PTAの委員会について思う…

130502flower1
(色が可愛い庭のミヤコワスレ)

子育て、20年。
幼稚園に入ってからずっとPTA(名前が異なることもあるけれど)ってものに
関わってきているわけで。

委員になることは避けて通れない。
(いや、避けていける人もいるが…)

別に委員会活動が好きなわけじゃないのよ。
昔に比べて「やります!」って言う
スーパーママさんが減った感はあるけれど、
みんな出来ればやりたくないと思っているんじゃないかな…

でも、子どもたちのために
より良い学校生活を送れるように、
等々、と
ママたち(最近パパもいらっしゃる)は委員会活動をさせていただくわけで。

次男の通う小学校では
時代のせいか、いつの間にか、回数をカウントするようになり、
全員が必ず委員会活動に関わらなくてはいけなくなっている。

委員会もいくつかあって、
その仕事内容が得意な分野か、苦手な分野か?
主に行われるお仕事の期間は自分の都合に合っているか?
など、決めるポイントはいくつかあるよね。

結局私、2年連続で委員をやった(いや、まだ終わったわけではない?)。
くじ引きになったりして、不本意な委員にはなりたくなかったから
立候補したんだ。

昨年度の委員会。
コイツの最終の作業が4月の末。
それに今年度の委員さんへの引き継ぎがある。

そして今年度の委員は昨日行われた行事の実行委員。
準備は新年度が始まってから!

と言うことで、
引きこもり主婦だった私が、
超多忙な、怒涛の4月を送っていたわけです!!!

それだけに、燃え尽き感はハンパないですよ…

スポンサーリンク

でね、結構面倒だったり、辛かったり、
頭使ったり、体使ったり、気を使ったり、
って良いコトなさそうな感じだけどね、
一生懸命やると、それなりに良いコトがあるんだよ。

私が感じるのは、ココ。
それは結果論なんだけれど、

友だちができる

これに尽きます。

これまで出来なかった関係の友だちです。

○○ちゃんのママではなくて(ちょっとママ友とも違う)…
××さんと呼ばれても上下関係がなくて(会社とも違う)…

また、一人の人間として付き合える友だちが出来ると思います。

もちろん、背景には「子ども」という共通項があるのですが、
これが、子どもの年齢が違うので、すごーく良い関係になれたりするのね。
経験談を聞いたり、悩みを聞いてもらったり、
同級生ママとは違う、感じで付き合えるわけ。

私も今、定期的に会っている、委員会で一緒だったママたちがいるけれど、
話題が多岐にわたって、時間が足りなくなるくらい、
いつもいっぱいおしゃべりしている。
すごーく、リフレッシュできる、楽しい時を過ごしている。

グループとして付き合っていない人もたくさんいます。

誰が誰の関係で、いつの関係か、って忘れてしまって、
他の人の話をする時にとんちんかんなことを言っていたりするけれど、
そんな時に、他の人とその人が知りあいだったりして
またご縁が広がることもあるし。

どの人とも、本当に良いご縁だったと思って、
そういう意味では委員会活動に感謝しています。

今年度の委員会活動がひと段落した今、
また新しいご縁が続いていきそうな、素敵な予感がしています。
頑張って良かった~
そう思います。

(裏には色々ありましたがね… そこはあえて語らず)

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

スポンサーリンク
PTAの委員会について思う…
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね