【モートン病】手術して2年の診察を受ける

松葉杖

2013年の6月にモートン病の手術を受けました。
手術後2年の診察を受けましたよ。

スポンサーリンク

手術後2年の足の状態

現在の状態をお話しました。

手術前とは違っているか?

いつも先生はこの質問をされます。

確かに今でも痛いときがあるのですが、じゃあと言って、手術をしなかった方が良かったかというと、「手術して良かった」です。

手術前は歩くのが嫌でした。
歩いていなくても鈍く痛みが出ていたので、とにかく気分が良くない。

そう思えば、今は歩けるようになって、お出掛けや旅行がガンガンできる。
手術をせずに、靴や中敷きで対処していく方法もあったけど、この先ン十年を楽しく過ごすことができないのではないかと判断した。
それは間違っていなかったと思っているよ。

患部の部分は足裏が硬くて押すと痛い。
人差し指と中指には少し麻痺があり、触られている感覚がちょっと違う。
痛みにも違和感があるかな。

甲の部分の傷はきれいだが、押すと痛い。
多分、傷自体の痛みはなく、神経の痛みだと思う。

どんな時に痛みを感じるのか?

冷えたとき

特に冷房で冷えたときかな。
これは重たく痛い。
ただ、これは冷やさないように気を付ければ良い。
なるべく血行が良くなるように、お風呂に入った時に良くマッサージをしたりしている。

裸足で歩く

これもどうしようもない。
患部が硬くなっていて、過敏になっているので、裸足で歩くともろに衝撃を受けるんだよね。
特に、階段を降りるのが厳しい。

また、ごく普通のスリッパを履いて歩くのも苦手。
さらに脱げないように力を入れなくてはいけないのが、もう無理。
逆に足をつってしまいそうだ。

また、裸足でつま先に力を入れるのはかなり気を使ってバランスを見ながらやらなくてはいけないのが、ちょっと大変。
ヨガのポーズでも無理なものがある。

砂利などの上を歩く

もちろん靴を履いていても。
患部に出っ張りが当たると、当然痛い。

合わない靴を履いたとき

これはかなり堪える。
先日の萩・津和野旅行では雨に濡れても良い靴を履いて行ったところ、意外と歩いたためにすごく痛くなってしまった。

>> クラブツーリズムの国内旅行『世界遺産登録候補の街・萩と山陰の小京都・津和野2日間の旅』に行ってきました!

靴の選別をしたが、どうしても一軍、二軍ができる。

>> 【モートン病】足が痛くなる靴を処分したよ (モートン病手術後でも痛くない靴)

ご近所以外は一軍を履かなくてはいけない。
そして一軍の靴を見つけ出すのはかなり大変。

今では台湾のDr.KAOが絶対に大丈夫ってわかっているが、これも簡単に手に入らないのが残念なところ。
本革製なので履き心地は良いけど、雨には弱いのが玉にきず。

合っている靴を履いているときにはどんなに歩いてもモートン病の手術後としての痛みはない。
ちょっと痛いくらいの靴なら中敷きを履いてやり過ごす。
単純に足が疲れて痛くなるのはある。

飛行機に乗っているとき

これだけはどうしようもなくて…

2時間くらいのフライトは大丈夫。
ただ、台湾に行く3時間くらいになると痛い。
東南アジアへ行く6~7時間では、とっても嫌な痛みだ。
患部にぐぐーーーっと差し込む感じの重たい痛みがある。
多分、機内での冷えと言うより、気圧だと思う。
切除した神経が過敏になっている感じだ。

サンダル履きの時には夫の靴下を履くようにしている。
夫のスポーツ用のソックスだと、大きいので締め付けが少ないし、厚手なので冷えからも守ってくれる。

でも、フライト中はどうしようもない。
時々立ち歩いて気をそらすか、気休めにさするくらい。
ただ、着陸して歩き出したころには、その痛みはすっかりと忘れてしまう。

薬をやめることに

これまで1年以上飲んでいたのが神経障害性疼痛薬のリリカ。
名前は可愛いけど、まだ新しい薬で副作用もささやかれている薬。

スポンサーリンク

手術後にごく普通に処方される鎮痛剤を飲んでいたけど、痛みが軽減しなかったので、神経に効くリリカが処方された。

これね、ジェネリックもないし、お高い。

この半年のうち、最初の3か月はリリカを服用して、後の3か月は飲まずに過ごした。
リリカを飲んでいたから痛みがなかったとも、リリカを飲まなかったから痛みがあったとも、言い難い。
痛みは状況で起こっているように思うんだ。

もちろん、長い目で見たら、ほんの少しずつ痛みを感じることが少なくなってきているのかもしれない。
でも、このまま続けるのはどうだろうか?
となった。

そこで、痛いときに飲む頓服としてロキソニンが処方された。
これでちょっと安心。

再発はないのか?

実は手術前に確認されたのが再発。
かなり再発率が高く、それももろ手を上げて手術を勧めない理由なんだ。

私の場合、現在のこの痛みだと再発の心配はない。
2年経ってこれなら、大丈夫であろうとのこと。

再発の場合は1年も経たないうちに歩けないくらいの痛みが生じるとのこと。

今後はどうする?

痛みと付き合っていくしかないし、痛くないように気を付けていくしかない。
それでも、足が痛いからこれができない、足が痛いから出かけられない、ということがないので、楽しく過ごせると思う。

どうしても手術をした左足はつりやすい。
無意識に守ってしまっていて、きちんと運動をしていないんだろうな。

多分、足裏をきちんと使っていなくて、血行も悪くなっているのではないかと思う。
お風呂でマッサージしたり、ジムに通って無理なくストレッチしたりするようにしている。

出来たらねぇ
足裏マッサージが受けられるといいんだけど…
特に左足はたまっている感じだするんだ。
でも、押されたら痛いから、こればかりはね。
患部を避けてマッサージしてもらったことがあるけど、それはそれでかえって「ここもやってーっ!」って強く思うことになっちゃうから、受けないことにしているのよ。

次は1年後に診察です。

これは私の経験です。
モートン病が疑わしいときにはお医者さまに診てもらうようにしてくださいね。

>> モートン病のお話はこちら

手術の後も靴によっては中敷きにお世話になっています。

▼▼▼ 購入はこちらから ▼▼▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうぞ、この記事が良かったらシェアしてくださいませ♡

どうぞ、すずめをフォローしてくださいませ♡