上野散策 旧岩崎邸庭園~下町風俗資料館~アメ横~2k540 AKI-OKA ARTISAN

爽やかな季節になりましたね。

先日、夫が旧岩崎邸庭園に行きたいと言うので、上野界隈を散策してきました。

私は中学1年まで台東区に住んでいて、上野は遊び場だったのよね。
自転車で走り回っていました。
でも、さすがに旧岩崎邸庭園には行ったことがないし、下町風俗資料館は当時なかったし。

大人になってからの散策は、子どもの行動範囲とは異なるし、目線も異なるので楽しい。
当然、上野界隈の変貌もすごくて、初めて行ったかのような発見や驚きもありましたよー。

スポンサーリンク

旧岩崎邸庭園

地元で遅めのお昼ご飯を食べてから向かいました。
御徒町から湯島方面に向かって歩いて行きましたよー。
なんとなく、地下鉄は好きじゃないので、地上の電車で行けるところは、なるべく地上で行きたい(笑)

御徒町駅から徒歩15分らしいけど、そんなに歩いた感じがしなかったなぁ。

20160430ueno1

入り口を入ると、東京とは思えない静けさ。

20160430ueno4

3分の1とは言え、広い敷地です。

20160430ueno3

入園料(大人400円)を払います。

20160430ueno5

この岩崎邸、三菱の3代目社長の岩崎久彌(有名な彌太郎さんの長男)の本堤として建てられたものだそう。
ここに明治29年(1896年)からそのまま建っているなんて。
震災からも戦火からも逃れて、その当時のまま残っているというのが感慨深い。

現在は当時の3分の1の敷地になってしまったそうで、建物も3棟だけが残っています。

洋館

サービスセンターで入園料をお支払いすると、目の前に洋館がジャーン。

20160430ueno8

この洋館は木造2階建てで、地下室もある。

20160430ueno10

実際に中に入ることができる。

20160430ueno39

鹿鳴館の建築家が設計したものだそうで、なるほど、そんな感じ!
(写真撮影は土日祝日は不可)

20160430ueno11

これ、ルネサンス様式やジャコビアン様式の装飾が施されているということだけど、そういうのはわかんない。
でも、イスラム調の壁紙が妙に気に入ったよ。
トルコで見るような、唐草様の模様が好きなんだよね。

当時のままの本棚、当時家族写真を撮影したテラスなど、当時を思わせる。
迎賓館として使われていたのだそう。

20160430ueno26

贅を尽くした建物と言える。

トイレが水洗だったことに感動した私。
ロイヤルドルトンの陶器だったのー!

20160430ueno28

和室

20160430ueno12

洋館を順路に沿って見学していくと、そのまま和室に行きます。

20160430ueno30

歴史の教科書に出てくる書院造。

20160430ueno27

当然ではあるけど、ガラッと雰囲気が変わって、一瞬「あれっ?」って思っちゃった。

20160430ueno35

和室の中には茶室があって、岩崎家が持っていた小岩井農場のチーズケーキが食べられたり、抹茶や抹茶のアフォガートなどの甘味がいただけます。
お土産も売っています。

20160430ueno31

ここは住まいになっていたそうです。
(現在は大広間だけが残っている)

20160430ueno32

撞球室(ビリヤード場)

20160430ueno22

ビリヤード場があるっていうのがすごいのに、その建物が山小屋風で立派なのに驚く。

20160430ueno21

さらに驚くことに、ちょっと離れた洋館から地下道でつながっていると言うではないか!
そこ、通ってみたい。

20160430ueno23

撞球室前にあるベンチ。

20160430ueno24

座ると芝庭が一望できる。

20160430ueno25

心地よい風が吹き抜けていき、ずっとここに座っていたい気分。
当時のお客様もここで風に当たっていたのかなぁ。

芝庭

洋館と和室を眺める広い芝庭。

20160430ueno17

この日は、午後のミニコンサート開かれました。

20160430ueno29

公演内容:テノール・ピアノ
出演者:伊藤 達人(いとうたつんど)テノール、松田 祐輔(まつだゆうすけ)ピアノ
演奏曲:からたちの花(山田 耕筰作曲)、オペラ「トゥーランドット」より、誰も寝てはならぬ(プッチーニ作曲)ほか

知っている曲もあって、とても良い時間を過ごせました。

20160430ueno14

芝庭には鳥がやってきて、土をついばんでいたよ。

20160430ueno13

面白い木。

20160430ueno19

上の方は普通の木みたいなんだけど、下で二つに分かれている。

20160430ueno18

和洋併置式という様式の庭。

20160430ueno15

スポンサーリンク

ここは江戸期は越後高田藩榊原氏、明治初期は舞鶴藩牧野氏といった大名の屋敷だったそうです。

⇒⇒ 旧岩崎邸庭園|公園へ行こう!

下町風俗資料館

旧岩崎邸庭園から不忍池に出ました。

20160430ueno42

もう桜は終わってしまったなぁ、と思ったら。

20160430ueno43

八重桜が咲いていましたよー。
ピンク色が濃くて、形が可愛くて好き。

不忍池のほとりにある下町風俗資料館へ行ってみました。

20160430ueno44

庶民の歴史である下町の大切な記憶を次の世代へ伝えるための資料館

20160430ueno45

下町は関東大震災や戦火によって江戸の面影がなくなり、さらに高度成長によって近代化してしまいました。
古き良き下町の文化を残すために設立された資料館です。

主に展示物は震災前後のものが多かったかな。
私の通っていた小学校は、在学中に100周年を迎えたために、学校や台東区の歴史についてしつこいほど勉強させられたんですよ。
なので、展示物のどれも興味深かったわ。

上野や浅草の賑わっている様子。

20160430ueno49

民家が並ぶ、路地の様子。

20160430ueno48

路地の突き当りにはお稲荷さんがあってね。
そうそう、私が住んでいたところにも、細い路地の奥にお稲荷さんがあったのー。
おみくじが引けるよ。

20160430ueno51

何が書いてあるか全くわからない!

20160430ueno52

ちゃんと現代語の解説のファイルがあるので、有り難い。

20160430ueno53

駄菓子屋さんもあったなぁ。

20160430ueno46

これほど古くはなかったけど、売っているものは懐かしいものばかりだよね。

お家の中にも入ることができます。

20160430ueno50

銭湯の展示に興奮した!

展示は主に私が住んでいた頃よりも古かったんだけど。

20160430ueno55

茶の間にある電気製品もいくら下町だとは言え、私の世代よりもちょっと古め。

20160430ueno57

台湾で今でも使われている電鍋と同じような東芝製の炊飯器。

20160430ueno56

だけどね感動しちゃったのー!
銭湯の展示。

うちにはお風呂がなかったので銭湯に通っていたんだ。
その銭湯の番台。
まさに、こんな感じだった!

20160430ueno54

と興奮してしまいました。
でもこれ、内風呂がある人にはわからない感動だろうなぁ

昔の玩具で遊べるコーナー

カフェ風のコーナーの中には自由に遊べるゲームがあって、皆さん座って興じていました。

20160430ueno58

20160430ueno59

また、こんなおもちゃで遊べますよ。

20160430ueno60

お手玉とか、母に作ってもらったなぁ。
遊び方はすっかり忘れちゃった。

⇒⇒ 下町風俗資料館

アメ横

アメ横を上野駅から御徒町駅に向かいます。

20160430ueno61

中通りとの分岐店あたりにはフルーツやさんがあって、カットフルーツを売っているんだよね。
パイナップルがね、美味しくて必ず食べていた。

この日も行列ができていたよ。
だけど、私はパイナップルアレルギーで…。

嫌な予感… 果物好きが果物アレルギーか?
まさかと思っていた。 私に限ってそんなことはないと思っていた。 って、みんなそう言うはずなんだけれど、本当にそうなんだね。 (...

メロンも売っているけど、ここはやっぱりカットパインなんだ。

夫は必ずウナギのかば焼きを買って帰ります。
私がいつも買っていたお肉屋さんはなくなっちゃったみたい。
安くて気に入っていたのになぁ。

⇒⇒ 上野アメ横公式ホームページ

2k540 AKI-OKA ARTISAN

20160430ueno62

アメ横を抜けてガードに沿って御徒町駅を過ぎ、さらに秋葉原に向かいます。
ガード下には 2k540 AKI-OKA ARTISAN が。
ここは夫も私も好きなところ。

昨年からチェックしていたRayzClosetの牛革極軽シンプルトートを買ってもらいました♪

柔らかい本革の軽いシンプルトートバッグを買ったよ 2k540 AKI-OKA ARTISANのRayzCloset牛革極軽シンプルトート
バッグ大好きすずめです。 >> バッグのお話はこちら オータムだと言われていたパーソナルカラーが最近サマーだと言われる...

そして秋葉原駅から電車で帰ります。

⇒⇒ 2k540 AKI-OKA ARTISAN|ジェイアール東日本都市開発

”上野散策 旧岩崎邸庭園~下町風俗資料館~アメ横~2k540 AKI-OKA ARTISAN” すずめの感想

20160430ueno9

ふたりとも歩くのが好きなので、あっち行ってみよう、こっち行ってみよう、と歩きまくり。
その行き当たりばったり感も楽しめちゃうんです。

でも上野に行くと最後は秋葉原まで歩いちゃう。
アメ横で食材を買って、2k540 AKI-OKA ARTISANで素敵な雑貨を買って。
私が住んでいたころとは全く違う様相になった秋葉原のカオスっぷりを見て。

秋葉原では夫の買い物に付き合い、私はブックカフェでお茶して待ちました。
ヨドバシカメラの7階にあります。
お買い物を待つのにピッタリ。
有隣堂の本を読んで過ごすことができます。

▼▼▼ 詳細はこちら ▼▼▼
⇒⇒ 旧岩崎邸庭園|公園へ行こう!
⇒⇒ 下町風俗資料館
⇒⇒ 上野アメ横公式ホームページ
⇒⇒ 2k540 AKI-OKA ARTISAN|ジェイアール東日本都市開発

スポンサーリンク
上野散策 旧岩崎邸庭園~下町風俗資料館~アメ横~2k540 AKI-OKA ARTISAN
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね