毎日30分の「抜く」作業で片付く!ごんおばちゃまの『すっきり!幸せ簡単片付け術』

パート勤めを辞めて、どんな毎日を送ろうかな~と思っている時に出会ったブログ。
まずは片付けないといけないなぁと思って、お片付けブログを読み漁っていた。

スポンサーリンク

片付けブログランキング1位の大人気ブログに出会った!

それがこのブログ。
ごんおばちゃまの暮らし方 モノがないのに幸せです

衝撃的でした。
ごんおばちゃまのお片付け術。
頭から「片付けろ!」とは言わないですよ。

毎日30分間「抜く」

それだけ。

そうなの、一気にやると
上っ面だけ片付いただけだからリバウンド?があったり、
時間切れで中途ハンバなまま終わってしまったり、
山のように出たごみ袋が始末できないままでいたり、
新しい収納用品が必要になってしまったり、
結局スッキリ終わらなかったりしていたんです。

モノを収めるには、モノを減らさなくちゃいけない。
ごんおばちゃまの片付け術は「モノを減らす」に着目しているんだと思います。
毎日30分間
片づけをしてはいけないんです!
要らないものを抜き取るだけなんです。

でもね、そうやっているとおのずとスペースが出来て、
気付くと片付ける場所が出来るっていうわけ。

これは目から鱗だったよ~

ごんおばちゃまは毎日、「今日はこの場所」って決めて「抜き」ます。
30分たったら終了。
この潔さが気持ちいい!
それなら毎日できるよね。

この片付け術の本が出版されたのでもちろん購入

当時この本に書かれているように毎日30分の「抜く」を行って、
きれいな暮らしをみんなで目指しましょう!とブログでやっていたんですね。
皆さん実践されて、18日間できれいな暮らしに!!!
私も本も参考にしてやっていましたが、
いつもは目をつぶってしまう玄関がきれいになったり、
洗面所が片付いたりしました♪

モノが捨てられない私にはとても効果的でした。
一気にやると全てのものに判断を迫られていて、結構苦痛になっちゃう。
思い出なんかも甦ってきたりしてね。
でも、この「抜く」は目に見えていて、
「あっ、これいらないな」って思ったものだけをその場所から抜いていけば良いので、
モノ大好きな私には、結構良い方法でした。

日常生活を送っていると、その時は取っておいたモノでも
今となってはゴミなのに、
その場所に置いてあるっていうモノ、あるんだよね。
それを見て見ぬふりしちゃう。
→ だから汚部屋に…
「捨てる」「処分する」という言葉は何となく罪悪感?があるように思えるけれど
その場所から「抜く」って言うと、ちょっと移動させよ~っていう感覚で気楽。
この感じがモノに固執してしまう、私にはちょうど良いのかもしれなかったわ。

気がつくと抜いたその場所がすっきりしてきたり、
収納場所が新たにできたり、
それで「片付く」んだよね。
これ、精神的に重くなく、実践できるんだよ。

大事なのは「抜く」前と後に写真を撮ること。
変化がみられて達成感があるんです。
一気にお片付けしなくても、ちゃんとやった感が得られる。
そして、明日もガンバローって思えるんだよね。

スポンサーリンク

ごんおばちゃまの暮らし方を見習いたい…

大人気ブログの記事の中から必要なお片付けの手順を探し出すのは大変。
この本は1日目からどのように実践していけば良いのか、丁寧に書かれています。

この本を読んで以来、片付けの基本は「抜く」ことだといつも頭の片隅に思っています。
そして、ごんおばちゃま式トイレ掃除は今でも実践しています。

ごんおばちゃまのシンプルな暮らし方についても書かれています。
私はクロゼットの中の写真に目を奪われました!
白のチュニックワンピース(だと思う)がきれいに掛けられているんです。
ご自分で作られるそう。
そんなファッションセンスも見習いたいです。

また、無垢の木をふんだんに使ったおうちが素敵です。

シンプルで「モノがないのに幸せです」と言える生活をしたい♪

女性としても魅力的で、尊敬したい方です。

心癒されるお話がいっぱいのブログを読むと、心穏やかになってきます。
本もそんなごんおばちゃまのお人柄がうかがえ、
まったりとエッセイを読んでいるような感じです。
いつも手元に置いておきたい本です。

これまでのお掃除本がどうしても合わなかった、私のような方は一度読んでみると良いと思いますよ。

トイレ掃除にはこちらを購入して、使っています!
Amazonベストセラー1位です。


スポンサーリンク
毎日30分の「抜く」作業で片付く!ごんおばちゃまの『すっきり!幸せ簡単片付け術』
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね