ミャンマーって国をご存じ? ミャンマーが好きになるおすすめブログと『ミャンマー祭り2014』

このところアジアへの旅行が続いています、すずめです。
アジアは近くて、予算も懐に優しくて、何よりもご飯がおいしい。
次はどこに行こうかなぁって考えるだけでワクワクしますねー

スポンサーリンク

ミャンマーがお気に入り♪

行きやすいメジャーな国には順番に行っているのですが、我が家で浮上しているのがミャンマー。
秋にお友だちの今日子さんがFacebookで『ミャンマー祭り2014』について投稿していて、それを見て行ってみたんですね。

小規模なお祭りだったけどミャンマーの皆さんや、訪れている方々の”ミャンマー愛”が感じられました。
すっかり私も夫もお気に入り!

この夏もミャンマー旅行を検討したほど気に入っています♪

お友だちのブログ『みゃんろぐ』

教えて下った今日子さんはご主人様がミャンマーの方。
今日子さんご自身もミャンマーで生活したことがあるそうで。
滞在中のお話や、今のミャンマーのお話を伺うのがとっても楽しいの!

その楽しいお話をブログに書いてくれることになりました~
もうね、面白いの。
ご主人との馴れ初めとか。
「国際結婚ってこうやって始まるのねー ふむふむ」
とか
「こんな生活をしているんだー へぇ」
と、毎日楽しく読ませてもらっています。

ミャンマーってなかなか身近に感じられない国じゃないかなぁ
だから余計に、お話が面白いの。
もちろん、今日子さんご自身の人柄もあるんだけどね。

是非、おすすめ!
読んでみてください。

⇒⇒ みゃんろぐ〜 ミャンマー人と結婚した日本人妻のブログ

『ミャンマー祭り2014』に行ってきたよ!

ここから2014年10月20日のお話です。

秋晴れの日、『ミャンマー祭り2014』に行ってきました!

お友だちの今日子さんがFacebookで投稿していて。

この秋はデング熱のこともあって、アジアイベントに行っていなかったすずめ夫婦、出掛けて行きました~

会場は芝の増上寺

東京タワーのふもとの芝増上寺が会場。

芝公園から東京タワーを臨むと飛行船が。

20141020myanmar16.jpg

雲ひとつない青空、気持ちの良い秋晴れでした。

境内にはミャンマーの音楽が流れ、テントが並んでいます。

20141020myanmar4.jpg

ミャンマーの料理をいただく

このイベントの一番の目的と言っても過言ではないのが、食事。

ミャンマー料理(ビルマ料理)ってどんな風なんだろう…

ミャンマーの位置的になじみのあるタイや中国と接しているので同じような感じなのかなぁ

モヒンガー

食べている人を覗いてみると、どうも麺のようなので麺好きな私はチャレンジ。

おやーーーー?

うーむ、ちょっと癖があるスープだぞ…

20141020myanmar6.jpg

麺はにゅうめんみたいで美味しい。

モヒンガー (Mohinga) とは、ミャンマーで食べられている麺料理である。麺はコメを原料としており、スープはなまずなどの魚からとられている。ミャンマーの国民食的存在の食べ物として知られている[1]。ミャンマーの屋台において、一般的な食べ物の1つである。たいていの屋台において、朝から用意されていて、朝食としてもよく食べられている[1]。なお、インスタントの粉末スープも存在する。

Wikipediaより

そもそもあまり得意ではないこの川魚のだしに、発酵していない納豆のような大豆がちょっと苦手なのかもしれない。

ところが、夫には大好評。

「これ、好きだわ―」を連発してスープも完食。

一緒のテーブルで食べていた男性はお腹がいっぱいになってしまって色んな料理が食べられないからと、モヒンガーはスープだけもらっていました。

あぁ、そのくらいハマる味なのですね…

20141020myanmar20.jpg

スポンサーリンク

夫もミャンマー料理店に通ってしまうかもしれない。

苦手だと思ったけど、これも異文化を知るということで、良かった。

鶏肉入り油そば

これはねぇ、大好き!!!

夫とふたりで「美味しいねぇ」と言いながら食べた。

20141020myanmar9.jpg

まぁ、よくある汁なし麺だけどフライドガーリックの風味がとても強くて、食が進む。

麺が太くて、油も和えてあるのでパスタみたいな感覚だわ。

20141020myanmar8.jpg

私はこれを食べに来ても良いと思うくらい。

あとひと品…

どちらも少し小さめの容器で500円。

ふたりで分けあって、もうひと品食べられそうかなーって感じで。

じゃあ何にしようか…とさまよう。

でも悩んでいるうちに満足してしまったので、これで終了。

ミャンマーカレーはもっともよく食べられているだそうで、後で食べてくれば良かったと後悔。

店舗の数はあまり多くはないけれど、お客さんもほどほどで、たいして並ぶことなく買うことができた。

これまで行った代々木公園のアジアイベントではものすごい行列で、結局列が少ないところを食べることに。

それでは、食べ物を選ぶことができないわけ。

ほどほどの人出で過ごしやすかったわ。

雑貨店も出店

可愛い雑貨店や腰に巻いている布などを売っているお店が数店。

その中で夫がこちらのカードを購入。

20141020myanmar14.jpg

これはミャンマーの農家の風景。

もちろん、ミャンマーの方が竹や葉を使って作ったもの。

この代金は支援に使われるそう。

お茶や紅茶の試飲をしたり、スナックや漬物の試食をしたり。

ステージや写真展も

ステージではにぎやかなミャンマー音楽が流れ、踊りを踊る人たちが。

20141020myanmar12.jpg

また、写真展も開かれていました。

その中、私と夫はお気に入りの写真家さんを見つけました。

ミャンマーの美しい景色を堪能しましたよ。

20141020myanmar2.jpg

スタンプラリーをしたよ

会場内4か所のポイントでスタンプを押して回りました。

最後に抽選。

そこでこんな可愛いイラストのクリアファイルを頂きました。

20141020myanmar15.jpg

”『ミャンマー祭り2014』に行ってきたよ!” すずめの感想

「アジア最後の秘境」とも呼ばれていたミャンマー。

「あれ、どこだっけ?」って一瞬思って「そうそう、ビルマだった」って思い出すのは昭和の人ですねぇ

場所はインドシナ半島西部。

そうそう、タイとくっつきあっているようなイメージ。

北東に中華人民共和国、東にラオス、南東にタイ、西にバングラデシュ、北西にインドと接しているのね。

有名なカレン族もミャンマー。

このお祭りに行って勉強になったし、すごーく興味を持ちました!

いつか行ってみたいねぇ

このイベントは他のアジアイベントに比べたらずっと小規模だったけど、ゆっくりと見て食べて過ごせてちょうど良い感じでした。

人に疲れてしまうこともなく、食べたいものを食べることができるんですよね。

お店の人や係の人とコミュニケーションがとれる。

皆さんのミャンマー愛が感じられました。

20141020myanmar3.jpg

良い休日になりました。

⇒⇒ ミャンマー祭り2014


スポンサーリンク
ミャンマーって国をご存じ? ミャンマーが好きになるおすすめブログと『ミャンマー祭り2014』
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね