ほぼ日手帳カバーをミシンを使わずに手作り その1 〜布の準備

20161007hoboniti86

1年に2冊の手帳を使う使い方をしている私。

2014年のほぼ日手帳が発売されているけれど2013年版を購入した私
10月に入って2014年版の手帳が出そろい、手帳売り場がとても賑やかになっていますが… 私、先日こちらを購入。 間違いではなくて、今年...

10月になり、新しいほぼ日手帳カバーを作ることにしました。

好きな台湾の花布で欲しいのですが、いかんせん、わたくし、ミシンがありません。
そこで、ミシンを使わずにカバーを作りました

ミシンを持っていないけど、ほぼ日手帳カバーを自分で作ってみた (手作りほぼ日カバー)
私の手帳はほぼ日手帳で定着している。 いい感じで1年に2冊を使う方法がすごく気に入っている。 >> 2014年のほぼ日手帳が発...

この時はラミネート加工されていた布だったのですが、今回はラミネート布を作るところからやってみようと思います!

予めお伝えしておきますが、わたくし、大変ズボラな性格でして、
”6ヶ月間使えればいい”
というだけの突貫作品ですので、きちんとしたものをご所望の方には参考にならないかもしれません。
ご了承くださいませ。

スポンサーリンク

柄を選ぶ

毎日使う手帳なので、気に入ったカバーをしたいですよね。
そこで柄を選びましょう。

20161007hoboniti11

布のどの部分を使うのか、です。
ここはケチりたくない。
実際に使うときに、どの部分が見えるのか、それはほぼ日手帳を手にする時のテンションにもつながると思います(笑)

模様に上下がある場合もきちんと確認しましょう。

20161007hoboniti12

ここのやっぱり台湾花布らしい、この大きな花の部分を使いましょう。

手帳は開いたところを他人から見られますので、その感じもチェック。

20161007hoboniti15

意外と他人は手帳カバーを見ています。

布を切る

大きめに見積もって、縦30cm、横45cmの大きさに切ります。

柄を選んだ場合はその柄の下に1cm以上は折り代を取るので、それ以上間をあけてその柄が来るようにします。
上辺(もしくは下辺)はペンホルダーの部分を切り出すので、10cmくらい多めになるようにして縦30cm、横45cmくらいとなります。

若干もったいないのですが、ズボラに作るにはムダも仕方がありません。
ラフに定規で線を引いて、布を切ります。

20161007hoboniti14

ザクザク切っちゃいました(笑)

”ほぼ日手帳カバーをミシンを使わずに手作り その1 〜布の準備” すずめの感想

このズボラな作り方は、チェック柄だと直線が取りやすくて作りやすいんじゃないかと思うのですが、ちょっとずれると逆にズレが目立ってしまいので、個人的にはお勧めしないかなー。
(ズボラすぎるからっていうのもあるのですが)

チェックもそうですが、綺麗に並んでいる柄よりも大柄なほうが、ごまかしが効きます(笑)
いかにごまかすか、がポイントです。

20161007hoboniti77

>> ほぼ日手帳カバーをミシンを使わずに手作り その2 〜ラミネート加工をするにつづく

ほぼ日手帳カバーをミシンを使わずに手作り その2 〜ラミネート加工をする
ほぼ日手帳を1年間で2冊使っています。 6ヶ月で新しくするのですが、その6ヶ月間、手帳を気持ちよく使いたい!って思うんですよ...

>> ほかのほぼ日手帳のお話はこちら

▼▼▼ 購入はこちらから ▼▼▼

スポンサーリンク
ミササ ラミネートシート らみ~ちゃん 透明 アイロン接着 No.905
by カエレバ
ニチバン 両面テープ ナイスタック 強力タイプ 15mm NW-K15 大巻
by カエレバ
コニシ ボンド 裁ほう上手 17g #05476
by カエレバ

スポンサーリンク
ほぼ日手帳カバーをミシンを使わずに手作り その1 〜布の準備
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね