高校の文化祭に行ってきて見えた学校の違い @高校受験生の母

20160927school1

子どもがいると、ほぼ子どもの数と同じだけやってくる高校受験。
わたくし、すずめも母として3回めの高校受験でございます。

バシバシとおしりも叩きませんし、入れるところに行けばいいと思っているタイプです。

高校を決めるにあたって、行くと良いと言われているのが文化祭。
飾らない(はっちゃけ過ぎなところもあるけど)、その学校の姿が見られるので、志望校決定の参考にすると良いですね。

スポンサーリンク

高校の文化祭を見学する

学校によっては完全に非公開ということころや、チケットがないと入れない学校もあるけど、基本的には中学生は行くことができます。
そのあたりはホームページに載っているので要チェック。
(芸能コースのある某私立校は、発行してくれた先生の印鑑と、自分の担任の印鑑があるチケット持参でないと入れません ←そう言われるとミーハーな動機で行きたくなる)

基本的には制服で生徒手帳を持って行きます。
受付でのチェックが厳しい学校もあるんですよ。
あと、中学生、他校生で染髪は入校禁止にしているところもありました。
(まぁ、中学生で染めている子もいないでしょうけれど)

制服を着ていれば、受付で氏名や学校名を記入して入校できます。

上履きの有無は確認しておいて、必要なら持って行くといいでしょう。
私はあのビニールスリッパでは足が痛むので歩けないため、持参します。
大抵の学校ではスリッパを用意してありますが、数に限りがあるので時間によっては素足のまま…なんてことになると、悲惨です。

説明会が開かれる学校もあるし、学校説明ブースがある学校もあります。

4校の都立高校に行ってきました

文化祭は2年生のうちに行くと良いと言われたりもしていますが、運動部だとこの秋の時期は忙しい。
土日も休みなく部活をやっているので、とても行くことができません。

塾に通っていない我が家は(成績がいいから塾が不要なのではなく、塾の先生が気に入らないという理由で辞めて以来、家で勉強するほうが気が楽なのだそう)、3年生になってから受験案内を買ってきて、成績と所在地で学校を絞りました。
夏休み最後の模擬試験で、3つの高校の合格確率と、他のおすすめ高校を提示してくれるので、そこから文化祭に行く学校を決めました。

息子は受験案内を見たり、友だちと話したりして、どうしてもここがいいという学校がない様子。
「ここに入ってやるー!」と頑張るタイプではないので、入れそうなところの中からセレクトします。

彼は文化祭のお祭りにノリノリで参加するタイプではありません。
盛り上がっている時よりは、閑散としている時間に行きたいらしく、朝、開場してすぐの時間に行きました。

そして、校内をひと回り。
校庭を見る。

以上で、おしまい。
短い学校だと10分ほどの滞在になります。

そんな見学でもわかることがありました。
ポイントは掃除の状態と生徒の雰囲気と先生との距離感かな。
(文化祭のときはラフに先生と接することができたりするから)

A高校

長男の母校。
強いて言うなら、次男はここに行きたいと思っている。

受付の後、先生が「今日は何を見に来ましたか?」と声をかけてきてくださいました。
また、校内で出会う先生方は皆さん挨拶をしてくださいました。
(↑これ、当たり前なようですが… →後述)
また、校内でも複数の生徒が「こんにちはー」と挨拶。
(すっごいイケメンの子に挨拶されて、母の評価はそれだけでアップしたわww)

この学校で印象的なのは、生徒と先生の距離感。
先生も普通に生徒の教室に訪ねて行っていて、生徒たちと楽しそうにしていた。
外国人の先生も人気者な感じ。
私はこういう学校が好き。

中学生向けの受験相談コーナーがあり、制服や行事の様子などが展示されていた。
また、学校案内も自由にもらうことができた。

この受験案内コーナーの入り口で資料だけをもらって帰ろうとしていたら、廊下にいた先生に声をかけられ、ちょっとだけ質問した。
そのまま立ち話になってしまったが、感じの良い先生で、良いお話を伺えてとても良かった。

相談は朝一番ということで誰もいなかったのが、立ち話中に2席とも相談者がいた。

「受験生ウェルカム!」な感じが何より好感が持てた。

ドア・ツー・ドアでなんとか1時間ってところ。
うちのあたりから通う生徒はかなり少ない。
朝練でお弁当を持たせるのはくじけてしまいそうなので、通学路のコンビニの場所は要チェック(笑)

中庭があるため校舎内も明るく、後で振り返ってみると掃除も行き届いていた。

20160927school2

B高校

明るいフレンドリーな印象のA高校と同じ日に行ったのがいけなかったのか…
いや、他の日だったとしても同じ印象だったな、と思っている。

ここは受験しない。

何故か?
これだけで判断してはいけないけれど、うーん、違うな、って思ったらもうダメなんだよね…

土日で行われる文化祭の2日目。
来校者が多いためにしかたがないのかもしれないが、ホコリが多い!
階段の1段1段、隅の方に大きなホコリが。

さらに明らかにゴミと思われるものまで、結構目立つ。
教室の間に広い空間があり、ここでくつろげるようにベンチがあるんだけど、階段から上がってくるとそのベンチの下に白い粉とゴミが見える。

これね、生徒は仕方がないにしても、大人が気づいてもいいんじゃないのかなぁ、と。
この状態でスリッパがなかったら、校内を歩きたくないと思う。
登校した時に、ひとりがひとつずつゴミを拾ったら、きれいになっただろうに。

先生らしい人にも数人出会ったが、ご挨拶なし。

学校案内のブースがあったようだが、午前中の1時間だけだったみたいで、到着したのが15分後だった…。
学校資料すら、もらえず。
(いや、無理してもらって帰ってこようとも思わなかった…)

校庭も狭い。
私自身は体育も運動会も嫌いだった。
だだっ広いグラウンドを恨んでいたけど、でも、広い校庭は気持ちが良い。
雨の日にずーっと見ていたなぁ(陰キャラだな)
私は自校で体育祭ができない学校はパスしたいと思っている、わけがわからない基準がある。
この学校は斜めにしてやっとギリギリ100mのトラックが取れるかなーって感じの大きさ。
それになんとなく見上げた時の空が狭い。

何を見てもケチがついてしまった(笑)

次男本人も同じように感じたらしい。
それに「ここの学校の子とは仲良くなれない気がする」と辛辣な言葉も。

実は5年前に娘とこの学校の説明会に行った。
会場に入るなり「この子たちと一緒の学校はイヤ」と言い、帰りたがった。
とりあえず説明だけでも…と機嫌をとって説明を聞いて帰ったが、ずっと不機嫌だった(笑)

なんだろうねぇ、その感じ。
肌で感じるというのか、匂いがするというのか、本人にしか感じない感じ。
(そういう私もセーラー服が着られるというだけの魅力でしかなく、自分でもここは選ばないと思っている)

なんだか淡々と文化祭が行われている印象だった。

スポンサーリンク

C高校

私自身、ここは初めて行きます。

意外と好き。
何故なら、学校まで坂道じゃないから(笑)

そうじゃなくて。
学校の前に大きな公園があって、環境が良い。
空が広い。
校庭も広い。

受付で案内してくれたお嬢さんがとっても可愛かった。
(次男も気に入ったらしい)

ノリの悪い次男が、弓道部の体験をした。
理解度の低い、だんまり屋の息子に丁寧に説明してくれた先輩方が好印象だったなぁ。

ただ、受験案内コーナーは時間が決められていて、とてもそれまで待てなかったので、机の上に置いてあった学校案内資料をいただいて帰った。

チャラめな卒業生も多数いたけど、卒業生がぞろぞろとやってくるっていうのも、良い学校だと思う。
それに見た目ほどじゃなくて、門のところで挨拶したりしていて意外と感じが良かった。

この学校に行った時にはチェックポイントが「掃除」になっていたのでシビアに見たが、汚いという印象は受けなかった。

乗り換えが多いが、1時間以内で通えるので、候補に挙げる。
ただ、普通科ではないので、説明会できちんとお話を聞いてからだな…

D高校

ま、どうしてもと言うなら(←誰が言うのかわからんが)、仕方がないかな、というレベル。
何故なら、彼の学力ではここはキープしておきたいところだから。

これまでの3校と比べて、校舎が新しくて、校内が明るい印象。
受験生に対して一番熱心で、文化祭開会前に受験生対象の発表会がありました。

その発表会を見て、これは次男はダメだろうな…、この学校の校風とちょっと違うな…と感じた。

親としてはそのような学習を期待するべきであろうが、本人にとって苦痛なことはさせたくない。
学校側が見せたい理想とする学習内容と、親が期待する学習内容と、生徒本人がしたいと思う学習内容とは異なるわけで。

実際に私も自分ならこれはやりたくない…って思ったんだよね。
多分、私は高校生活に”遊び”(チャラチャラと遊ぶのではなくて、ゆとりという感じの遊び)の部分があるべきで、高校時代に勉強以外のことでなにか感じたり経験したりして欲しいと思っているからかもしれない。

すっごく理想的ではあるその学習内容だが、ここまでしなくても…と思ってしまった。
専門学科ということもあるのだろうけれど、理想を詰め込み過ぎちゃっている気がした。

文化祭自体は生徒が一番元気が良かった気がする。
開催が1日だけのせいもあるだろうけれど、保護者や他校生も多く来ていた。

掃除については、開会の後、女性が階段を掃いていた。
先生なのか、用務の方なのか、保護者なのか…。
生徒たちも素通りだった。

あと、次男は制服が好きじゃないと言っている。
私は坂の上にあるから、できればパスしたいと思った。

この学校を受験することがないように、努力するしかないと思わされた、と言っても過言ではないかも。

”高校の文化祭に行ってきて見えた学校の違い @高校受験生の母” すずめの感想

「文化祭に行くといいですね」というものの、長男の時は私立の1校、娘は都立の1校にしか行きませんでした。
長男はその高校を滑り止めにしましたが、都立に合格したので受験せず。
娘と行ったその高校は今回のD校。
第一志望になりそうだったので個人相談を受けたのですが、対応してくださった先生の感じがとてもよろしくなくて、がっかりして帰りました。
当然、受験していません。

特別きれい好きというではありませんが、息子と意見が合ったのがB高校。
来校者が多い文化祭の日に、あのようにゴミがあるのはいかがなものだろうか?

何がきっかけで志望校が決まるかわかりません。
結局上のふたりは感覚で選んだという感じ。
でも、その感覚も馬鹿になりません。

環境が子どもを育てると思います。
成績で輪切りにせず、多感な時期に有意義な3年間が送れることを願ってます。

いろんな機会を活用してみるといろんな部分が見えるので、良いと思います。

最近の参考書ってすごいわ

これ買ってみたけど、どうかな?

ボカロで覚える 中学歴史 (MUSIC STUDY PROJECT)
by カエレバ
ボカロで覚える 中学理科 (MUSIC STUDY PROJECT)
by カエレバ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうぞ、この記事が良かったらシェアしてくださいませ♡

どうぞ、すずめをフォローしてくださいませ♡