『色のパワーで生き生き子育て』セミナーを受けたよ

色にもパワーがあるって知っていましたか?
例えばピンク色は優しい気持ちになるし、青色は涼しく感じるし、白色は清潔な感じがするでしょ。
色には心や体への積極的効果があるんですって。
それがカラーセラピー。

カラーセラピーについてのセミナーを受けました!

小学校のPTA主催の『色のパワーで生き生き子育て』というセミナーを受けました。
講師は岩田まゆか先生
先生はピンクや紫の優しい女性らしいお洋服を着ていました。

このカラーセラピーというのは海外では心の病の治療にも使われているそうです。
カラーボトルやぬり絵やはり絵などをして、
その色を何故選んだのか?
その色のイメージはどんなふうなのか? 
ということから今その人に必要な色を処方するというセラピー。
これを、子育てに活かそうというもの。
とっても気になるでしょ?

子どもにどのような色を身につけさせれば良いのか?

子育てにどのような色を活用すれば良いのかを年齢別に教えていただきました。

小学生女子は成長を促す、女らしさをや優しい気持ち、美しくエレガントにさせる色が良いそう。
また、小学5、6年になると色のイメージも背伸びした感じになるそうです。

小学生男子は比較的口下手なので言葉の発達を促したり、病気やけがを防ぐような色が良いそう。
少し大きくなったら知性や論理的になれる色やプレッシャーに耐えて自信を付けるような色が良いとのこと。

中高生は心身の変化、社会・大人への反発、自分の体の成長など、モヤモヤした心があるので、それらに対する気持ちを象徴するような色を好むようです。

先生から色の例を挙げられると納得するのよ。

わが家では小学6年の次男は黒を好むので、なにか心の中に闇の部分があるのか心配してしまいましたが、それもカッコよさを表す色なのですね。
また、高校生の娘は高校入ってからの洋服の好みがモノトーンになったのです。
それもどうなのかなぁと思っていたのですが、それらの色にもきちんと効果があるのです。

個人的には若い子はモノトーンを着ても顔映りが良いので、羨ましいですね。
年を取ってくると本当は鮮やかな色を身につけないといけないと思います…
(先生のお洋服はとても参考になりますよね!)

こんな時にはこんな色の効果を活用しよう

これは耳をダンボにして、みんなでメモメモしてしまいました!

たとば速く走ることができる色。
だいたいねぇ、色でそんなことがあるの?って思うけれどあるんだね。
体を軽く感じさせる色、気持ちを引き立てる色があるんですって。
それをどこに見につけたら良いのかも教えていただきました。

気になる頭の回転をよくする色。
脳を活性化する色、リラックスさせて呼吸を深くする色など、状況に応じて選ぶと良いようです。

そして勉強に集中できる色。
私と娘は知らず知らずのうちに好きな色のペンで勉強していたのですが、それも効果があるようです。
気に入った色でメモを取ると長時間覚えられるそう。
色としては右脳と左脳をバランスよく働かせる色があります。
ではその色の部屋にいれば良いかというと、やり過ぎで、視界に入る程度で良いとのこと。
そんな少しでも影響を与えてくれるんですね。

色で子どもの心を読み解く

子どもが好んでその色の服ばかり着るようだったら要注意。
心と体が発している行為だと判断した方が良いそうです。
特に要注意な色について、どのような心の状態なのかを教えてもらいました。

母が使いたい色も教えてもらいました!

ふふふ、これも重要ね。
いくつかの色を教えてもらいましたが、後で思うとそういう時にそのような色を無意識のうちに選んでいたように思えるものも。
怒りやイライラのガスを抜く色。
心穏やかに安定させる色。
怒りや不安をすっきりさせて軽い気持ちにする色。
不安を取り除く色。
迷いをはっきりさせる色。

多分ね、その時に自分が気持ち良いと思える色を身につけると良いのだと思うわ。

実践もしてみました!

赤い布と青い布の色の温度

色には温度があるんだそう。
確かに赤の方が温かく感じる。
それは”感じ”なだけではなくて本当なのだ。
それを確認するために目をつむって両方の布を触って、どちらが赤い布かを当ててみることをしました。

あはは~
私は邪念だらけなのだろう、外れてしまいました!
大勢の中で行ったので感覚が鋭くならなかったのだと思います。
結構外れた方が多かったです。
きっと落ち着いた状況だったらわかったと思います。
実際はそのくらい温度の差があるのだそう。

赤い下着が良いと言われるのはそのあたりだと思います。
わが家が通っていた接骨院にいた、肺を取ってしまいヒーヒー言って今にも死にそうなおじいさん先生は「必ず肌につくところに赤い物を身につけなさい」と言っていました。
もちろん、ご自身も身に着けていたそう。

ボトルセレクト

音をシャットアウトしてリラックスして、直感で10秒以内に色のボトルを選びます。
ボトルの色は8色。
それも左手で選びます。
何故なら左手は右脳につながっているから。

選んだ色は今、心と体に必要な色なのだそうです。

選んだ色についてプラスの面とマイナスの面を教えていただきました。
これは楽しかった~

私の選んだ色は今の私にピッタリでしたよ!
あーっ、やっぱりそうか、と悪い意味ではなくて気持ち良く感じましたね。
参加者の中には思いがけない結果だった方もいたようで苦笑いも出ていました。

カラーセラピーについてもっと知りたい!

心や体の健康に役立ったり、生きることに迷ったときに力になる
セミナーを目指していらっしゃる岩田まゆか先生。
とーってもステキな先生。
穏やかな口調だけでもこちらが癒される感じです。

先生はこのように団体向けにセミナー、講演、パーソナルカラー診断などを行っています。
2月13日(木)に銀座おとな塾にて『肩こりでお悩みの方・ストレスが溜まっている方大集合~色のパワーで健康増進』というセミナーが開かれます!
なんと魅力的な♪

対 象
 ・肩こり・ストレスでお悩みの方
 ・心と体のアンチエイジングに色を活用したい方
 ・健康に関心がある方
内 容 
 肩が凝る・ストレスが溜まるなど、体や心のちょっとした不調は仕方ないと諦めていませんか?
色の効果は皆様の想像以上に大きいものです。私たちは色を見ると気分だけでなく、血圧やホルモン
分泌など体調も変化するのです。
 アメリカでは西洋医学の分野でも実際に色が使われています。
 洋服・メイク・パジャマなど毎日の色選びを少し意識するだけの簡単な方法です。老化予防のための色選びの極意・ガンとも関係があるといわれる日光のパワーについても、論理的にお話します。
 あなたも色を使ってヘルシーライフをスタートさせませんか?

スポンサーリンク

(岩田まゆか先生のブログRainbowFlowers Infomationより)

「はーい! ヘルシーライフをスタートさせまぁーす!」
と言っちゃうわ~
だって、色にそんな効果があるなんて、すごいじゃないの。

がっ!
残念なことに小学校で委員会があって行けません…
次のセミナーを楽しみにしています。

もちろん、個人向けのカラー診断もあります!

セミナーを受けてみての感想

色ってね、やみくもに選んではいけないと思ったけれど、反面無意識のうちに必要な色を選んでいるんだなぁと思いました。
私って多分単純なんだと思うんだけど、色のブームがあるんだよね。
一時はオレンジに凝って、持ち物とかオレンジを好んだりして。
小物は意識してピンク色で揃えていたりする。
今は紫かもしれない。
これまで敬遠していた紫色を好むようになってきたの。
ワンピースやタイツ、バッグなどなど。
多分ね、その時の心や体の状態を表しているのか、欲しているのだろう。
感覚で自分の好きな色、気持ちの良い色を身につけようと思いました。

もっと早くにこのような色の効果を知って、子育てに役立てたかったなぁと思いましたね。
思春期頃の子どもにもう少し良い形でアプローチできたのではないかと。
これからでも遅くはないので、きちんと覚えておいて何かがあったら色のパワーにお世話になろうと思います。

とても良いセミナーを受けることができて良かったです!

岩田まゆか先生のHP
⇒⇒ 心と体を色でチャージ|RainbowFlowers
岩田まゆか先生のブログ
⇒⇒ RainbowFlowers Infomation
先生はこちらのアドバイザーです。
⇒⇒ 色育(いろいく)|日本色育推進会

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうぞ、この記事が良かったらシェアしてくださいませ♡

どうぞ、すずめをフォローしてくださいませ♡