中学に入学した次男がスマホを持つことになった話 (実はゲーム機でネットし放題だった!)

中学に入学した次男。
公立中学だし、特別に習い事や塾に通うわけでもないし、携帯は不要だと思っていた。
本人もさほど欲しがっている様子でもなかった。

我が家の決まりとして、娘の時には”高校受験に合格したら”という条件だった。
娘は一刻でも早く携帯を持ちたくて推薦入試で合格を射止めたのね。
でも、それからさらに2年、子どもたちの携帯事情も変わっていていて、そうも言っていられない状況だというのは、ひしひしと感じていたのよ。

携帯がなくてもゲーム機で友だちとコミュニケーションはとれていた

親は知らない。
ちょっとしたことから繋がっているのが分かったんだけど。

ごくごく普通にゲーム機として使っていると思っていたDSが、ダイレクトではないものの、友だちとコミュニケーションがとれていたらしく。
友だちが「何時何分にどこに行こう」という日記を書いて、それを見て自分の日記に「おれも行く」と書くわけよ。
それで集合したり、友だちの様子を知ることが出来たわけ。
この方法は小学校6年の夏からちらほら私もわかっていた。
知らぬ間に公園で水鉄砲大会を開くことになり、10人以上の友だちに声掛けがされていたのだ。

そして、PS Vitaだ。
知らなかったのよ。
普通にインターネットが出来るということを。
Wiiで任天堂に登録をするのに作ったYahooのメールアドレスで友だちとメールをしていたわけよ。
そして、自由にネットの閲覧をしていたわけよ。

もうね、避けることはできないっていうわけだわ。

パズドラが流行って、私が使っているスマホを使われては困るので機種変更して使っていない古いスマホを与えた。
そうしたら、朝から晩までパズドラをして、ついでに攻略サイトや他のことをネットで検索して見るようになった。

かえってネット利用が野放しになってしまっているのではないか?

何となくそう思い始めた。
まだことの善し悪しが十分に判断できない子どもだ。
魅力に負けて、いけない情報を入手してしまう可能性は大きい。
誘惑に負けて、見てはいけないものを見る可能性も大きい。
誘導に負けて、押してはいけないところをポチってしまう可能性も大きい。

親のパソコンを親の横で使用するような次元ではないのだ。
手元で全世界、浅いところから深く暗い世界まで知ることが出来てしまう。

中学入学後なんとなく欲しいことを匂わせてきた

私立中学に行った子とLINEでやり取りしている子からの情報を耳にしたりした。

●●君はどこそこのスマホ。
●●君はiPhoneの何色。
と聞かされるようになった。

街に行くと携帯ショップを覗き「この色が欲しいんだな~」としげしげとモックをさすっていたり、ケースを物色していた。

で「ほしいの?」と聞くと遠慮なのかあきらめなのか「別に、いらない」と答える。
(実はまたこれがしおらしくて親にとっては弱いところなのだ)

私も夫も、兄も姉も時間があるとスマホをいじっているわけで。
そこで、欲しくてもスマホが無いと言うのはそろそろ辛いものがあるだろう。
それでもDSやPS Vitaでやり過ごしていたのね。

ある日の会話。
「○○君とさ、どうして●●君ちはスマホを買ってもらえるんだろう、って話しながら帰ってきたんだ」
と。
●●君はパズドラもとても強く、すでにTwitterもやっていて、みんなに一目置かれている羨ましい存在。
ママを知っているので、ママの考え方とかは聞いているが、お金にはゆとりがあるっぽいんだよねー。
実際のところは勉強をしなかったりすると取り上げているらしいが、そんなことは子どもたちは知るわけもなく。

父親に訴えない息子

私はそんなことを次男が言ってるということを夫に話してた。
あまり賛成ではなさそうな雰囲気。
それに本人からどうしても欲しいと言う訴えがないのだ。

そう、父親には直接訴えないのだ。
どれだけ欲しいのか、それを訴えなくてはどうしようもない。
やはり遠慮とあきらめがあるのだろう。

チラッと入浴時に話しても、父親にかわされてしまったらしいし。
そこを強く推すほど本人もどうしても欲しいと言う理由が無いわけで。
だからと言って良くある「みんな持ってる」が通用するわけではないことも次男本人は十分に知っているのだ。

買うなら”学割でauで契約すること”。
そのように夫には話していた。
学生なのに学割で契約しないのはもったいない。
それは春しかチャンスが無いので、秋頃に「欲しい、欲しい!」と言われて契約することになったら大損でしょ、と。
夫と私はauなので、通話が無料になるが有り難い。
(長男はソフトバンク、娘はdocomo、でも緊急に連絡を取る頻度は明らかに少ないからここは考慮せず)
さらに、我が家はスマートバリューに申し込めるのでauが断然お得になるわけで。
(docomoはすでに私が学割を使ってしまっている)

中途半端な時期に欲しがられるならこのタイミングで与えても良いのではないかと。
そう、野放しのネット環境をきちんと取り締まれるチャンスにもなると思ったわけ。

何度かスルーされていた次男がある日、意を決して父親のところに行った。

「明日見に行ってくる」
と、戻ってきて言った。
これは決定だろう。

我が家の決まりを守ることを条件に購入が決定

もちろん無条件ではない。
兄や姉にはなかった約束をすることになった。

夫がネットで話題になっている「スマホ18の約束」をもとに我が家の決まりを作成した。
初めてiPhoneを持つ13歳の息子へ~「スマホ18の約束」が話題!|マイナビニュースなど、検索をすると多く見かける。
やはり親としては全世界共通の悩みどころであるのだろう。

出来上がったものを私が読み、少し補足をして出来上がった。
学校で担任から“使用は9時(就寝の1時間前)まで”“食事の時間帯にはメール等をしない”と言われたのも含めて。

紙に印刷をして次男と一緒に読み、そして約束をさせた。
私にも誓った。
その紙はいつも勉強机の前に置かれている。

今の次男にとってはスマホを持てるのなら、この我が家の23この約束を守れるわけだ。
本当はそのくらい欲しかったのだ。

スマホを持って一番してみたかったこと

それは電車の中でスマホを見ることらしい。
確かにあこがれの姿なのかもしれない。
先日でかけた時に電車に乗ったら、私に持たせていたスマホを欲しがり、渡すと電源を入れてホーム画面を見て、ニヤッっと笑ってまた私に返してきた。
「これがしてみたかったんだ~」
と満足げ。
電車でスマホを手にしてみたかったらしい。
可愛いものね。

06iphone2
画面は今大好きなミニオンの画像。

今のところきちんと約束を守っています。
中学生らしく節度ある使い方をすればその約束は十分に守れるものです。
本人もさほど苦にしていない様子。

我が家の23の約束はまたの記事で。

中学に入学した次男がスマホを持つことになった すずめの感想

我が家では兄も姉もネットで痛い目に遭っています。
それで本人も学んだだろうし、親も学ばせて頂きました。
その経験のふまえて約束を作りました。

まさかゲーム機で簡単にネットが出来ているなんて思いもしなかったので、この機会に怖いネットの世界から守ることが出来るのなら、スマホを持たせるのことは早くはなかったのではないかと思っています。

このような本が出ています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
中学に入学した次男がスマホを持つことになった話 (実はゲーム機でネットし放題だった!)
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね