8月なのに『ほぼ日手帳2014spring』を買いました!

昨年もこの時期に買いました。
⇒⇒ 2014年のほぼ日手帳が発売されているけれど2013年版を購入した私

何故なら、1年分を半年間で使っているからです。
半分をメモスペースとして使うようになってから、とーっても快適になったのです。

スポンサーリンク

ほぼ日手帳は『記憶庫』!

以前ブログ「藍玉スタイル」でインタビューを受けましたが、今でもそのように使っています。
⇒⇒ 大好きなブログ『藍玉スタイル』で『手帳の使い方インタビュー』を受けました!

これで丸1年、半年使いをしてきたわけです。

飽きっぽくて続かないので、手帳も1年間きちんと続けることがなかったのですが、半年使いにしたらゴールが早いせいもあってか、きちんと使い終わることができました。
この達成感ったら! たまりません。

インタビューでも答えましたが、ほぼ日手帳は私にとっての『記憶庫』。
日付に沿ったところは予定や日記を記入して、日にちを特定する必要がない内容はメモスペースにガンガン書いていくんです。

このところは中国語レッスンを受けていないので中国語の記載が少ないのですが、その代わりにブログの下書きが増えましたねぇ
ブログ本文も書きますが、ネットで参考になることを調べたりした内容を書いておくことも多いです。

また、ふっと思いついたことを書いておかないと、次の瞬間に「あれ?何を考えていたんだっけ?」ってことになるので、とにかく書いておくようにしていました。

20140828hobonichi3.jpg

メモスペースの方が紙の端がボロボロになっているくらいです。

使い方のルール

今年度の後半部分は日にちに合った内容を書きます。
すでに終わってしまった前半部分はメモスペースにします。

20140828hobonichi1.jpg

マンスリーカレンダーには出掛ける予定を書いておきます。
そうすると予定を入れる時に一目で見られますからね。
予定が入っている日は斜線を引いておきます。
マンスリーカレンダーに書かないでいると、ダブルブッキングをしてしまうこともしばしば。
面倒でも転記しておきます。

後半の本来のメモページはその後の半年分の予定を書いておきます。
ほぼ日手帳はダブっている日にちがないので、次の手帳の日の予定が書けないものね。
また、携帯などの契約で手続きが必要な日だとか、手帳からはみ出している日にちの予定を書くわけです。

大事な内容や覚えておきたいことなどは「ほぼ日のメモセット」のメモ帳に記入しておいて、これをカバーに挟んでおきます。
そうすると本体が度々変わっても、いつでも見られるものね。

そろそろ後半用の1冊を買おうと思ったのが…

昨年は10月に買ったのですが、今年は少し早めに買っておこうと思い、先日池袋のLOFTへ行きました。

すると!

売っていない…
ルミネでランチした後、わざわざ東口の西武まで行き、わざわざ12階まで行ったというのにーっ!

さらにうちの近くのLOFTに電話をすると、品切れ。

かなり焦った!
そこでオンラインショップで購入することに。

すると!

「2014年のほぼ日手帳は8月19日で発売終了」
と言うではないかーっ

ギリギリ、本当にギリギリの16日に購入しました。
良かった♪

20140828hobonichi5.jpg

(渋谷LOFTにはあったのかもしれないけど、暑い中行きたくなかった…)

4月に1年分を用意しなくてはいけないと学びました

というわけで、4月のspring発売の時点で1年分、2冊を購入しておかないといけませんね。
学びました。
のんびり構えていたら、今年度後半は泣いていた…
他の手帳にして半年使いをしても良いけれど、やっぱり紙の感じとか、ペンの滑りとか、ほぼ日手帳に慣れてしまうと変えられないんだよね。

スポンサーリンク

良かった、買えて。

”8月なのに『ほぼ日手帳2014spring』を買いました!” すずめの感想

20140828hobonichi4.jpg

9月になったら2冊持ちになるかなぁ
もちろん、過去の手帳も手元に置いておいて、時々見返したりするんです。
結構、良いことが書いてあったりして、半年分のメモスペースを読みなおしてみたりするの。

カバーもT子ちゃんにお願い中。
⇒⇒ ほぼ日手帳のカバーを作ってもらってすごく快適♪

ウキウキ♡
楽しみです!

>> ほぼ日手帳の記事はこちら

⇒⇒ 楽天市場でほぼ日手帳カバーを探す

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうぞ、この記事が良かったらシェアしてくださいませ♡

どうぞ、すずめをフォローしてくださいませ♡