりと出来上がり。

20161017bunbougucafe10

はぁ、充実♡

さっっくりと描いた割には上出来だったかと(笑)

20161017bunbougucafe3

”文房具カフェでの過ごし方 ~ペンを買って、おしゃべりしながら曼荼羅を描いた” すずめの感想

曼荼羅はひとりでいろいろと考えながら描く方が好きなのですが、いつもとは違ったシチュエーションで描くのもいいもので。

20161017bunbougucafe7

気の置けない友人なら点々しながらおしゃべりさせてもらって。
美味しいランチの後に、お茶をいただきながら、好きな曼荼羅を描かせてもらって、とてもいい時間を過ごせたわ。

他にも店内には、パソコンを開いている人、本を読んでいる人、ひたすらに何かを書いている人、打ち合わせをしている業界風な人のグループもいらして、皆さん思い思いに過ごしている。
本当に居心地が良い。

スマホの充電をさせていただけるのも嬉しい!

20161017bunbougucafe8

>> ほかの曼荼羅のお話はこちら
>> ほかのカフェのお話はこちら

▼▼▼ 詳細はこちらから ▼▼▼
全色ではありませんが、こちらでPENSAN GLITTER GELが購入できるようです。
⇒⇒ トルコ PENSAN/ペンサン GLITTER GEL/ラメ入りゲルペン|旅屋

⇒⇒ 文房具カフェ
⇒⇒ 文房具カフェ|ホットペッパーグルメ
⇒⇒ ホットペッパーグルメで表参道のカフェを探す

お出かけ曼荼羅日々のことカフェ・スイーツ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
この記事をシェアする
このブログ「日々、いと楽し。」をフォローする
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログ